胆汁酸分泌不全の兆候

胆汁酸分泌不全の兆候

まごめじゅん

胆汁酸がうまく分泌できていない症状の方が多いようです。

分子栄養学実践講座の講義で、胆汁酸分泌不全を疑う初期の症状についてのお話がありました。

胆汁酸分泌不全の兆候は、以下。

脂肪肝、低血糖症、SIBO、肥満などの原因に

これ以外にも、例えば、低血糖症、脂肪肝、SIBO、肥満などなど

あらゆる症状に胆汁酸分泌不全が関係しております。

  

LDLコレステロールの8割以上が胆汁酸に変換されます。

胆汁が回せないと、肝臓で胆汁になりそこなったLDLコレステロールが肝臓に溜まり、脂肪肝へ。

脂肪肝があれば、夜間低血糖へ。そして睡眠の質が低下。

睡眠の質が低下すれば、朝ごはんが食べられないので食事の回数が減る。

ますます腸が蠕動運動を起こす機会が減少し、胆汁分泌が低下。以下ループ。

  

胆汁は消化管で殺菌の効果もあります。

胆汁分泌不全だと、腸内細菌叢の乱れ、ディスバイオーシス。そしてSIBOへ。

  

胆汁は褐色脂肪細胞を増やし、エネルギー代謝を上げます

胆汁酸分泌不全だと太るんです。

胆汁酸分泌を改善するには?

胆汁分泌を円滑にするには、

  1. 規則正しい食事(食事を抜くと胆汁がうっ滞する)
  2. 運動(腸の蠕動運動にプラス)
  3. リラックス(胆汁を分泌する括約筋は副交感神経支配)
  4. 水溶性食物繊維(特に舞茸のβグルカン)
  5. タウリン(帆立、タコ、イカなどの食品)

リモートワークが胆汁酸分泌に悪影響?

コロナの影響でリモートワークが定着しました。

通勤のストレスからは解法されたけど、運動不足になって、食事も抜きがち。

実はこのライフスタイル、胆汁酸分泌には最悪なのです。ご注意ください。

  

胆汁酸については以下の記事もご参考ください。

   

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【山梨開催!金丸文化学園主催】 10月17日(土)第7回 カチあるジュギョウ 『疲れない体を作るにはどうすればよい?』

【大人気ZOOMオンラインセミナー】 10月24日(土)身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」