【ビタミンD】風邪で欠勤・欠席しがちな人はビタミンD不足というデータ

広告

血中ビタミンD濃度が低いと欠勤率が高い

フィンランド軍の男性800名を対象に、血中ビタミンD濃度と呼吸器感染症の関連を調べた調査結果です。
血中ビタミンD濃度が低い男性は呼吸器疾患による欠勤日が多かったそうです。

An association of serum vitamin D concentrations < 40 nmol/L with acute respiratory tract infection in young Finnish men

 

広告

 

呼吸器感染症って、いわゆる風邪ですね。
風邪で欠勤する頻度が高い人は、有意に血中ビタミンD濃度が低く、
その違いは、血中ビタミンD濃度が 40 nmol/L以下で明らかになってくるとのこと。

ビタミンDの血中濃度は、ほとんどの人が測ったことないと思うのですが、
日本人の半分以上が、20 nmol/L以下です。

私が初めて検査をした時が 19.9 ng/mL(2014/03)でした。
1日5,000IUのサプリメントを飲んで 48.0 ng/mL(2014/10)まで上がりました。

確かに、ビタミンDを飲んでいると風邪ひかないし、花粉症の症状もほとんど出ません。

 

ビタミンDは、免疫力との関係が深く、花粉症の発症を抑えることをこちらで書きました▼

【ビタミンD】花粉症・アレルギー性鼻炎にビタミンDがなぜ効くのか?
花粉症対策にはビタミンDこの時期(2月末)からの花粉症対策を何か?と聞かれた場合、一番良いのはビタミンDのような気がします。(睡眠、食事、ストレスコントロールなどの基本的なところは置いといて)本来であれば、2、3ヶ月くらい前から・プロバイオティクスで腸管免疫を正常化させる・タンパク質豊富な食事、VB、VAで粘膜強化・貧血を治療して、VCとコラーゲンで鼻腔粘膜を丈夫にするぐらいのことをやっておくことが推奨ですが、これらは今すぐ始めても

今はもう花粉の飛散するピークの季節。
今から試しても、ビタミンDの血中濃度が安定してくる頃には花粉症のシーズンが終わってるかもしれないので、これから飲むなら来季のためですね。笑

サプリメントに頼らず血中ビタミンD濃度を上げる方法

この調査では、その他にも

・身体鍛錬の頻度が多いほど血中ビタミンD濃度が高い
・喫煙者では血中ビタミンD濃度が低い

という結果が出て、血中ビタミンD濃度は生活習慣と関連性が深いと結論してます。

 

血中ビタミンD濃度を上げるには、サプリメントが簡単なんですが、あえてサプリメントを使わない場合はどうするか?というと、

・運動
・喫煙しない
・適度なコレステロール量の維持
・直射日光にあたる
・食事から(あん肝、シャケ、しらす干し)

という感じでしょうか。

 

ビタミンDの原料は、コレステロールでから、適度なコレステロール量の維持は必須。

また、皮膚下でビタミンDが合成するのは、UV-B帯域(波長280~315 nm)の紫外線なので、日焼け止めとか、ガラス窓を通すと効果は半減します。

 

がん、うつ病、風邪、アレルギーなど、多方面でビタミンDは効果が認められてます。

風邪ひきやすいなーという人はぜひ意識してみてください。

 

 

現在募集中のセミナー情報


あちこちでお話の機会を頂いております。おかげさまで分かりやすいと大変好評です。

リピータ様が多いのも私のセミナーの特徴です。

難解な分子栄養学を毎日の生活で実践可能なレベルにまで落とし込んで説明します。

ぜひお気軽にご参加ください。
 

9月29日(金) 【募集中】 美と健康とお金について考える 『10年後に泣かないために、今必要な備える力』

10月9日(月) 【残席わずか】 分子栄養学入門講座 「美肌・美ボディのための糖質講座」

10月12日(木)【募集中】「嫁入り前に知っておきたい!身体の症状と栄養の関係」 presented by マリッジノートと学ぶ「結婚の教科書」
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA