血清亜鉛は採血した時間によって変動します【血液データの読み方】

血清亜鉛の読み方

亜鉛不足を判断する血清亜鉛。

健康診断で血清亜鉛のデータを
取ることはまずありませんが、
分子栄養学的にはかなり重要なので
必ずデータを取ります。

95~100程度を目安(健康値)
としています。

 

が!しかし。

血清亜鉛には日内変動があるので、
採血の時間を必ず確認します。

血清亜鉛は午前中は高く、
午後にかけて低くなり、およそ
20~30程度低下します

 

例えば、このような例。
30代女性のデータです。
亜鉛が低くて一瞬ドキっとします。

 

ところが、採血時間を確認すると
ランチ後の3時間ほど経った
午後四時くらいだったとのこと。

時間帯的には血清亜鉛が最も
低下する時間帯です。

また、血清亜鉛は空腹時に上昇し、
食後2,3時間後に20%ほど低下する

という特徴があります。

このデータは血清亜鉛が一番低い
タイミングで採血されたもの
と判断されます。

 

この方の場合、
日内変動分を考慮し2割増しで
判断したとしても90には届かないので、
どっちにしても亜鉛不足なのはなのですが、

もし数値だけで判断して、
亜鉛サプリメントをメガ盛りすれば、
銅や鉄と拮抗するので
他のミネラルに影響が出ます。

 

ちなみに、血清銅は亜鉛と違って
日内変動がほとんどありません

この方の場合、血清銅87とかなり低いので
造血やカンジダ等を疑います。

 

溶血があれば血清亜鉛は上昇する

溶血(赤血球が寿命を迎えずに壊れる現象)
があれば、血清亜鉛は上昇します。

血液中の亜鉛のおよぼ80%が
赤血球内の亜鉛だからです。

残り20%の亜鉛はアルブミンと
結合しています。

例えば、亜鉛が95と理想値であっても、
溶血の所見があればそれは亜鉛不足
と判断されます。

 

血清亜鉛は血清銅とのバランスが重要です。

だいたい同じくらいが望ましいです。

銅過剰はカテコールアミン系過剰
の方の特徴ですね。

銅過剰だと、キレやすい、感情的、
攻撃的になりやすいと推測します。
これ分子栄養学の基本のキ。

攻撃的・衝動的な人の栄養状態とは?【銅と亜鉛のアンバランスが起こる時】 | ビタミンアカデミー
攻撃的な人は銅過剰と亜鉛不足 間欠性爆発障害という心の病気があります。 些細な事がきっかけで怒りが爆発してしまう衝動を抑えることができない心の病気です。 攻撃的な人、衝動的な人、そういった時、脳内では何が起こっているのでしょうか? 分子栄養学の側面からは、銅と亜鉛のアンバランスが起こっていると推測します。 脳内伝達物質と銅・亜鉛の関係 栄養で精神の病を治療する方法を確率したのはウィリアム・ウォルシ

血清亜鉛は、日中のどのタイミングで
採血したのか?を確認しなければ
見誤ることになります。

「血清亜鉛は日内変動が激しい」
と覚えましょう!

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【ZOOMオンラインセミナー!募集中】 9月22日(祝・火)初心者におすすめ!身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」