トランプ大統領がコロナ感染後に使っているらしいサプリメントはこの3つ

トランプ大統領がコロナ感染治療に使ったとされているサプリメント

コロナ感染が報道されたトランプ大統領。

治療のサポートとして以下のサプリメントを使ったと報道されました。

  1. 亜鉛
  2. ビタミンD
  3. メラトニン

分子栄養学をお勉強されてる方にとってはお馴染みすぎて、何の目新しさもありませんが、一つ一つ軽く復習です。

亜鉛とコロナ

免疫と亜鉛は非常に関係があります(↓)高齢者は特に血清亜鉛が低下しがちです。

そういや、亜鉛とケルセチンを組み合わせると、もしかしたらコロナ予防になるかもよというニュースもありましたね(↓)

ビタミンDとコロナ

ビタミンDに至っては、何回書いたことか!

免疫を強くし、コロナにかかりにくい、罹っても重症化しにくい身体を作るには、ビタミンDはマストです(↓)

どうしてもビタミンDと免疫の関係を知ってほしくて、チャリティ企画で格安動画セミナーを販売しました。

ご購入いただいたみなさま、ありがとうございました。

これ良く出来た講義だったんだよねぇ(自画自賛)内容を更新してまた販売しようかしら。

メラトニンとコロナ

亜鉛、ビタミンD、この2つは栄養素ですし、免疫をバックアップするうえでは欠かせないもの。、だけどメラトニンサプリを選択するあたりが、さすがアメリカ。

メラトニンも、コロナに対するポジティブな作用があるようだという報告が目立ちます(↓)

亜鉛やビタミンDと違って、メラトニンの場合は、コロナの予防というより抗炎症のバックアップ。

亜鉛やビタミンDは毎日でもオッケーだけど、メラトニンは常用するものではないという認識です。

特別な場合を除き、メラトニンはその機能を期待したいときだけ。その機能とは、抗酸化、抗炎症、免疫。

トランプ大統領がサプリメントを使っているという報道について

トランプ大統領が治療に際し、医師チームから「亜鉛、ビタミンD、メラトニンを投与されたようだ」と報道されたあと、アメリカではそれらのサプリメントに関する検索が激増したそうです(そりゃそーだ)

ニューヨークタイムズ、BBCニュースなど、主要メディアをざっと巡回しましたが、どの報道も「いやいや、それらの栄養素(サプリメント)がコロナに効くというエビデンスは無いからね!」と注意喚起しておりました。

「それらのサプリメントがコロナを治す」と拡大解釈されるリスクを回避するのは、良識あるメディアなら当然です。

(記念スクショで保存)

BBCの報道
BBCの本文より

  

トランプ大統領ともなれば、より効果的に治療するために栄養状態をバックアップするのは、当たり前のこと。ホリスティックなアプローチが出来る、とても良いドクターチームだなあと羨ましく思いました。

潰瘍性大腸炎の安倍首相の主治医も、ビタミンD投与とか亜鉛補充とか、やってくれてると良いんですけど。。

みなさまもビタミンDと亜鉛で、よりよい状態の免疫でこの冬を乗り切りましょう~。

  

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【山梨開催!金丸文化学園主催】 10月17日(土)第7回 カチあるジュギョウ 『疲れない体を作るにはどうすればよい?』

【大人気ZOOMオンラインセミナー】 10月24日(土)身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」