メラトニンの抗炎症・抗酸化・免疫強化作用【コロナ関連まとめ】

メラトニンの抗炎症・抗酸化・免疫強化作用【コロナ関連の論文まとめ】

最近出たコロナ関係の論文で
メラトニンが目立ってるので、
お勉強したことをいったんまとめ

 

・メラトニンの抗炎症作用、抗酸化作用、免疫増強作用によって、間接的な抗ウイルス作用が期待できる。
・メラトニンは「Nrf2」をアップレギュレーションし、肺、心臓の細胞を保護し治療効果を期待できる。

COVID-19: Melatonin as a potential adjuvant treatment

 

・メラトニンはサイトカインストームを抑制する可能性が高い。
・コロナによって活性化したマクロファージ内では、PDHK(ピルビン酸脱水素酵素キナーゼ)が活性化するので、アセチルCoAが作られずメラトニンが作られない。メラトニンの抗炎症作用が期待できず、サイトカインストームが起きる。

Melatonin Inhibits COVID-19-induced Cytokine Storm by Reversing Aerobic Glycolysis in Immune Cells: A Mechanistic Analysis

 

メラトニンは脳内の松果体
というところから分泌される
睡眠のためのホルモンです。
夜になると眠たくなるのは、
メラトニンのおかげ。

でも実は全身の細胞内で
メラトニンは作られていて
そっちは安眠のためではなく、
抗炎症、抗酸化などさまざまな
生理作用を持って働いています。

 

細胞内でのメラトニンの工場は
ミトコンドリア内。
メラトニンを作りには
アセチルCoAが必要。

メラトニンの合成過程は、
トリプトファン
→5ヒドロキシトリプトファン
→Nアセチルセロトニン(NAS)
→メラトニン
概日リズムホルモン・メラトニン合成のレドックス制御機構

ピルビン酸から出来たアセチルCoA
を利用してNASからメラトニンが
作られる。

コロナ感染すると、
免疫細胞(マクロファージ)内では、
エネルギー産生が解糖系に偏るので、
メラトニン産生がストップする。

メラトニン不足で炎症に歯止めが
かからず、暴走して症状が悪化。

子供がコロナに感染しても
悪化しないのは、子供のほうが
メラトニン濃度が高いせいかも
という説もあるくらい。
(子供のメラトニンは大人の10倍)

 

メラトニンは「Nrf2」(読み ナーフツー)の
受容体を増やし、抗炎症、抗酸化を強める。
Nrf2は遺伝子の発現を調整するタンパク質
遺伝子レベルで抗酸化、抗炎症に働く
と言うことは、ビタミンCのように
外部補給するのとは作用点が違う分、
強力で永続的な効果が期待出来る。

 

コロナに関してのみならず、
さまざまな感染症やがんに対して、
メラトニンのポジティブな報告が
目立ちます。

メラトニンの経口摂取は
めだった副作用が無く安全性が
高いため、ヒトで使いやすい
ためだと思われます。

 

どれくらいの摂取量で
抗炎症作用が期待できるかというと、
1日あたり6mgのメラトニンを8週間
経口摂取すると、糖尿病の歯周病患者の
IL-6、TNF-α、CRPのレベルが
大幅に低下したとのこと。

Inflammatory Markers in Type 2 Diabetes Mellitus Patients With Chronic Periodontitis: A Double-Blind, Placebo-Controlled Trial

わりにしょぼい量でも
けっこうすごい結果です。
不眠に使う場合とさして大差ない。
(睡眠に効かせる場合は
寝る1、2時間前に3㎎~6㎎)

メラトニンを1日あたり1g、
1か月間継続した場合でも有害な報告は
なかったとのこと(ヒトでのテスト結果)

 

メラトニンに関しては以前も👇で書きました。

睡眠・抗酸化・抗がん・過食予防【メラトニンの作用まとめ】 | ビタミンアカデミー
メラトニンの作用(睡眠・抗酸化・抗がん・過食) メラトニンに関する195件の調査 (うち84件はヒト対象実験)を まとめたレビュー論文のメモ Melatonin and health: an umbrella review of health outcomes and biological mechanisms of action. メラトニンの作用は、 深部体温を下げ、血圧を下げ、副交感神経を優

 

時差ボケ用のマイメラトニン

Thorne Research, メラトン-5, 60カプセル

 

ゼン吉くんは要らんでしょ。
毎日よー寝てるし。
(ちなみに、、猫の場合は
脱毛の治療にメラトニンを
よく利用されるようです。)

 

海外旅行ではあんまり時差ボケしませんが、
(そもそも海外旅行するのもめったにない)
むしろ深夜に仕事し過ぎて睡眠のリズムが狂う
という、パワポ作業型の時差ボケでは、
たびたびメラトニンのお世話になってます。

風邪で高熱出した時とか
炎症で痛みがあって眠れない時とか
メラトニンは使えるかもしれない。
メラトニンの抗炎症・抗酸化効果に
引き続き注目してます。

 

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【ZOOMオンラインセミナー!募集中】 9月22日(祝・火)初心者におすすめ!身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」