X脚、O脚はあの栄養素の不足では?

広告

東日本大震災のあと「くる病(ビタミンD不足)」が増えた理由

東日本大震災後に「くる病」発症
のレポートを興味深く読みました。

東日本大震災と福島第一原発事故を契機にビタミンD欠乏と日光曝露不足により発症したビタミンD欠乏性くる病の1例

 

くる病ビタミンDの不足でおこります。

ビタミンDは紫外線に当たることによって
皮下で合成されるビタミンです。

 

17世紀のヨーロッパで
急激な工業化社会への変貌により
都会では、大気汚染などの影響で
日照時間が極端に減少。

手足の骨や背骨が変形し、
歩行が困難になる「くる病」
流行しました。

 

「ノートルダムの鐘」というディズニー映画に
背中の曲がった男が出てきます。
「セムシオトコ」と呼ばれた彼の病気は
くる病だったのでは?と言われています。

 

その昔、ビタミンD不足はわりと
よくある病気だったのですが、
現代の日本でも実は増えている
と言われています。

 

上記のレポートの例ですが、
くる病発症の理由は、おそらく以下2点でしょう。

 

① 震災の影響で、原発事故の悪影響を心配して
外で遊ばせなくなった
(日光浴によるビタミンD合成が減少した)

② 同じく原発事故の影響による海洋汚染を心配して、
海産物を食べさせなくなった。
(ビタミンDの供給源となる魚を食べなくなった)

 

広告

ビタミンDは脂溶性のビタミンです。

鮭、イワシ、秋刀魚など、
魚の脂に多く含まれています。

(同じ脂質でも牛、豚、鶏には
ほとんど含まれていません。
なぜ海洋性生物にビタミンDが多いのか
生物学的な進化の背景が何かあるのかもしれません)

 

日本は南北に長い国です。
南の日照時間の多い九州や、本州の南は
日光浴する機会にも恵まれます。

反対に、北海道や東北は
日照時間が短くなりますが、
ビタミンDを含むお魚の産地です。

 

魚の中では、鮭、秋刀魚など
北海道から東北にかけてよく取れる魚に
ビタミンDは多く含まれます。
南の九州や四国で取れるサバや太刀魚なんかに
比べるとすごく多いです。

 

地産地消で栄養素が賄えるように
自然の摂理はうまく出来ているなと
感心する事実です。

とはいえ、東北・北海道の方が
ビタミンD不足ではないとは全く言えません。

現代では、地産地消とは言えない食生活です。
日本人全体が、お魚を食べなくなったので
全国どこへ住もうとビタミンD不足は深刻です。

 

ビタミンDについては、過去にも
たくさん記事をアップしてきました。
私はビタミンDマニア、ビタミンD大好き♪

 

細胞の分化に関するビタミンDとか↓

子宮筋腫・子宮内膜症とビタミンD | ビタミンアカデミー
子宮筋腫・子宮内膜症とビタミンD 子宮内膜症や子宮筋腫の原因となる 栄養的な背景って何だろう?と ずっと考え続けていたのですが、 一つのヒントになりそうなのが 「細胞の分化」です。 細胞の分化とは? 細胞の中には 遺伝情報の入った遺伝子があります。 身体中すべての細胞は 実は同じ遺伝子をもっています。 だけど、肝臓の細胞は ちゃんと肝臓の細胞になる。 消化管の細胞は ちゃんと消化管の細胞になります

 

ビタミンDとマグネシウムとか↓

ビタミンDの恩恵を受けられる人と弊害が出る人の違い | ビタミンアカデミー
マグネシウム不足があればビタミンDサプリは危険 花粉症、アレルギーにはビタミンDと一般の方にも広まってきてたいへん好ましいです。 去年の記事(↓) ワタシもずっとビタミンDユーザです。あれほどひどかった花粉症もほぼ克服。 夫が風邪をひいても私にはうつらないなど免疫系全般が向上しているのを実感しております。 何かにつけてお勧めできるビタミンDですが、1つだけ注意点があります。 サプリメントでビタミン

 

一押しはビタミンDの免疫への作用

【ビタミンD】風邪で欠勤・欠席しがちな人はビタミンD不足というデータ | ビタミンアカデミー
血中ビタミンD濃度が低いと欠勤率が高い フィンランド軍の男性800名を対象に、血中ビタミンD濃度と呼吸器感染症の関連を調べた調査結果です。 血中ビタミンD濃度が低い男性は呼吸器疾患による欠勤日が多かったそうです。 An association of serum vitamin D concentrations < 40 nmol/L with acute respiratory tract

 

 

ビタミンDの不足のくる病ですが、
その症状は脚の変形です。

手持ちの症例ビジュアルブックによる
ビタミンD不足(くる病)のイラスト↓

 

ところで、、

80年代のアイドルは、X脚かO脚と
相場は決まっておりました。

あれってもしかしたら、、
「ビタミンD不足だったんじゃあ??」
とマニアな私は想像してしまうわけです。

 

壊血病は無くなりました。
けれどビタミンC不足の人はたくさんいます。

くる病も少なくなったとはいえ、
ビタミンD不足の人は非常に多いです。

 

例えば、
ぶつけてすぐアザ(皮下出血)がおきたり
歯茎から血が出る(毛細血管の脆弱化)
はビタミンC不足でおこるので「プチ壊血病」
と言い換えることも出来ます。

 

成長過程でビタミンD不足が起これば、
脚がX脚に変形したり、O脚になったり、
これも「プチくる病」と言い換えることが
出来るのではないかと思います。

 

アイドルのミニスカートを見て、
ビタミンDの過不足を推測する
それがマニアというものです。

今日は以上です。

 

現在募集中のセミナー情報


現在確定している講演予定は以下となっております。

セミナー、講師依頼は「お問い合わせ」よりお願いいたします


10月17日~31日 東京・複数回開催!【KRD日本橋提供】 KRD日本橋提供【本物の健康マネジメントができるようになる!健康なカラダになる基礎知識:栄養学×体メカニズム】

9月29日(日) 東京開催【募集中!】 間違いだらけのサプリ選び!今「あなた」に必要なサプリはどれ?サプリの選び方・飲み方 徹底指南講座

10月8日(火) オンラインセミナー【満席になりました】 ZOOMセミナー平日昼開催『肌の老化を止める栄養学』

10月14日(月・祝) 東京開催【募集中!】 まごめ流・ダイエット栄養学講座~痩せたいあなたが痩せられない理由、教えます~

10月16日(水) オンラインセミナー【満席になりました】 ZOOMセミナー平日夜開催『肌の老化を止める栄養学』

10月22日(火) オンラインセミナー【満席になりました】 ZOOMオンラインセミナー「家族を守る栄養学・ゼロから始める 血液データの読み方講座」

10月24日(木) 東京開催【募集中!】 初心者でもわかる!使える!腸内フローラを整える理論と食事法


KRD Nihombashi Studio主催のセミナー情報はこちら →からだの「その先」を読むために

(株)BeOrganic主催のセミナー情報はこちら →まごめじゅんの分子栄養学入門講座

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください