【副腎疲労】性欲とコレステロールの関係

広告

性欲と副腎疲労の関係

ちゃんとエッチな気持ちになるかどうか、これは副腎疲労を確認するうえで、割と重要なチェック項目だったりします。

理由は簡単で、性欲系ホルモン(テストステロンやエストロゲン)は、ストレスホルモンのコルチゾールと原料を共有しているためです。

性ホルモンも、ストレスホルモンも原料は同じコレステロールです。

ホルモンの合成経路をかなり簡略化して書いてみました。(実際はもっと複雑極まりないです)

常時ストレスに晒されると、原料のコレステロールがコルチゾール合成に全部もって行かれるので、結果的に性ホルモンには原料が回ってこなくなります。こんな感じ。

ストレス負荷が大きくなると、性欲どころじゃなくなりますからね。

これは経験上よくわかるかと思います。

広告

性欲とコレステロールの関係

また、重要なのは原料のコレステロールそのものです。

体内で合成されるコレステロールは、1日に1gから1.5g、食物から摂っているのが0.3g程度。

つまり、コレステロールのほとんどが体内、主に肝臓で合成されています。

肝細胞はATP(エネルギー)の大食い臓器です。

タンパク質合成、解毒、胆汁の生成、エネルギーの貯蔵など、肝臓はとにかく仕事が多いので、大量にエネルギーが必要なんですな。

細胞のエネルギー工場であるミトコンドリアが正常でないと、当然コレステロールの合成は低下するので、原料不足になります。

検査データと身体つき、普段の食事内容から推測して、コレステロールが妙に低い場合、性欲があるかどうかを確認して「あんまりエッチな気持ちになれない」となれば、原料不足で性ホルモン自体が不足している可能性大だし、反対にコレステロールが妙に高い場合は、代謝のどこかでコケてて、原料があっても使えてない人だったりします。

コレステロールの重要性についてはこちらもご参照ください▼

【コレステロールの大事な5つの役割】まとめ
コレステロールは大事な栄養素である以前は悪者扱いだったコレステロールですが、ここ数年ですっかり立ち位置が変わってきました。最近の研究では、コレステロールはやや高めの人の方が死亡率も低く、病気にもなりにくいことが判明。数年前に、基準値が見直されたことは、こちらで書きました▼https://vitaminj.tokyo/?p=2773以前の基準値(LDLコレステロール濃度 140mg/dl)は、日本動脈硬化学会が「だいたいこれぐらいかな

 

もともと淡白なタイプって人もいるのでしょうけど、人間が生物である限りは「性欲があること」が正常なので、たとえ何歳であろうとエッチな気持ちになるかどうかは、コレステロール代謝を確認するうえでかなり重要です。

ですので、副腎疲労の相談なのに「エッチな気分になります?」と聞くのは、口説いているわけじゃないですのであしからず。

 

【お知らせ】セミナー・イベント開催情報

おかげさまで大変ご好評いただいております。

リピーター様が多いのも私の料理塾の特徴です。

過去開催の様子はFBページの「写真」から、もしくは、メニューの「セミナー」からご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA