赤ワインで頭が痛くなるのはモリブデン不足?

赤ワインで頭が痛くなるのはモリブデン不足?

ワインの酸化防止剤として
使われている「亜硫酸塩」
身体に入って、どう作用するかを
説明してみたいと思います。

亜硫酸には毒性があります。
ですので、摂取し過ぎたり、
代謝出来ないと、頭痛や胃痛を
起こすことがあります。

 

亜硫酸は体内でSUOX(亜硫酸オキシダーゼ)
という酵素の力で硫酸になり、
その後、活性化されて解毒に働きます

「活性硫酸」は過剰なエストロゲンや
環境ホルモンを解毒します(硫酸抱合)

亜硫酸を、硫酸へ代謝する
SUOX(亜硫酸オキシダーゼ)
補酵素はモリブデンです。

 

硫酸抱合の解毒は、一般の方には
馴染みが薄いかもしれませんね。

硫酸は多量では毒物ですが、
身体の中ではシステインから作られます。

女性が乳がんにならないのは、
活性硫酸のおかげなのです。

 

ちなみに、硫酸はエプソムソルトでも
マイルドに摂取することが出来ます。
解毒にエプソムソルトおススメな理由です。
(参考記事↓)

 

もしも、
硫酸代謝の酵素である SUOX
遺伝的な理由で活性の低下があったり、

補酵素であるモリブデンが不足すると、
亜硫酸が代謝できずに
頭痛や胃痛など不快な症状が
残ることになります。

 

モリブデンは、こちら★でも書いたように
尿酸を作る酵素の補酵素でもあります。

モリブデンの豊富な食品は、
枝豆や豚レバーなど。

 

「ワイン飲むと頭が痛くなる。」
という人がいます。

頭が痛くなるのは、
ワインが美味しいから
単に飲みすぎるだけとか、
おつまみの食べ合わせの問題とか、
いろいろと複合的な要因が
考えられますが、

例えば、、
「安いワインだとダメ。
(添加物の少ない)BIOワインだと
大丈夫なんだけど」 という人、

もしかしたら、SUOXに変異があるか、
モリブデン不足を疑ってみるのは
いかがでしょう?

 

今日のポイント

  • 酸化防止剤の亜硫酸塩は
    SUOX(亜硫酸オキシダーゼ)の力で
    活性硫酸まで代謝され解毒に働く。
  • SUOX(亜硫酸オキシダーゼ)の
    補酵素はモリブデン

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【大人気ZOOMオンラインセミナー】 12月19日(土)身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」