免疫にはなぜ亜鉛が重要なのでしょうか?

「胸腺」(きょうせん)

「胸腺」

あまり聞きなれない臓器ですよね。
胸腺は免疫細胞の学校です。
文字通り胸のところにあります。

うちの勉強会である分子栄養学
実践講座に通う方であれば、
副腎疲労の病態を学ぶときに、
聞いたことがあると思います。

継続的なストレスを与えた
ラットは「胸腺」が萎縮し、
免疫が低下します。

そうです、「ストレス」という名前を
初めて医学用語として使った
ハンスセリエ先生の実験ですね。

胸腺は免疫細胞の学校です。

 

免疫細胞であるリンパ球には
B細胞とT細胞があります。

未熟なT細胞がちゃんと敵に
立ち向かえるよう、教育するのが
「胸腺」という組織なのです。

 

漫画「はたらく細胞」の第三巻に
ヘルパーT細胞とキラーT細胞が
胸腺学校で青春を過ごすシーン
があります。

免疫の仕組みは難しいのですが、
最初のとっかかりは漫画
『はたらく細胞』で学ぶのがよいですよ。

私はこの胸腺時代の話が好き。
なにせ胸腺学校はめちゃくちゃ厳しい。
ちゃんと合格して卒業出来る
リンパ球は全体のたった2%程度です!

胸腺学校の鬼教官。(^O^)

 

胸腺は非常に亜鉛の濃度が
高い臓器です。

亜鉛が欠乏すると胸腺が萎縮し
リンパ球が減少することが知られています。

亜鉛はT細胞の増殖に関与する酵素
プロテインキナーゼや、DNAポリメラーゼ、
RNAポリメラーゼといった酵素の
活性の中心ですから、亜鉛不足があると
免疫細胞の増殖がうまくいきません。

亜鉛が細胞性免疫に重要と言われる
理由の一つでもあります。

 

ちなみに、、フランス料理にある
「リー・ド・ボー」という料理は
仔牛の胸腺のことです。

白くてふわふわ。亜鉛がいっぱい
含まれている滋養食なんでしょうね。

ま、広尾のフレンチでも行かないと
食べる機会はございませが。

 

今日のポイントです。

💡 細胞性免疫には「亜鉛」が重要!

💡 亜鉛が不足すると胸腺が萎縮し
リンパ球が減少して免疫が低下する。

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

【オンラインZOOMセミナー!募集中!】 6月20日(土)身体が変わる、新しい栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』