ビタミンB12が欠乏すると色黒になる

ビタミンB12が欠乏すると色黒になる

ビタミンB12が欠乏すると
色黒になるという機序があったのでメモ。

ビタミンB12が不足すると
グルタチオンが低下する。

グルタチオンが低下すると
メラニン色素を作る酵素である
チロシナーゼが活性上昇する
In vitroで130%以上の
チロシナーゼ上昇。

メラニンの輸送も障害される
結果、色素沈着になるとのこと。

Vitamin B12 Deficiency Induces Imbalance in Melanocytes Homeostasis—A Cellular Basis of Hypocobalaminemia Pigmentary Manifestations

グルタチオンとビタミンB12の関係

グルタチオンはビタミンB12を
保護する働きがある。

A new role for glutathione: protection of vitamin B12 from depletion by xenobiotics.

 

ご存じ、グルタチオンとは、
美白の効果もある抗酸化力の
強いタンパク質の一種。
グルタチオンが低下すると
メラニン色素が濃くなる。

夏の日焼け対策【グルタチオンの美白・メラニン抑制効果】 | ビタミンアカデミー
夏の日焼け対策 パリとイタリア3都市、 ずっと外を歩きまわっていましたので バッチリ日焼けしました。 時計(Fitbit charge2)の後がくっきり。 これだけ日焼けしたのは何年ぶりかな。 日焼け後のケアといえば ビタミンCが最強です。 顔用にはビタミンCの原末を 化粧水に溶かしてローションパックします。 来年いよいよ50歳ですが、 顔の肝斑とシミは薄くなりました(↓) 今回は身体が結構日焼け

アジソン病かと思ったらビタミンB12不足だった

他にもビタミンB12不足だと
色黒になるという報告はあって、
アジソン病かと思ったら
ビタミンB12不足だった
という例もある。

※アジソン病は副腎機能が
低下する病気。全体的に
色素沈着するのでシミが増え、
黒皮症のような見た目になる。

Pigmentation in vitamin B12 deficiency masquerading Addison’s pigmentation: A rare presentation

 

肌の色を決める栄養的な要素

先日、カラー診断の先生と
「肌の色」を決める要素について雑談。

私が想像するに、、
イエローベースだと
赤血球の膜が弱く(VE不足?)
溶血があってビリルビンの色が
肌や目に出ているのではないかと。

あとはビタミンAの利用障害とかも。
カロテノイドがレチノールに
未変換だと色素は肌の色に出る。

【ビタミンA】手のひらが黄色いのはタンパク質不足かも | ビタミンアカデミー
ミカンを食べて肌が黄色くなるのはタンパク質不足 時々、妙に肌の色が黄色い人がいます。 タンパク質不足でカロテノイドの色が出ちゃってる人です。 カロテノイドは、レチノール(ビタミンA)に変換されます。 変換されたビタミンAは、いったん肝臓に蓄えられ、そこから必要に応じて身体の各部位に運ばれます。 この時、ビタミンAを運搬するのが、 RBP(レチノール・バインディング・プロテイン)、日本語で「レチノー

 

ブルーベースは、逆に
血色素の低下かもしれない。
ヘモグロビンが少なければ、
動脈血ではなく、静脈血の
色の方が肌に出ているのかも。

 

日焼けもしないのに、色黒で
全体的に黒っぽいのは
ビタミンB12の不足かも?
というのが今日の情報。

たしかに、マクロビオティックなど
長年、菜食主義的な食事を
していた方の肌の色は全体的に
黒っぽい印象であることが多い。

(植物性食品にはビタミンB12は
ほとんど含まれないため、
ベジタリアンが最も注意しなければ
ならないのがビタミンB12不足)

 

人の見た目を栄養状態で
どの程度プロファイルできるか?
そんな論文どこかに転がってないかなあ。
(自分で書く気?ありません。笑)

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

【オンラインZOOMセミナー!募集中!】 6月20日(土)身体が変わる、新しい栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』