【ゼラチン美容法】なんと肌の保水力が最高値を記録!(銀座ファンケルスクエア)

広告

アトピー・乾燥肌だった私が肌保湿力で最高値を記録!

過去最高に肌の乾燥しない冬を過ごしています。40年以上生きてきてこんなこと初めてです!

先日、近所のお風呂屋へ行った際、化粧水を忘れたことに気付き、そのまま寒空の中、自転車で帰宅。
洗顔後、何もつけずに自転車で寒風にさらされても、ほとんど乾燥を感じませんでした。

数年前まで、洗顔後は、服を着るより早く化粧水をつけないと、カッピカピで笑えなかったので、自分でも驚き。

銀座ファンケルスクエアで「ハリ肌チェック」

現時点での肌の水分量がどれくらいなのか知りたくなり、銀座のファンケルスクエア「5F ファンケル 未来肌研究室」で測定してもらいました。

保水力計測と角質をテープでペリッと剥がし、専用の機器でバイオマーカーチェック。
所要時間は30分程度、結果は後日郵送で送られてきます。

水分保持力が、なんと 604!
450 で「とてもうるおい」なのですが、大きく振り切ってました!!
汗に反応してるのかな?と、アルコールで拭き取って、再度計測しなおしてみる事態にw
人生でこんなこと初めてだよ・・(涙涙

抗酸化力は、レベル 5
生まれ変わり力は、レベル 2 で、平均値より低という結果に。

抗酸化力は「抗酸化タンパク質量」、生まれ変わり力は「角質代謝の酵素タンパク量」を計測しているらしいです。

抗酸化力は、今年から倍量に増やしたビタミンCのおかげなのか??

角質代謝は、平均値を下回ってしまいました。
まあ年齢も年齢なので仕方ないかw
代謝ダウンの一番の原因は運動不足らしいです。
ジム回数増やさねば。

広告

ゼラチン美容法

去年と今年、何が違うのかというと、以下の2点です。

・ゼラチンを毎日 5g~10g/1日
・ビタミンCを倍に増量 5,000mg~6,000mg/1日

ゼラチンは、昨年11月に、ヨガで傷めた右肩甲骨の回復のために始めました。
肌が乾燥しなくなったのは、想定外の副産物でした↓

『ゼラチン』摂取がスポーツによる骨格筋損傷の回復に効果的
骨格筋損傷の回復にゼラチンが効果的な件 先月初め、トレーニングで右肩甲骨を負傷、3日間、寝たきりになりました。 レントゲンに写るような異常はなく、たぶん筋損傷だったのかと。…

ほぼ毎日、ハーブティやレモンティーに、ゼラチン5gを溶かして飲んでいます。

注意点は、かならずビタミンCも合わせて摂ることです。
「同時に」摂る必要はありません。

ゼラチン(コラーゲン)は小腸で吸収されたあと、25~50時間かけて、全身を巡ります。
ビタミンCは、5~6時間で、血中濃度が低下します。

コラーゲンが再合成される際に、近くにあるビタミンCを使いますので、ビタミンCはこまめに摂取(6時間おき)、常に血中濃度を保っておく必要があります。

 

以前は、1日3,000~4,000mgのビタミンCでしたが、それだと風邪をひきそうになったり、なんとなく不足する気がして、今は6,000mg以上に増量しました。
寒さを感じる(ストレス)時は、副腎がダメージを受けるので、さらに増量しています。

タブレットからカプセルに変更して、さらに効果が上がったような気がする。
ルテイン入りなので、花粉症・リーキーガット対策としても必須。

Now Foods, C-1000、250ベジキャップ

 

ビタミンCの必要量は、個々人の抗酸化力によって大きく違いますので、自分に合った量を見つけるのが大切だと思います↓

『尿酸』はスーパーアンチオキシダント!自分の身体の抗酸化力を知る方法
『尿酸』は強力な抗酸化物質 健康診断で、高いと注意信号となる「尿酸値」 痛風の原因になるので、いわゆる中年おっさん層が気にする数値だが、実は、低い場合は「抗酸化力が低い」…

肌の保湿力は化粧品ではない!

改めて思いましたけど、肌の保水力って、化粧品の質ではないと確信しております。
むしろ、高価な化粧品で、与えれば与えるほど保湿力は低下するような気がする。

今のスキンケアは、朝も夜も、このパックスナチュロン化粧水1本だけ。
クリームも乳液もなしです。

 

あと、泡洗顔をしないこと。
これも乾燥肌対策には超重要だと思う。

洗顔剤のルナレーナについては、こちらでご紹介しましたので、ご参考ください。
男性にもオススメです↓

アトピー・乾燥肌を完全克服した3つの方法【冬のスキンケアまとめ】
アトピー・乾燥肌を完全克服した冬のスキンケア方法 今年(2017年)、年女です。 36歳じゃなくて、48歳のほう(悲) 自分でもびっくりです、汗 もともと分子栄養学(その前は、マクロビ…

肌は内側からの栄養ケアが9割

アトピー肌でした。と言うと
「うそーん、もともと綺麗だったんでしょ」
と言われるのですが、
一昨年の手荒れの写真が出てきたので載せときます(サムネです)

こんな感じで、常に象さんの皮膚のようにウロコ状のカピカピで、冬は流血してました。

喉元過ぎればナントカで、
自分でもこの時代を忘れておりました。

今、同じ部分(右手)を撮ってみました。
皮膚科に通ってステロイド漬けだったのが自分でも信じらんない。

 

肌は、脱ケミなど、化粧品に気をつけるのも効果的ですが、内側からの栄養ケアのほうが大事だなというのが実感です。

なにせ肌が弱いので、精神的なストレスがあれば、今後ダメージが復活することもあると思います。

胃腸が荒れると、栄養の吸収が悪くなるので、ゼラチン入れても無駄だし、
ビタミンC始め、栄養補給しても使える身体じゃないと意味ないですし。

ゼラチンはかなり気に入ってます。
簡単だし、プロテインの苦手な私にはタンパク補給源としてもちょうど良い。

腸の4Rをベースにしたお腹ケアをしつつ、ゼラチン+ビタミンCは今後も継続です。

 

 

 

 

現在募集中のセミナー情報

いよいよ初の地方セミナーやります!
場所は金沢です

知ればしるほど興味深い分子栄養学の世界を北陸のみなさまにお届けできたらと思います。

ぜひお気軽にご参加ください。
 
10月27日(金)金沢セミナー!【募集中】その疲労感は原因は何?~血液データから読み取る「あなたに不足している栄養素」~

11月10日(金) 東京開催決定!【募集中】分子栄養学入門講座~その不調の原因は? 血液データから読み取る!「あなたに不足している栄養素」~
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA