2017年に読まれた記事トップ10

広告

2017年に読まれた記事トップ10

2017年に書いた記事を数えてみたら172でした。

およそ2日に1回書いたことになります。

 

セミナーやりながら、コンサルやりながら、実践講座の講師やりながら、

しかも「書きたいときにしか書かない(副腎疲労悪化させない)」というポリシーなので意外に多くて我ながらびっくりです。

2018年もマイペースでアウトプットしていきたいと思います。

2017年にアップした記事の中からアクセス数ランキングを出してみました。

使用したツールはGoogle Analyticsのカスタムレポートです。

広告

 

第10位 消化酵素の飲み方について・まとめ

【消化酵素の飲み方について】まとめ
消化酵素の飲み方について リーキーガット治療には欠かせない消化酵素、飲み方についてよく質問されるのでまとめます。 1, 消化サポートのため食事の直前に飲む もっとも基本的な使い…

今や私の生活には欠かせない消化酵素。夫も背中の蕁麻疹が治ってだいぶツルツルになってきました。

 

第9位 富士山唇と顎梅干しの問題点

富士山唇と顎梅干しの問題点【見た目で分かる栄養状態】
赤ちゃんのような富士山唇が意味することご相談を受ける時に、必ず観察するポイントがあります。もし、上唇がペラペラで富士山のようなめくれた唇だと、高確率で胃腸の状態がよくありません。本人には自覚がなくても、胃腸粘膜の慢性炎症を疑います。 理由は3つあります。富士山唇は、口輪筋が未発達であり、普段から口呼吸であることを示唆します。生後間もない赤ちゃんは、口の周りの筋肉が未発達なので富士山唇です。離

口元の見た目がもたらす情報は重要です。見た目とその方の血液データ、症状は見事にリンクします。

これは私が分子栄養学を勉強するなかで最も新鮮な驚きをもって学んだことでした。

優れたドクターはこういったところを診てるんだなと。

今後はもっと深い部分を文章化することにもチャレンジしてみたいです。

 

第8位 VRで空を飛ぶ「イカロス」を銀座シックスで体験してきた

VRで空を飛ぶ エクササイズ「イカロス」を銀座シックスで体験してきた
VRエクササイズマシーン「イカロス」体験記©icaros「イカロス」ってご存知でしょうか?VR(バーチャルリアリティ)を使ったエクササイズマシーンです。これ↓https://youtu.be/Rpg8ib6diKcバランス能力、反射神経、体幹の筋肉、集中力が鍛えられるVRエクササイズマシーンです。ぼんやりFacebookを眺めていたら、体験キャンペーンの文字が飛び込んできて速攻申し込みました。 

銀座シックスのオープンに助けられた記事ですね。

アップした時点ではほとんどアクセスなかったのに、後日にゅるにゅるPVが伸びて第8位にランクインしました。

 

第7位 ケトン体ダイエットと有酸素運動は相性が悪いのでご注意を

【糖質制限】ケトン体ダイエットと有酸素運動は相性が悪いのでご注意を
ケトン体ダイエットは有酸素運動と相性が悪いスポーツする場合に、糖質制限は良いのか悪いのか?という疑問がありました。この疑問について「有酸素運動とケトン体ダイエットは相性が悪い」という、オーストラリア国立スポーツ研究所の最近(2017年2月)の発表が、ものすごく分かりやすい内容だったのでご紹介します。Low carbohydrate, high fat diet impairs exercise economy and negates the per

30分くらいでサクッと書いたのですが、アップした直後の瞬間最大風速がものすごくてびっくりした記事です。

バズった原因はタイトルでしょうね。

「ダイエット」という大定番のビッグワード、「ケトン体」という流行語が入ったせいだと思います。

 

第6位 「午後の眠気・ソファーで寝落ち」が意味するもの

「午後の眠気・ソファーで寝落ち」が意味するもの【低血糖症・副腎疲労】
「ランチ後の眠気」が意味するもの「食後の眠気」「寝落ち」は典型的な低血糖症の症状です。これは経験談ですが、私が低血糖症の症状が強い時、ランチ後の眠気がとにかく強かった。職場のソファーで仮眠を取るのを習慣にしていました。時には午前10時ぐらいに眠くなることもありました。これは副腎疲労末期の症状。低血糖症は人より余分にコルチゾール使ってますから、副腎疲労とセットになります。睡眠不足とか、仕事がつまらないとか、個別の事情には関係な

ランチ後の眠気や寝落ちってけっこうやばい症状です。

分子栄養学・栄養療法をやってる人には当たり前のハナシなのですが、知らない方には新鮮な驚きがあったようです。

 

第5位 ガンに人参ジュースは逆効果という事実

ガンに人参ジュースは逆効果という事実
ガンに人参ジュースは逆効果という事実なぜか、ガン予防と称し、もしくはガンと診断された方が、人参ジュースを飲んでいるのをよく見受けます。でも、人参ジュースガンに良い(ガン抑制に効果がある)というとかなり疑問。「ガンに人参ジュース」、この図式は、おそらくゲルソン療法の影響でしょう。ゲルソン療法とは、ドイツのゲルソン博士が、(日本の戦前くらいに)確率した治療法で、大量の野菜からカリウムを摂取することでガンなど難治性の病気を治したとされる治療法です

これも知ったときは自分自身が驚きました。

ビタミンA以外の栄養素もすべてそうですが、体内でどう代謝されるのか?そこが重要です。
 

第4位 疲れやすい人・糖新生出来ない人・低血糖症の特徴

【乳酸脱水素酵素・LDHが低い場合】疲れやすい人・糖新生が出来ない人・低血糖症の特徴
糖新生とは?糖質制限ブームですっかり悪者扱いされている感のある「ぶどう糖」ですが、身体にとっては大切なエネルギー源であり、なくなってしまうと人間は生きていくことはできません。血糖値が50を切ると、中枢神経がエネルギー不足で意識が朦朧とし、30以下で昏睡状態です。もし、糖が供給されなければ、血糖値が下がり続けるかというとそういうわけではありません。我々の身体には食事から糖を得る以外に、身体の中で糖を作る仕組みがあります。それが「糖新生」です。

これも分子栄養学の基本のキ。

むやみに糖質制限して失敗する人はここでこけてるパターン多し。糖質セミナーではいつもお話してることです。

 

3位 副腎疲労・甲状腺機能低下症でコーヒーを禁忌にする理由

副腎疲労・甲状腺機能低下症でコーヒーを禁忌にする理由【カフェインの副作用】
視床下部、下垂体、副腎のHPA系について視床下部、下垂体、副腎、この3つのことを英語の頭文字(hypothalamic, pituitary, adrenal)をとって「HPA系」と言います。ストレスを感じると、それを脳の視床下部がキャッチ、下垂体に指令を出し、その指令を受け取って副腎がコルチゾール(ストレスホルモン)を発動します。これがストレス応答です。HPA系はストレスに対応するための、人間の非常用システムで常に連携をとっています。

この記事のおかげでたくさんの知人が脱カフェイン党員になりました。

体調悪い人みんなコーヒー中毒です。もうホンットに!うんざりするくらい!

私のカウンセリング受ける場合は「まずコーヒー断ちしてからにしてください」と注意事項入れようかしら。

 

2位 カンジダ感染と甲状腺ホルモンの関係

カンジダ感染と甲状腺ホルモンの関係
カンジダ感染と甲状腺機能低下症の関係カンジダ感染と甲状腺機能低下症の関係について調べたことをメモ以前佐藤先生のブログで知った、カンジダ菌が発生させるアセトアルデヒドによって甲状腺機能低下症の症状が出ることがあるという件。情報のソースをずっと探していたけど、「The Magnesium Miracle(マグネシウムの奇跡)」という本に以下のくだりを見つけた。acetaldehyde blocks hormones receptor

こんなマニアックな記事が2位とは驚きでしたが、カンジダの重要性が認知されるようになってうれしいです。

バズらないけど検索流入がずっと続いてます。それだけクオリティの良い情報が日本には少ないということでしょうね。

 

1位 2017年上半期 使用中のサプリメント まとめ

2017年上半期【使用中のサプリメント・まとめ】
現在使用中のサプリメントリストたいへん多いリクエストが、「使ってるサプリメントの一覧を作ってください」これ、たびたび言われ続けてきました。しかし、ずっと書いていませんでした。当たり前ですが、私が使っているものが、別の人にとってベストではありません。分子栄養学認定カウンセラーになって、たくさんの人の血液データをみていますと、必要栄養素には圧倒的な個人差があることを痛感します。ウィークポイントも人それぞれ、ガタが出る部分

2017年の夏にブログ・ウェブサイトのコンサルタントであるものくろ師匠★にサポートを依頼してサイトのSSL化を行いました。

その際、師匠に「まとめ記事を書きなさい」とお尻を叩かれて書いた記事。

やっぱりみなさん「まとめ記事」を求めてるんですねぇ。

ブログの達人に言われた通りにやったら、その通りに結果が出たというオチ。

 

これは2017年前半までに私が使ってたサプリメントですが、今はけっこう入れ替えしてます。

今後はもっと違う角度(テーマ別)にまとめ記事を作って情報が探しやすいサイトにしていこうと思います。

 

以上、2017年に書いた記事トップ10でした。

 

現在募集中のセミナー情報


参加者の声はこちら★とか、こちら★からご覧ください。

ご参加お待ちしております。

7月27日(金) 東京開催!【募集中!】 実践版!腸内環境ケアのテクニックセミナー

7月31日(火) 東京開催!【募集中!】 大好評!分子栄養学入門講座 「糖質とたんぱく質 総集編!」

8月1日(水) 京都開催!【早割7月18日まで】 女性限定!「いいオンナとエクスタシーのつくり方セミナー」

8月11日(土) 東京開催!【募集中!】 今回は男性も歓迎!まごめ先生の「オトコとオンナの夜の分子栄養学」実践版!腸内環境ケアのテクニックセミナー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA