【採血データの読み方】亜鉛の値は溶血で上昇します

血清亜鉛の値は溶血で上昇します

昨日は実践講座の日、
午後はいつものように症例検討会、

前回の症例検討会も
そうだったのですが、
溶血があると血清亜鉛が
マスキングされるということ、
以外に知らない人が多いので
記事にします。

赤血球の中に亜鉛がたくさんあるよ!

血液中の亜鉛の約8割は
赤血球の中に存在します。

残り2割の亜鉛が血清中に
存在しており、採血データで
見ている「血清亜鉛」の値は
この血清中の亜鉛です。

 

溶血とは、赤血球が120日の
寿命を迎える前に早く壊れる
現象です。

原因は、採血時の衝撃てことも
あるけど、間接ビリルビンや
網赤血球が上昇しているときは
酸化ストレスが主な原因です。

赤血球て、核もミトコンドリアも
持たないので、抗酸化酵素を
量産することが出来ませんから、
膜のクオリティが命なのです。

つまり栄養状態の良し悪しが
出やすい部分。

参考記事はこの辺読んで↓

ランニングする人が注意したい溶血 | ビタミンアカデミー
スポーツする人に起こりやすい溶血性貧血 一口に貧血と言ってもいろいろあります。 例えば、、 30代、男性、マラソン好きの方のデータです。 ご覧のとおり、一般的な基準で判断すれば、 血色素(ヘモグロビン・Hgb)も15以上 ヘマトクリット(Ht)46以上。 男性らしい、なかなか立派な数値です。 ところが、この方、 赤血球にある問題があります。 それは・・・・、 赤血球が壊れる「溶血」とは? 実はこの

溶血があると、赤血球中の
亜鉛が漏れ出すので、
血清亜鉛の値が上昇します。

溶血があるときに、血清亜鉛の値が
ほどほどに高いのを見て、
「よし、亜鉛はオッケー」
などの判断をするのは時期尚早。

 

例えば、こちらのお方、

血清亜鉛の値が85です。

「亜鉛はまあまあいい感じですね~」
と言われたら、

「節子、それ亜鉛ちゃう、溶血や」
と返してください。

間接ビリルビンも網赤血球もアゲアゲ~♪

血清亜鉛は正しく読むのが難しいデータ

血清亜鉛には、日内変動もあります。
午前と午後では2割くらいデータが
変わるので注意が必要。

採血時間は必ず確認します。

詳しくはここ読んでお勉強を↓

血清亜鉛は採血した時間によって変動します【血液データの読み方】 | ビタミンアカデミー
血清亜鉛の読み方 亜鉛不足を判断する血清亜鉛。 健康診断で血清亜鉛のデータを 取ることはまずありませんが、 分子栄養学的にはかなり重要なので 必ずデータを取ります。 95~100程度を目安(健康値) としています。 が!しかし。 血清亜鉛には日内変動があるので、 採血の時間を必ず確認します。 血清亜鉛は午前中は高く、 午後にかけて低くなり、およそ 20~30程度低下します。 例えば、このような例。

血清亜鉛って重要なんですが、
読むのに注意点の必要なデータなので、
亜鉛不足はALPと症状、その方の
状況(成長期、怪我、手術、妊娠期など)
から判断するのがベターです。

 

今日のまとめ

  • 血清亜鉛は溶血があると
    マスキングされる(上昇する)

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【大人気ZOOMオンラインセミナー】 12月19日(土)身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」