豚骨ボーンブロスを作るならAKR Food Companyの「ボーンミックス」が便利

広告

AKR Food Companyの「ボーンミックス」

ボーンブロス作るのに便利ですよと、クライアントさまに教えていただきました。

AKR Food Companyの「ボーンミックス」です。

鹿児島県産黒豚と鹿児島県産黒さつま鶏の骨が砕いてあり、下茹でが済んでいるので水から煮出すだけで美味しいボーンブロスが出来ます。

 

一袋に500gの砕いた豚骨、鶏の骨が入っています。

一袋525円で、2リットルのお水で2時間コトコト弱火で煮出します。

 

私はいつも2リットル以上の水から煮出して多めに作るのですが、それでも十分濃厚なスープが取れます。

注意すべきは、2リットルの水と500gの砕いた骨が一度に入る鍋が必要です。けっこう大きいですよ。

私が持っているお鍋の中で一番大きな鍋でもいっぱいになりました。

 

出来上がったスープはタッパーに入れて冷蔵庫へ。

プルンプルンのコラーゲンたっぷり。これぞ本物の豚骨スープ!

 

上澄みの白いラードは炒め物に使って、スープはぬちまーすだけで味をつけてもよいし、料理のベースにも使えます。

先日、残った少量のスープを汁気多めの麻婆豆腐にしたら、絶品麻婆豆腐になりました。アタリマエか。

 

ボーンブロスっていえばお洒落ですが、お味は豚骨スープなんですけどね。

でもその辺のラーメン屋の豚骨スープと一緒にしてはいけません。

 

ラーメンは塩分もきついし、味も濃厚な代わりに添加物も濃厚。

混ざりモノ無しの本物の豚骨スープなんて、市販では絶対お目にかかれません。

 

それが手軽におうちで作れますので、たいへん良い商品だと思いました。

私はこのスープにキムチを入れて、切りごまをトッピング、キムチスープにするのがお気に入りです。

あっさりしているのに、酸味とコクでパンチがあります。朝ごはんにこれを飲むとシャキッとします。

 

冷凍便しか使えませんので、少量注文だと送料負けしますが、

冷凍保存可能ですし、ご近所さん同士やお友達同士でバルク購入すればよいと思います。

 

ボーンブロスの良さは何と言っても消化管の修復効果です。

どんなサプリメントも効かない人が、ボーンブロスを毎日飲んでたら体調上がってきたというのはよくあります。

夜間低血糖を起こして睡眠の質が悪い方は、寝る前にカップ一杯のボーンブロスを飲むと、血糖値が安定します。(実際に血糖値を測定して実験済みです)

良質の動物性タンパク質のスープは、身体に負担なく疲労を癒してくれます。

ボーンブロススープを飲む習慣、ぜひ日常に取り入れてくださいね。

 

鹿児島県産 黒豚&黒さつま鶏  ボーンミックス 500g入

 

現在募集中のセミナー情報


現在確定している講演予定は以下となっております。

セミナー、講師依頼は「お問い合わせ」よりお願いいたします


8月22日(木) 東京開催【KRD日本橋提供】 食からキレイになりたい方 必見!美魔女のつくり方細胞レベルで美しくなる~

8月23日(金) 東京開催【KRD日本橋提供】 デキる男の秘訣を学ぶ~その筋トレ、糖質制限ムダじゃない?~

9月5日(木) 東京開催【募集中!】 たんぱく質の消化・代謝・合成まるわかり講座

9月18日(水) 東京開催【募集中!】 はじめての分子栄養学~その不調の原因は? 血液データから読み取る!あなたに不足している栄養素~

KRD Nihombashi Studio主催のセミナー情報はこちら →からだの「その先」を読むために

(株)BeOrganic主催のセミナー情報はこちら →まごめじゅんの分子栄養学入門講座

豚骨ボーンブロスを作るならAKR Food Companyの「ボーンミックス」が便利” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 影山 より:

    お聞きしたいのですが、ボーンブロスとボーンブロスプロテインは違うのでしょうか?
    アミノ酸と同様にボーンブロスプロテインは消化酵素を必要としないのでしょうか?

    1. Jun より:

      お返事が遅くなりすみません。
      ボーンブロスプロテインについては調べたことがないので分かりません。
      ただあまりタンパク含有量は多くないと伺いました。

      消化酵素サプリメントですが、よほど膵臓機能が弱っていない限りボーンブロスのための消化酵素は別途必要なことはないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください