『尿酸』はスーパーアンチオキシダント!自分の身体の抗酸化力を知る方法

広告

『尿酸』は強力な抗酸化物質

uricacid
健康診断で、高いと注意信号となる「尿酸値
痛風の原因になるので、いわゆる中年おっさん層が気にする数値だが、実は、低い場合は「抗酸化力が低い」ことを暗示していることが多い。

尿酸は、痛風の原因物質というより、強力な自家製「抗酸化物質」として、細胞を酸化ストレスから守るという役目がある。
むしろこれが本来のお仕事。

人間以外の動物は、抗酸化物質のビタミンCを体内合成できる。
なので動物は尿酸値が低い。
人間も、太古の昔はビタミンCを自家合成していたそうだ。

しかしある日、
『我が社の抗酸化作業だけど、尿酸君の効率が素晴らしいね〜』
『よし、今後は尿酸君を正社員にしよう。ビタミンCちゃんは明日から派遣社員ね、外注要員だからよろしく〜』

てな感じで、我々の祖先が進化のタイミングでDNAを変更したらしい

低尿酸値はタンパク質不足を暗示

尿酸は、タンパク質を原料に作られるので、低い数値は、そのままタンパク質不足を暗示します。

食事によって影響される尿酸はたった2割です。
残りの8割は、身体の中で、タンパク質を原料に作られています。

「ガッテン!」でもやってましたね。
プリン体じゃなかった!尿酸値を下げる秘策SP

元々、我々の身体には、抗酸化物質を自分で作る能力が備わっています。
尿酸はその代表選手で、その他、メタロチオネイングルタチオンなど、
どれもタンパク質を原料に作られる非常に強力な抗酸化物質です。

ですので、タンパク質不足の暗示は、イコール「抗酸化力の低下」を意味します。

健康診断で知る自分の抗酸化力

尿酸値は、一般的な健康診断で必ず計測されるので、モニターしやすいですね。
夫と私の尿酸値を比較すると、ここ数年、だいたいこんな感じ

夫 5.6 ~ 5.9
私 3.5 ~ 3.9

その他の項目(例えばAlb、BUN、TP)を見ても、私のほうがタンパク質不足が顕著です。
一般的に女性のほうが低めの数値がでますが、それを差し引いても、私の身体は夫より、抗酸化力が低いスペックと判断されます。

実際、間接ビリルビンや赤血球の数値を見ても、私のほうが酸化ストレスが強いことが診て取れますので、全体所見としても一致。

栄養療法的には、女性でも4以上は欲しいところ。

夫の場合、ビタミンCは1日に1,000mg ~ 2,000mg
私の場合、それだとちょっと少ないと感じることが多く、最低でも2,000 ~ 3,000、
寒暖の差、気圧の変化、紫外線や副流煙、人混みなど、身体へのストレス負荷が上がると、5,000mg〜でようやく満たされたなと感じます。

身体の抗酸化力をサポートする3つの作戦

栄養療法では個々人の身体のスペックを判断することが治療の大前提です。
自分の身体の抗酸化力が弱いとわかったら、どうやってそれをサポートするのか?
大まかに言って3つまとめ

高タンパク質

消化酵素で消化力を補充しながら、よく噛んで、’正しい’肉食を。
炭水化物でお腹を満たすことをしない。
自家製で抗酸化物質作るのに、そもそも原料が不足してたらおハナシにならないし。

高ポリフェノール、フラボノイド

自社社員の尿酸が弱いなら、外注要員のビタミンCに頼むしかない
自然界のアンチオキシダントを積極的に摂る

玉ねぎ、リンゴの「ケルセチン
紫キャベツ、ブルーベリーの「アントシアニン
そば茶、イチジクなどの「ルティン
みかん、レモンなどの「ヘスペリジン

食卓を見て、色の濃い野菜、果物などが必ずあるようにすること。

ビタミンC・サプリメント

抗酸化サンプリメントの代表といったらビタミンC
ビタミンCは、安定した血中濃度を保つのが難しいビタミンです
こまめに、継続的に、毎日消費するのでコスパ優先の選択にしてます

slooProImg_20170123121957.jpgNow Foods, C-1000、250ベジキャップ

以前は錠剤タイプを飲んでいたのですが、カプセルタイプに変えました。
セルロース(食物繊維)で固めるか、ゼラチン(コラーゲン・タンパク質)でカプセル化するかの違いで、あとは、一緒に入っているフラボノイドが、リーキーガットに良いとされる「ルティン」なので。

ビタミンEも摂って、ビタミンCを効率化させるという手もありますが、
私の場合は、脂質代謝が上手い身体とは言えない(栄養療法的検査結果)ので、今はVEは摂ってません。

ビタミンC界のロールスロイス、話題のリポソーム型
最高級品です
slooProImg_20170123121955.jpgLypriCel, リポソームビタミンC、 30包、 各0.2液量オンス (5.7 ml)

細胞内に取り込まれやすい(らしい)
論文も見当たらないし、スルーしていましたが、宮澤先生もお使いと聞いて俄然興味が出てきた。

だけど、1日2,000mg摂って、1ヶ月7,000円はきついなあと、イマイチ手が出ない。
コスト的に余裕が出来たら試してみます。

使ってる人います?どんな感じでしょう?感想お待ちしてます。

 

【追記】
栄養療法のお仲間、医師の方々から、リポソーム型ビタミンCについて、コメントいただきましたのでまとめます。

・味はかなり不味い。リポソーム化でアルコールを使用しているため
・独特の匂いあり(セメダイン? シャボン玉? とにかく変な匂いらしい)
・苦手な人は、少量の水、あるいはオレンジジュースに入れて、一気飲みする(代理店推奨)
・アルコールは子供にも問題ない程度の量、気になる場合は少し放置して揮発させるとよい。
・舌下吸収させると効果が高い、舌に触れないのでやや飲みやすくなる
・効果はかなり高い、いざという時はこれ一包でかなりの効果を感じることが出来る。

やはりかなりの吸収率のようです。
買って試したらまたレビューします。

 

現在募集中のセミナー情報


大好評の分子栄養学入門セミナー、次の東京開催は12月18日(木)です。

1月6日は仙台に行きます。過去の開催の様子、参加者の声はこちら★からご覧ください。

ご参加お待ちしております。
 
12月18日(月) 東京開催!【募集中!】 今年最後!分子栄養学入門講座 「糖質とたんぱく質 総集編!」

1月6日(土) 仙台開催!【募集中!】 はじめての分子栄養学~その不調の原因は? 血液データから読み取る!「あなたに不足している栄養素」~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA