富士山唇と顎梅干しの問題点【見た目で分かる栄養状態】

広告

赤ちゃんのような富士山唇

ご相談を受ける時に、必ず観察するポイントがあります。

もし、上唇がペラペラで富士山のようなめくれた唇だと、高確率で胃腸の状態がよくありません。

本人には自覚がなくても、胃腸粘膜の慢性炎症を疑います。

 

理由は3つあります。

富士山唇は、口輪筋が未発達であり、普段から口呼吸であることを示唆します。

生後間もない赤ちゃんは、口の周りの筋肉が未発達なので富士山唇です。

離乳食が始まり、笑ったり歯が生えたりすると、口の周りの筋肉が発達して富士山唇は消失します。

大人になっても富士山唇ということは口呼吸が癖ということです。

口呼吸だと上咽頭に慢性炎症がほぼ100%あります。

胃腸などの消化管は、口から肛門まで地続きであり、一本の土管です。

上咽頭に慢性炎症がある場合、胃腸にも慢性炎症が高確率で発生しています。

慢性炎症には本人の自覚症状がないため、見た目で判断するしかありません。

 

2つめの理由は、口輪筋が未発達ということは、普段の食事でよく噛んでないということです。

咀嚼が不十分なため、胃に負担をかけやすく、小腸内に未消化物を残しやすい。胃腸が脆弱になる要因です。

 

3つめは、そもそもなぜ筋肉が発達しないのか?という理由です。

口元は365日休まず働く筋肉です。

手の母指球と一緒で、特にジムでトレーニングをしなくても、日常生活でそこそこ発達すべき部分です。

ストレスホルモンのコルチゾールやアドレナリンが高く、筋肉がつきにくい状況にあることが推測されます。

 

富士山唇に代表される、口輪筋が弱い人独特の、パワーの無い口元をしている場合、食事内容を改善して高タンパク食にするとか、サプリメントなどではなく、それ以前の問題であることが多い。

まずは栄養を吸収しやすい身体の環境を整えるために、口呼吸の改善や口腔内と上咽頭のチェック、ストレスコントロール、抗炎症アプローチ、咀嚼の指導、消化酵素の補助などが必要となります。

 

人気タレントの桐谷美玲さん。この富士山唇が人気だそうです。

水着姿を見てびっくり。これは痩せすぎですよ。

今はまだお若いですが、40代になったら高確率で副腎疲労になりそうで心配。
AST15、ALT10ぐらいな気がします。
 
 

広告

 

梅干し顎だと高ストレス

富士山唇とは、また別の「梅干し顎」というのもあります。

これも口輪筋が弱いために、おとがい筋に不要な力が入る場合の特徴です。

これは芸能人でいうと、多分あの子だ。とググったらすぐヒットした。笑

口呼吸のことを書いたこの時から、2回目の登場▼

 

漫画で顎に梅干しを書くのは、困難にぶつかった表情を書く時です。つまりストレス時。

普通にしていてもそれが癖になるということは、かなり頑張り屋(ストレス状態が常に高い人)なんではないかと。

日常的にストレスが強いとは、栄養不足とかエネルギー不足とか、細胞レベルで何かが起こっていることを推測します。

この場合も交感神経が優位の緊張状態が常に続いており、胃腸は消化力がなく栄養吸収に問題がある場合がほとんど。

AKBでの彼女の頑張りを見てるとなんとなく納得です。

テレビで見かけるたびに「副腎疲労にならない程度にリラックスして頑張ってね」と思います。

 

食事内容の改善とサプリメントで、身体を再構築していくのが栄養療法です。

しかし、栄養を吸収する側の胃腸に問題があれば、どんな高価なサプリメントも、お肉を食べても無駄になります。

CRPには反映されない胃腸の慢性炎症や、高ストレス状態は、その方の見た目に現れることが多いため、視診(見た目で診断)はとても重要なポイントになります。

「40歳過ぎたら人間見た目が100%」

これは真実です。

 

現在募集中のセミナー情報

いよいよ初の地方セミナーやります!
場所は金沢です

知ればしるほど興味深い分子栄養学の世界を北陸のみなさまにお届けできたらと思います。

ぜひお気軽にご参加ください。
 
10月27日(金)金沢セミナー!【募集中】その疲労感は原因は何?~血液データから読み取る「あなたに不足している栄養素」~
   

富士山唇と顎梅干しの問題点【見た目で分かる栄養状態】” に対して 2 件のコメントがあります

  1. みつばち より:

    いつも楽しみをもって学ばせて
    貰っています。

    唇も顎もまさに私のことでした(^-^;
    記事を読みながら思わず鏡を見たら
    顎が梅干し・・・
    口が開いてしまったり、口元に変に力が
    入りやすかったりする自覚はあったの
    ですが、そういうことなんですね。

    胃痛や息苦しさから、つい口呼吸になる
    自覚はあるのですが、なかなか改善出来ず。クリニックを変えて、本格的に栄養療法を実践しつつあるので、夜の口呼吸防止も始めようかなと思いました!

    アーユルヴェーダの体質診断とか
    シュタイナーの気質の話とかも大好きで
    外に現れている諸々と、栄養や代謝の
    関係が分かる度にうきうきしちゃい
    ます(^^)

    1. 管理人 より:

      睡眠中の口呼吸、私も悩みでテープ貼ってます。笑
      体質や気質は表面に現れますね、
      漢方の視診と同じです。
      シュタイナーは私は知りませんが、きっと根元は同じだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA