むずむず脚症候群は鉄欠乏

まごめじゅん

むずむず脚症候群は鉄不足と関係が深いです。

むずむず脚症候群に、鉄を投与していかほどの効果があったか?10件の研究(対象者は合計428人、期間は2〜16週間)をまとめたメタ解析。

鉄はRLS(むずむず脚症候群)の重症度を改善する。プラミペキソール(むずむず脚症候群に使われるドーパミン刺激薬)と効果は同じ。

Iron therapy probably improves restlessness and RLS severity.,Cochrane Database Syst Rev. 2019 Jan 4;1(1):CD007834.

  

むずむず脚症候群は、どうやらドーパミン代謝が関与しているらしい。

ドーパミン代謝に関係する栄養素は、葉酸、鉄、ナイアシン、ビタミンB6 です。

鉄は、ATP作るのにも役目が大きいので、身体全体の代謝を上げます。

他の症状と同じように、むずむず脚症候群も複合的な要因が多く、結果的に鉄が一番効いてしまうのでしょうね。

鉄欠乏ってほんと深刻。

  

鉄に関しての学習はこれ一冊で十分てくらい充実してます。炎症が鉄の代謝を止めることまで説明してくれてる本は貴重です。

  

今日のポイント

むずむず脚症候群は鉄不足を疑うべし

  

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【大人気ZOOMオンラインセミナー】 12月19日(土)身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」