【乳酸脱水素酵素・LDHが低い場合】疲れやすい人・糖新生が出来ない人・低血糖症の特徴

広告

糖新生とは?

糖質制限ブームですっかり悪者扱いされている感のある「ぶどう糖」ですが、身体にとっては大切なエネルギー源であり、なくなってしまうと人間は生きていくことはできません。

血糖値が50を切ると、中枢神経がエネルギー不足で意識が朦朧とし、30以下で昏睡状態です。

もし、糖が供給されなければ、血糖値が下がり続けるかというとそういうわけではありません。

我々の身体には食事から糖を得る以外に、身体の中で糖を作る仕組みがあります。

それが「糖新生」です。

就寝中や絶食初期の段階では、糖新生によって細胞のエネルギー源を確保しています。

Cori(コリ)回路

筋肉で糖が使われると「乳酸」に変化します。

筋肉で発生した乳酸は、血液で肝臓に運ばれます。

肝臓まで運ばれた乳酸は、ピルビン酸から糖になって、もう一度血流に入ってエネルギーとして利用されます。

これが糖新生の一部「Cori(コリ)回路」です。

(この回路を発見した人の名前が「コリ博士」なのでコリ回路)

乳酸は疲労物質として有名です。

肩こり、筋肉痛は、筋肉中の乳酸が溜まるためともいわれています。

でも肝臓でリサイクルすることが可能なので、別の意味ではエネルギー源でもあるのです。

 

広告

 

糖新生に必要な酵素「乳酸脱水素酵素」

このコリ回路で糖新生が行われる際、乳酸からピルビン酸に変化するときに必要な酵素、これが「乳酸脱水素酵素」です。

健康診断や人間ドッグでは、LDH(lactate dehydrogenase)と書かれています。

 

検査機関によってばらつきがあるのですが、通常の健康診断ではLDHの基準値は「120~240」ぐらいです。

急性肝炎、肝臓がん、心筋梗塞のときに、LDHは高値になります。

なので高値になるかどうかはチェックされます。

検査値が低い場合はノーチェックですが、生体反応に必要な酵素ですから低すぎるのも問題です。

 

分子栄養学的にみると、乳酸脱水素酵素(LDH)180以下は酵素活性が弱いと診ます。

LDHが低いということは、コリ回路で糖新生がうまく働かず、乳酸をエネルギーに利用する力が少ないということです。

スタミナ不足ですぐにエネルギー切れになりますから疲れやすい、血液中に乳酸がたまりやすいので身体が固く凝りがあります。

血糖値をうまく保つことが出来ませんので、低血糖の症状(眠気、脱力)や、低血糖に伴う自律神経系の症状(立ちくらみ、頭痛、動悸、イライラ)などが起こりやすくなります。

 

血液データを見て、LDHが180以下だと、スタミナ不足でエネルギー切れを起こしやすい人かな?と推測します。

話した感じが元気、だけどギスギスした印象なら、アドレナリンが強く、副腎疲労を疑います。

そういった方に副腎疲労を指摘すると全否定されることが多い。

でも、手を握ったら冷たくて、胸鎖乳突筋に張りがあり、早口で一言多いタイプならほぼビンゴですね。笑

こういった方が、朝食抜きの半日断食などを行うと副腎疲労が悪化します。

’食べない’健康法がもっともお勧めできないタイプです。

LDHが低いのはビタミンB3(ナイアシン)不足の可能性

LDHが低い理由を推測してみましょう。

LDHは酵素です。

酵素はタンパク質が原料ですから、タンパク質不足が背景にある。

タンパク質不足の原因は、食べる量が少なかったり、消化力の低下だったり、睡眠不足だったり、小胞体ストレスだったりします。

 

もう一つ大事なことは、乳酸脱水素酵素の補酵素はビタミンB3(ナイアシン)です。

Now Foods, Flush-Free Niacin, 250 mg, 180 Veg Capsules

ビタミンB3(ナイアシン)不足だと、乳酸脱水素酵素は活性が低下しますので、低値になります。

栄養療法で、LDHが低値だとナイアシンが処方されるのは、乳酸脱水素酵素の補酵素がナイアシンだからです。

また、ビタミンB3は腸内細菌が多く作ってくれている栄養素なので、ビタミンB3不足ということは、腸内環境も悪化していることが推測されます。

 

まとめると、疲れやすい、スタミナ切れを起こしやすい原因が低LDHにある場合は、

① タンパク質の状態を改善すること

② ビタミンB3(ナイアシン)を補充する

③ 腸内環境を改善する

ですね。

ちなみに糖新生には、コリ回路以外にもアラニン回路もあるのですが、そちらはまた別の記事にします。

 

現在募集中のセミナー情報


11月21日(火)にお金と健康がテーマのコラボセミナーやります。通常この価格では出来ないのですが企業協賛なのでかなりお得です。

株価も絶好調ですし、資産形成について学びませんか?もちろん私は分子栄養学の世界を分かりやすくご案内いたします。

ぜひお気軽にご参加ください!
 
11月21日(火) 東京開催決定!【募集中!】 お金と健康の問題で消耗する人生はもうやめない?【マネー&ヘルス講座】

11月23日(木)東京開催!【満員御礼!】 分子栄養学入門講座 「糖質とたんぱく質 総集編!」

11月25日(金)京都開催!【満員御礼!】 疲れたアラサー母ちゃんの処方箋「分子栄養学で読みとくアナタに必要な栄養アプローチ」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA