【ゼラチン美容法】なんと肌の保水力が最高値を記録!(銀座ファンケルスクエア)

アトピー・乾燥肌だった私が肌保湿力で最高値を記録!

過去最高に肌の乾燥しない冬を過ごしています。40年以上生きてきてこんなこと初めてです!

先日、近所のお風呂屋へ行った際、化粧水を忘れたことに気付き、そのまま寒空の中、自転車で帰宅。
洗顔後、何もつけずに自転車で寒風にさらされても、ほとんど乾燥を感じませんでした。

数年前まで、洗顔後は、服を着るより早く化粧水をつけないと、カッピカピで笑えなかったので、自分でも驚き。

銀座ファンケルスクエアで「ハリ肌チェック」

現時点での肌の水分量がどれくらいなのか知りたくなり、銀座のファンケルスクエア「5F ファンケル 未来肌研究室」で測定してもらいました。

保水力計測と角質をテープでペリッと剥がし、専用の機器でバイオマーカーチェック。
所要時間は30分程度、結果は後日郵送で送られてきます。

水分保持力が、なんと 604!
450 で「とてもうるおい」なのですが、大きく振り切ってました!!
汗に反応してるのかな?と、アルコールで拭き取って、再度計測しなおしてみる事態にw
人生でこんなこと初めてだよ・・(涙涙

抗酸化力は、レベル 5
生まれ変わり力は、レベル 2 で、平均値より低という結果に。

抗酸化力は「抗酸化タンパク質量」、生まれ変わり力は「角質代謝の酵素タンパク量」を計測しているらしいです。

抗酸化力は、今年から倍量に増やしたビタミンCのおかげなのか??

角質代謝は、平均値を下回ってしまいました。
まあ年齢も年齢なので仕方ないかw
代謝ダウンの一番の原因は運動不足らしいです。
ジム回数増やさねば。

広告

ゼラチン美容法

去年と今年、何が違うのかというと、以下の2点です。

・ゼラチンを毎日 5g~10g/1日
・ビタミンCを倍に増量 5,000mg~6,000mg/1日

ゼラチンは、昨年11月に、ヨガで傷めた右肩甲骨の回復のために始めました。
肌が乾燥しなくなったのは、想定外の副産物でした↓

『ゼラチン』摂取がスポーツによる骨格筋損傷の回復に効果的
骨格筋損傷の回復にゼラチンが効果的な件 先月初め、トレーニングで右肩甲骨を負傷、3日間、寝たきりになりました。 レントゲンに写るような異常はなく、たぶん筋損傷だったのかと。 何してても痛い、食べることも億劫、 プロテインは胃に重いし、アミノ酸ばかり飲むわけにもいかず、何かタンパク質摂取を効果的に増やせるものは?と考えて、粉ゼラチン食べてました。笑 まじめな話、ゼラチンは骨格筋損傷の予防・回復に効果的らしいです。 Vitamin C-enriched gelatin supplementation before intermittent activity augments collagen synthesis. この論文、実験の内容なんですが、ビタミンCを強化したゼラチンを、8名の健康な成人男性に摂取してもらい、その後縄跳びでトレーニング、 数時間おきに血液検査、また培養した人工靭帯でも調査(ダイジェスト版はざっくり、全文は有料なんで詳細は不明) 結果、コラーゲン合成に関連するアミノ酸の血中濃度が上昇、研究室で培養した人工靭帯の機能は改善、ゼラチン(+ビタミンC)は、怪我の予防と組織修復に有益であるという結論付けてます。 これだと、たった8名だし、健康な成人アスリート男の消化力と、自分の消化力が同じとも思えないのですが、 自分の身体で、数週間ゼラチン作戦を実行してみた結果、 肌はめちゃくちゃ調子良い! トレーニング後の筋肉の張りも良い感じ! 歯医者では「おおー、歯茎の回復が早いねー、まだ若いじゃーん」(先生はノリが軽い) てな感じで、プロテインよりかなり気に入ってます。 ゼラチンとコラーゲンの違いって何よ? 結論から言うと「ほぼ同じ」、状態によって呼び名が違うだけ 生体内に存在する生の状態が「コラーゲン」 熱処理などを施し、生の「コラーゲン」から抽出、分子量を少し小さくしたものが「ゼラチン」 例えば、、お魚に含まれるのは「コラーゲン」で、その煮汁は「ゼラチン」含有。 再度冷却されると、架橋構造が戻るので、固まって煮こごり(=コラーゲン)になります。 分子の大きさは、コラーゲンが30万、ゼラチンが10万 胃腸で消化されて分子が小さくなると、「コラーゲンペプチド」になり、最終的にはアミノ酸になります。 コラーゲン(分子量300,000) ↓ ゼラチン(分子量100

ほぼ毎日、ハーブティやレモンティーに、ゼラチン5gを溶かして飲んでいます。

注意点は、かならずビタミンCも合わせて摂ることです。
「同時に」摂る必要はありません。

ゼラチン(コラーゲン)は小腸で吸収されたあと、25~50時間かけて、全身を巡ります。
ビタミンCは、5~6時間で、血中濃度が低下します。

コラーゲンが再合成される際に、近くにあるビタミンCを使いますので、ビタミンCはこまめに摂取(6時間おき)、常に血中濃度を保っておく必要があります。

 

以前は、1日3,000~4,000mgのビタミンCでしたが、それだと風邪をひきそうになったり、なんとなく不足する気がして、今は6,000mg以上に増量しました。
寒さを感じる(ストレス)時は、副腎がダメージを受けるので、さらに増量しています。

タブレットからカプセルに変更して、さらに効果が上がったような気がする。
ルテイン入りなので、花粉症・リーキーガット対策としても必須。

Now Foods, C-1000、250ベジキャップ

 

ビタミンCの必要量は、個々人の抗酸化力によって大きく違いますので、自分に合った量を見つけるのが大切だと思います↓

『尿酸』はスーパーアンチオキシダント!自分の身体の抗酸化力を知る方法
『尿酸』は強力な抗酸化物質 健康診断で、高いと注意信号となる「尿酸値」 痛風の原因になるので、いわゆる中年おっさん層が気にする数値だが、実は、低い場合は「抗酸化力が低い」ことを暗示していることが多い。 尿酸は、痛風の原因物質というより、強力な自家製「抗酸化物質」として、細胞を酸化ストレスから守るという役目がある。 むしろこれが本来のお仕事。 人間以外の動物は、抗酸化物質のビタミンCを体内合成できる。 なので動物は尿酸値が低い。 人間も、太古の昔はビタミンCを自家合成していたそうだ。 しかしある日、 『我が社の抗酸化作業だけど、尿酸君の効率が素晴らしいね〜』 『よし、今後は尿酸君を正社員にしよう。ビタミンCちゃんは明日から派遣社員ね、外注要員だからよろしく〜』 てな感じで、我々の祖先が進化のタイミングでDNAを変更したらしい 低尿酸値はタンパク質不足を暗示 尿酸は、タンパク質を原料に作られるので、低い数値は、そのままタンパク質不足を暗示します。 食事によって影響される尿酸はたった2割です。 残りの8割は、身体の中で、タンパク質を原料に作られています。 「ガッテン!」でもやってましたね。 プリン体じゃなかった!尿酸値を下げる秘策SP 元々、我々の身体には、抗酸化物質を自分で作る能力が備わっています。 尿酸はその代表選手で、その他、メタロチオネイン、グルタチオンなど、 どれもタンパク質を原料に作られる非常に強力な抗酸化物質です。 ですので、タンパク質不足の暗示は、イコール「抗酸化力の低下」を意味します。 健康診断で知る自分の抗酸化力 尿酸値は、一般的な健康診断で必ず計測されるので、モニターしやすいですね。 夫と私の尿酸値を比較すると、ここ数年、だいたいこんな感じ 夫 5.6 ~ 5.9 私 3.5 ~ 3.9 その他の項目(例えばAlb、BUN、TP)を見ても、私のほうがタンパク質不足が顕著です。 一般的に女性のほうが低めの数値がでますが、それを差し引いても、私の身体は夫より、抗酸化力が低いスペックと判断されます。 実際、間接ビリルビンや赤血球の数値を見ても、私のほうが酸化ストレスが強いことが診て取れますので、全体所見としても一致。 栄養療法的には、女性でも4以上は欲しいところ。 夫の場合、ビタミンCは1日に1,000mg ~ 2,000mg

肌の保湿力は化粧品ではない!

改めて思いましたけど、肌の保水力って、化粧品の質ではないと確信しております。
むしろ、高価な化粧品で、与えれば与えるほど保湿力は低下するような気がする。

今のスキンケアは、朝も夜も、このパックスナチュロン化粧水1本だけ。
クリームも乳液もなしです。

 

あと、泡洗顔をしないこと。
これも乾燥肌対策には超重要だと思う。

洗顔剤のルナレーナについては、こちらでご紹介しましたので、ご参考ください。
男性にもオススメです↓

アトピー・乾燥肌を完全克服した3つの方法【冬のスキンケアまとめ】
アトピー・乾燥肌を完全克服した冬のスキンケア方法 今年(2017年)、年女です。 36歳じゃなくて、48歳のほう(悲) 自分でもびっくりです、汗 もともと分子栄養学(その前は、マクロビオティック、ローフードダイエット)など、食事に興味を持つようになったのは、汚肌をなんとかしたい、という切実な悩みからでした。 アトピーで冬は首がカサカサ、タートルネックが着れない。 風呂上がりはカピカピの乾燥肌なのに、ニキビだらけ。 化粧品カウンターでは、おきまりの「インナードライ」宣告を受け、高い化粧品に無駄使い。 元が「汚肌」だったので、こうしてブログで紹介するのに チョモランマのような高いマインドブロックがあるわけですが、 最近は 「40代に見えません」とか 「本当にアトピーだったんですか?」とか 嬉しい言葉を聞くことが多くなりました。 何も特別なことはなく、風呂上がりは化粧水(パックスナチュロン)だけです。 クリームも乳液もなし。 この寒い季節でも、肌は全く乾燥しません。 目尻のシワもなし、拡大鏡でキメもちゃんと見える。 48歳にもなって、それでいいのか!?と軽く悩みますが、 それが一番調子良いのだから仕方ない。 昨年までは、冬のみアムリターラの保湿剤(←すごく良い保湿剤です)を使っておりましたが、 今年になってから、それさえもリストラしました。 で、ここまで来るのに、なんだかんだで10年くらいかかりました。 その方法をまとめます。 その1 顔を洗わない 正しくは「泡洗顔」をしない、ですね。 (わざとキャッチーなタイトルにしましたw) では、何を使って洗顔しているのかというと、クレイ(カオリン)です。 いろいろ商品が出てますが、私がずっとリピートしているは「ルナレーナ」 カオリンの主成分はケイ酸塩で、つまり「ケイ素」 ケイ素は汚れを吸着する性質があります なめらかなピーリング効果と高い吸着力を利用して、洗顔料として使用されてます。 ちなみに、ケイ素の英語名は「シリカ」 シリカゲルはケイ素の吸着力を利用した乾燥剤ですね ナチュラルを追求していた頃は、モンモリモナイトのガスールで、手作り洗顔剤を作っておりましたが、やはり面倒。 粘土として、カオリンのほうが、肌に低刺激ですし、使いやすい。 パラベンの使用は無視です。 ルナレーナ フレッシュアップ(普通・脂性肌用)

肌は内側からの栄養ケアが9割

アトピー肌でした。と言うと
「うそーん、もともと綺麗だったんでしょ」
と言われるのですが、
一昨年の手荒れの写真が出てきたので載せときます(サムネです)

こんな感じで、常に象さんの皮膚のようにウロコ状のカピカピで、冬は流血してました。

喉元過ぎればナントカで、
自分でもこの時代を忘れておりました。

今、同じ部分(右手)を撮ってみました。
皮膚科に通ってステロイド漬けだったのが自分でも信じらんない。

 

肌は、脱ケミなど、化粧品に気をつけるのも効果的ですが、内側からの栄養ケアのほうが大事だなというのが実感です。

なにせ肌が弱いので、精神的なストレスがあれば、今後ダメージが復活することもあると思います。

胃腸が荒れると、栄養の吸収が悪くなるので、ゼラチン入れても無駄だし、
ビタミンC始め、栄養補給しても使える身体じゃないと意味ないですし。

ゼラチンはかなり気に入ってます。
簡単だし、プロテインの苦手な私にはタンパク補給源としてもちょうど良い。

腸の4Rをベースにしたお腹ケアをしつつ、ゼラチン+ビタミンCは今後も継続です。

 

 

 

 

【お知らせ】セミナー・イベント開催情報

 

▼栄養学も学べる料理塾です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA