【胆汁酸ダイエット】胆汁酸でなぜ痩せるのか?

胆汁酸でなぜ痩せるのか?

医学的にはあんま重要視されてないけど、
栄養療法的には分泌量があるかどうか
存在感の大きいものベスト3
(注・個人の主観です)

① 胃酸
② 胆汁酸
③ コルチゾール

 

1位の胃酸は、病気の状態だと、
出過ぎることばかりが問題視されるが、
栄養的には出ないことの方が問題。
栄養の吸収が悪くなっちゃうからね。

3位のコルチゾールは、
副腎疲労ではメインキャスト、
こやつの存在感半端ねえ。

今日は2位の胆汁酸のおハナシ。

 

病気を観点にすると、存在感どころか、
何の役目があるのか?みたいな扱いで
胆汁酸はかわいそうなんだけど、
健康を観点にすると、とても重要です。

胆汁酸がいなければ、脂質栄養の
消化吸収がうまくいかないばかりか、
解毒にも影響がでます。

 

胆汁酸まとめ。
(まごめのセミナー資料より)

 

胆汁酸の消化と解毒の役目は
よく知られてますが、実は
地味にダイエット効果があるので
その点をちょっとメモ

胆汁酸でなぜ痩せるのか?

細胞の胆汁酸の受容体を
TGR5といいます。

腸のTGR5が活性化すると、
インクレチンGLP-1分泌され、
膵臓でのインスリン分泌がONになる。

つまり血糖値を上げ過ぎないし
満腹感も得られるから、
食べすぎを防いで糖尿病も
予防するということ。

 

胆汁酸は90%以上が小腸で
再吸収されて、肝臓へと戻ります。
いわゆる「腸肝循環」

このとき、胆汁酸が血中に入り、
骨格筋のTGR5を刺激、胆汁酸は
骨格筋を増やす作用があります。

The exercise-inducible bile acid receptor Tgr5 improves skeletal muscle function in mice.

マウスの実験ですけど、
腸から再吸収されて血中に入った
胆汁酸か、骨格筋を増やして
褐色脂肪細胞まで増やしてます。

つまり、胆汁酸が良く出ると
痩せ体質になれる!

脂質の栄養素、ビタミンAとか
ビタミンEとかコレステロールとか
お肌を綺麗にするビタミンやら
栄養素が吸収されるのも
胆汁酸があってこそ。

胆汁酸美人という言葉を
はやらせたいですね。

 

今日のまとめ

・胆汁酸は骨格筋を増やす
・胆汁酸はインスリン分泌を促す
・胆汁酸は食べすぎを防ぐ

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【ZOOMオンラインセミナー!募集中】 9月22日(祝・火)初心者におすすめ!身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」