お酒は「リーキーガット」の原因に!缶ビール3本で腸からバクテリアが漏れる!

広告

マサチューセッツ医科大学による、飲酒がリーキーガットの原因になりうるという論文です。

Acute Binge Drinking Increases Serum Endotoxin and Bacterial DNA Levels in Healthy Individuals

 

ワイン3杯の飲酒でも腸からバクテリアが漏れる「リーキーガット現象」を確認

研究方法ですが、21歳から56歳の、健康な(アルコールに関する疾病履歴のない)男性11名(飲酒習慣は週に12杯以下)、女性(飲酒は週に9杯以下)、合計14名を集めて実験を行ったというもの。

アルコール度40%のウォッカを、体重1kgあたり2mlの量をジュースで割って飲んでもらい、その後の血清アルコール濃度と、エンドトキシン(毒素)、炎症物質サイトカインの変化を計測したとのこと。

アルコールの量ですが、体重が60kgだとすると、ウォッカ120ml、これは、

・ワインであれば、グラス3杯(320ml)
・ビールであれば、缶ビール3本(960ml)

のアルコール量に相当します。
えー、たったこれだけで~!!とちょっと驚き。

結果は、

■血清アルコールは飲酒後1時間で最大、その後24時間かけてゆっくり低下した

LPS(グラム陰性菌)が、飲酒後30分で最大となり24時間かけて低下した

エンドトキシン(毒素)は30分後に最大となり24時間かけて低下した

炎症性サイトカイン(TNFα、IL-6、MCP1)は、飲酒後大きく増加した。

■アルコールを飲まない群は、この反応を示さなかった。

 

結論です、

アルコールにより腸のバリア機能が侵され、腸内バクテリアが血中に移行、炎症性物質が発生する

女性は男性より、アルコールの影響が強く出る。LPS・エンドトキシン濃度も高く、回復も遅い

同じアルコール量でも女性の方が弱いという結果です

これまでも、アルコールによる腸内細菌・腸管への影響を研究したものは色々あるのですが、対象がアルコール中毒患者など、あまり参考にならないものがほとんどでした。

アルコール中毒患者は、腸内のバクテリアが腸管から漏れて、毒素として脳や思考に影響を与えているという論文

Alcohol, Intestinal Bacterial Growth, Intestinal Permeability to Endotoxin, and Medical Consequences

 

いわゆる一般的なアルコール量でも、リーキーガットによる血清中エンドトキシン毒素が上がる、という結果が出たのは、菌検査の精度が上がってきたせいでしょうか。

 

適度な飲酒でもリーキーガット現象は起こる

リーキーガットの症状がバリバリに出てる体調不良ではなく、健康体と自認する人が対象ですから、ごく普通の人でもリーキーガット現象が起こるということ。

もちろん免疫が健全であれば、炎症は24時間後に収束します。

しかし、身体には負担をかけていますので、アンチエイジングには良いとは言えません。

肝臓が分解するのはアルコールだけではなく、腸から漏れた毒素も解毒しているわけですから、毎日飲めばデトックス能力は落ちます。ま当然。

ここではアルコールが、どういった機序で腸管バリアを壊すのかは、結論付けられていません。

しかしながら、マウスにおける実験では、アルコールにより、腸の細胞間タイトジャンクションの形成に関わるタンパク質「オクルディン」の減少と、リーキーガットを引き起こすタンパク質の「ゾヌリン」の出現が認められた、とのこと。

ということで、アルコールはリーキーガットの原因として限りなくクロ

飲酒した翌日にアレルギー症状が酷くなったり、まあ色々と思い当たる節があります。

 

お酒を飲む場合はどう防御するか?

それでも、飲みたい時だってあります。

まずは連日飲まないこと。

せめて飲むなら、抗炎症系の栄養を意識すべきかと。

例えば、

・ビタミンD、5000IU以上
・ビタミンC、2000mg~3000mg
・亜鉛(赤身の肉や、貝)
・アブラナ科の野菜(キャベツやブロッコリー、大根など)
・抗炎症効果の高いスパイス(クルクミン、シナモン、クミン、ショウガ、コリアンダー)

ちなみに、抗炎症作用の順で言うと、
①ビタミンD ②ビタミンC ③ビタミンE ④ビタミンA

ここでもビタミンD、いろいろと優秀です。

コレステロールがうまく上がらず、脂質代謝に難あり体質なので、あえて植物性をチョイスしてます。
Nature’s Plus, ネイチャーズプラス, 生命の源泉(Source of Life), ガーデン, ビタミンD3, 60粒

あと、エンドトキシンが上がるのであれば、予防線として天然の抗生物質と言われる「オリーブの葉エキス」を飲んでおくのも肝臓の負担減に良いのでは?と思いました。

風邪の季節の必需品「オリーブの葉エキス」
風邪をひかなくなってしまったので、買ったものの全く減ってない。笑
今度飲み会の時に飲んでみよう。


こちらの商品
↓ ↓ ↓
Now Foods, オリーブ葉エキス、500mg、120Vcaps

我が家は、一昨年から、夫の蕁麻疹体質と、私の抗炎症対策に本気で取り組もうと、以前は毎週ワインをボトルで開けていた生活を改めました。
お酒は滅多に飲まなくなったので、あまりショックではありません。

ちなみに、論文のダイジェスト版はこちら。こちらのほうが英語が簡単で読みやすいです。

BINGE DRINKING CAUSES LEAKY GUT, RAISING LEVELS OF BACTERIA AND ENDOTOXIN IN THE BLOOD

 

現在募集中のセミナー情報

いよいよ初の地方セミナーやります!
場所は金沢です

知ればしるほど興味深い分子栄養学の世界を北陸のみなさまにお届けできたらと思います。

ぜひお気軽にご参加ください。
 
10月27日(金)金沢セミナー!【募集中】その疲労感は原因は何?~血液データから読み取る「あなたに不足している栄養素」~
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA