「テストステロンの真実」性欲の弱い人は嘘つきであるという研究結果

広告

 

分子栄養学の勉強会でお伺いした、久末先生のお話がとても面白かったので、ちょっとだけご紹介します

低テストステロンの人は嘘つき?

テストステロンが低いと、嘘をつく抵抗感が低くなるようです。
医学雑誌のPlosより。ドイツのボン大学の発表(2012年)

Testosterone Administration Reduces Lying in Men

91人の若い健康な男性を2つのグループに分け、片方のグループにはテストステロンクリームを塗布、もう片方には偽薬を塗布する、という二重盲目検査を行ったとのこと。

各個室に分かれて、サイコロを振ってもらい、サイコロの出目に応じた現金を上げますよと、
例えば1が出たら1ユーロ、2が出たら2ユーロ、ただし6が出たら現金はなし、というゲームする実験

個室で自己申告制で、なおかつキャッシュがもらえるわけですから、当然みんな嘘をつくわけです。

サイコロの出目が確立が全部同じはずですが、結果は以下のような分布になったらしい。
みんなめっちゃ嘘申告しとるがなw

 

slooProImg_20170124191844.jpg

左がテストステロン塗布グループ、右がテストステロン偽薬グループ
テストステロン偽薬グループのほうが、2倍くらい嘘申告が多いです。

論文では、テストステロンは、健全な自己イメージや、正義感に関係しているらしいとのこと。

やっぱり男らしい男性は、嘘が嫌いで正義感が強いと、医学的にも証明されてるってことですね。

「テストステロン」は性欲と元気の元

テストステロンの主たるお仕事はこんな感じです

 

・性欲の維持、増進
・やる気向上、うつ病の改善(ドーパミンを活性化)
・内臓脂肪の低下、筋肉増強、血管の柔軟性向上

 

性欲が強くて、仕事ができて、身体がマッチョ
高テストステロン系男性のイメージそのまんまです。

テストステロンは、結婚、子供の誕生という人生のイベントで低下するそうです。
なので、男性は、結婚して、子供ができると、内臓脂肪が増えて性欲が減少するんですね。

ちなみに、女性にもテストステロンは分泌されています
女性の場合は、アロマターゼという酵素によって、すぐにエストロゲンに変換されます

更年期にエストロゲンが減っていくと、相対的にテストステロンが強くなり、元気なオバタリアンが出来上がります。
閉経後でも性欲が強い女性はこのタイプらしいです。笑

テストステロンを増やすために効果的な2つのこと

男も女も、アンチエイジングには必須のテストステロンですが、減らさず健全に保つために効果的なことは何でしょうか?

筋トレ

総じて運動はテストステロンを増強するそうですが、特に効果的なのが筋トレ
低負荷のスクワットなど最高らしい
ちなみに、マラソンのような有酸素運動ではテストステロンが低下するので、走りすぎはご注意です。

良質の睡眠

テストステロンは睡眠中に作られるので、寝ないとダメです

マウスでの実験では、4日間睡眠を取らせないマウスは、なんとテストステロンがゼロになったそう!
しかも、その後、好きなだけ寝るようにさせても、テストステロンは元の値には回復しなかったとのこと。

徹夜はテストステロンを作る能力自体が減少する行為、絶対禁止です。

 

あと「笑い」なんかも、テストステロンが上昇させるとのこと。
高テストステロンのためには、たっぷり寝て、スクワットで汗ながして、大いに笑うって感じでしょうか。

ちなみにアルコール、飲酒はテストステロンを減少させます。
たしかに、飲むとエッチが弱くなる男性多いですよね。

血中の遊離テストステロンが高い時間帯は、午前中、特に朝だそうです。
朝活が流行ってますし、朝セックスっていいかも。

性欲減退にはテストステロン・クリーム

久末先生は、メンズヘルス外来、特にEDのご専門で、治療にはテストステロンクリームを使用するとのこと。
経口より血中濃度を一定に保ちやすく、今は前立腺癌との関係は否定されているそうです。

 

アイハーブでもあることはあります。
さすがにテストステロン含有量はほんの微量だとは思いますけどね。
ちゃんと治療したい人は久末先生のところへGO!

slooProImg_20170124203119.jpg Liddell, 男性用 バイタル・セクシャル・エナジー( テストステロン入り)、1.0 液オンス(30 ml)

EDと冠動脈疾患の関係

勃起時の陰茎はほとんどが血液、ということは、EDは血管の老化を暗示することがあり、先生は、EDの患者から冠動脈狭窄を発見(本人は無自覚)
即ステントの手術を行い、命拾いをしたというケースもあるそうです。

シモの悩みは、あまり人には相談出来ませんが、健全なテストステロン分泌は、健康で若々しく生きるには必須です。

もっと気軽に専門医に相談しても良いかもしれません。

 

 

現在募集中のセミナー情報


現在確定している講演予定は以下となっております。

セミナー、講師依頼は「お問い合わせ」よりお願いいたします


10月17日~31日 東京・複数回開催!【KRD日本橋提供】 KRD日本橋提供【本物の健康マネジメントができるようになる!健康なカラダになる基礎知識:栄養学×体メカニズム】

9月29日(日) 東京開催【募集中!】 間違いだらけのサプリ選び!今「あなた」に必要なサプリはどれ?サプリの選び方・飲み方 徹底指南講座

10月8日(火) オンラインセミナー【満席になりました】 ZOOMセミナー平日昼開催『肌の老化を止める栄養学』

10月14日(月・祝) 東京開催【募集中!】 まごめ流・ダイエット栄養学講座~痩せたいあなたが痩せられない理由、教えます~

10月16日(水) オンラインセミナー【満席になりました】 ZOOMセミナー平日夜開催『肌の老化を止める栄養学』

10月22日(火) オンラインセミナー【満席になりました】 ZOOMオンラインセミナー「家族を守る栄養学・ゼロから始める 血液データの読み方講座」

10月24日(木) 東京開催【募集中!】 初心者でもわかる!使える!腸内フローラを整える理論と食事法


KRD Nihombashi Studio主催のセミナー情報はこちら →からだの「その先」を読むために

(株)BeOrganic主催のセミナー情報はこちら →まごめじゅんの分子栄養学入門講座

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください