ホテル「群来」~北海道の小さな町に立つホテルとその創業者オーナーに感動の旅

ホテル「群来」

北海道の江差という町にあるホテル
「群来(くき)」にいたく感動しました。

函館から車で1時間半、江差町は
人口8,000人足らずの小さな町。

かつてニシン漁で栄え、”群来”とは、
ニシンの大群で海の色が乳白色になる
現象のことを言うそうです。

以下ホテルの写真。

 

食事の素材はホテルオーナーが
自ら運営する農場で採れるもの、
近隣の漁港で採れるものに限定。

 

一歩外にでると3分でこの風景

 

門から入口までのアプローチ(動画)

 

この投稿をInstagramで見る

 

洗練されたセンス #江差旅庭群来

まごめじゅん(@magome_jun)がシェアした投稿 –

 

滞在も素晴らしい体験だったのですが、
実は、一番感動したのがホテル創業者の
棚田清さんのことでした。

 

ホテルオーナーの棚田清さん、
6つの会社を経営後、60歳でリタイア。

農業でのんびりしようと思っていた
ところに町からホテルの立ち上げを
依頼されます。

観光業は全くの未経験。
各地のホテルを泊まり歩き、
北海道大学大学院観光専攻課程に学び、
融資を集め、開業したのが65歳のとき。

ホテル群来はゼロ・エミッション、
レストランで出た生ごみは毎朝回収、
自身の農場で堆肥、飼料として使い、
創業以来生ごみはゼロ。

棚田さんは、10歳のときに精米機に
巻き込み事故で左腕を失っています。

 

 

私が長年の経営を通じて、心掛けていることは「他責」にしないということです。国の責任、経済の責任、誰々のせい・・などと言っても、何も変わりません。与えられた環境の中で「知恵」を絞り、人との「縁」を心から大切に思い、「逆境」を楽しむことです。(週刊ホテルレストラン2018年06月22日号)

 

あるレベルに到達する人の言葉は
シンプルで明快、心に響きます。

ホテル群来は、東京から見ると
真北です。厳選かけ流しのお湯が
各部屋にあり、常時入り放題。
方位取りに使えます。

海を眺め、自分の在り方を
深く見つめなおす、まさに
北の坎宮らしい静かな時間を
過ごせる宿です。

 

ホテル群来

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

【臨床分子栄養医学研究会主催】 お得な期間限定サービス 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」

【オンラインZOOMセミナー!募集中!】7月18日(土)身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』