お酒を飲んで赤くなる人とならない人の違い【アセトアルデヒド脱水素酵素】

お酒を飲むと赤くなる人と赤くならない人の違い

お酒を飲むと赤くなる人と赤くならない人がいます。

私は赤くならない人です。

そりゃあ私だって頬をピンクに染めて「ワタシ酔ったみたい・・」とか言ってみたいですよ。

昔々の若い頃、男性とデートしていて連れの男性は真っ赤なのに、私はしらふのようで恥ずかしかったもんです。

トイレでこっそりチークをヌリヌリしていて、お酒に弱い可愛いオンナを演出しておりました。(←時効ということで)

 

お酒を飲むと赤くなるのは、アルコールから分解されたアセトアルデヒトによる作用です。

アセトアルデヒトによって毛細血管が拡張、プロスタグランジン、ヒスタミンの放出が起きて皮膚が紅潮します。

 

アセトアルデヒトの分解が遅い人は顔が赤くなります。

アセトアルデヒトの分解が早ければ多少飲んでも赤くなりません。

 

ということで、私はアセトアルデヒトの分解が早い人ということ。

これはうちの家族全員がそうなので遺伝ですね。

お酒との付き合い方を決める2種類の酵素

アルコールからアセトアルデヒトが出来て、アセトアルデヒトは酢酸と二酸化炭素になって身体から排泄されます。

物質が体内で変化するには、必ず酵素の存在が不可欠です。

 

アルコールからアセトアルデヒトの変化を担う酵素が、アルコール脱水素酵素(Alcohol Dehydrogenase, 略して「ADH」)

アセトアルデヒトから酢酸・二酸化炭素の変化を担うのが、アルデヒド脱水素酵素(Aldehyde dehydrogenase, 略して「ALDH」)

 

このアルコール脱水素酵素(ADH)アルデヒド脱水素酵素(ALDH)、2つの酵素がお酒を飲んで酔いやすいとか、赤くなるとかを決めることになります。

 

例えば、アルコール脱水素酵素(ADH)、アルデヒド脱水素酵素(ALDH)両方の活性が良ければ、血中のアルコール濃度も高くなりにくく、アセトアルデヒトも溜まりにくい。

酔った気分になりにくいし赤くもならないし、二日酔いもありません。いわゆる酒豪です。

 

アルコール脱水素酵素(ADH)が弱くてアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の活性が良ければ、血中のアルコール濃度が高くなりやすいので少量でもすぐ酔った気持ちになりますが、アセトアルデヒトが残りにくいので赤くならないし、二日酔いにもなりません。

少量のアルコールで酔えるのに、二日酔いにもなりにくい。

経済的でうらやましいと思うかもしれませんが、このタイプはアル中になりやすいと言われています。

 

よくあるパターンがアルコール脱水素酵素(ADH)の活性はあるけどアルデヒド脱水素酵素(ALDH)が弱いという人。

そこそこ飲まないと酔った気分にならない(血中のアルコール濃度が上がりにくい)けど、アセトアルデヒト濃度が高くなりやすいので顔が赤くなります。

ついつい飲み過ぎて二日酔いにもなりやすい。

日本人の25%、4人に1人がこのタイプだそうです。

お酒を飲んで赤くなる男性はハゲやすい

アルデヒド脱水素酵素(ALDH)の活性はハゲにも関係していると言われています。

アセトアルデヒト濃度が高い状態が多いと、脱毛を促進する悪いテストステロンである「ジヒドロテストステロン(DHT)」を増加させることが分かっているからです。

 

酒飲んで赤くなる頭髪のさびしいおじさんはこのタイプなのでしょう。

 

アルデヒド脱水素酵素(ALDH)の活性が悪い人は、活性が良い人に比べて食道ガンや咽頭ガンの発生が高いことが分かっています。

毒性の高いアセトアルデヒトが体内に残りやすいから、ガンにもなりやすいってことですね。

お酒を飲んで赤くなったり、二日酔いになりやすい人は、毒物アセトアルデヒトの影響で身体が老化しやすいから飲みすぎるなよって話です。

 

この酵素活性の遺伝は簡単に調べることが出来ます。

葉酸代謝でもおすすめしている★ハーセリーズの遺伝子検査、

口腔内を綿棒でこすって送るだけの簡単な検査です。



 

アルコールを代謝する酵素に必要な「ナイアシン」

酵素の活性化のためには補酵素が必要です。

アルコール脱水素酵素、アルデヒド脱水素酵素、両方の酵素の補酵素がナイアシンです。

Now Foods, ナイアシン, 500 mg, 100 錠

 

お酒は飲みたいけどハゲるのも、ガンのリスクが高くなるもの嫌だよーて方は、ナイアシンでも足しとくと多少はリスクヘッジになるんじゃないでしょうか。

ちなみに、私はこの冬からB複合体を減らしてナイアシンを追加したのですが、

ただでさえお酒をイケる口がさらにイケイケになってしまい、久しぶりに終電で午前様という失態をやらかしました。

 

それだけ元気になったということは喜ばしいのですが、お酒はリーキーガットの大敵なんす(参考▼)

お酒は「リーキーガット」の原因に!缶ビール3本で腸からバクテリアが漏れる! | ビタミンアカデミー
ワイン3杯の飲酒でも腸からバクテリアが漏れる「リーキーガット現象」を確認 飲酒がリーキーガットの原因になるという論文みつけたのでメモ。 Acute Binge Drinking Increases Serum Endotoxin and Bacterial DNA Levels in Healthy Individuals 21歳から56歳の、健康な(アルコールに関する疾病履歴のない)男性11名(

 

アルコール分解酵素に問題はなくても、腸をいたわりたいので来月以降は自粛します(宣言)

みなさまもお酒との付き合い方はご自身の身体とご相談のうえお決めください。

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

【オンラインセミナー・満席キャンセル待ち】 12月16日(月)ZOOMオンライン(平日昼間開催)肌の老化を止める栄養学

【東京開催!募集中!】 12月17日(火)間違いだらけのサプリ選び!今「あなた」に必要なサプリはどれ?サプリの選び方講座

【オンラインセミナー満席・キャンセル待ち】 12月22日(日)ZOOMオンライン(日曜開催)家族を守る栄養学・ゼロから始める 血液データの読み方講座

【東京開催!募集中!】 12月25日(水)分子栄養学を極めたい専門家のための 血液検査の読み方 アドバンス編

【KRD日本橋主催!募集中!】 12月26日(木) お正月太りを防ぐ栄養学