エプソムソルトに期待する解毒の効果

活性硫酸について

硫酸と言えば、取り扱い危険!の
劇薬といった印象だが、
身体の中にある硫酸は
解毒に関与している。

もちろん、硫酸そのものではなく
身体で解毒に働く硫酸のことを
「活性硫酸(PAPS)」という。

 

活性硫酸(PAPS)が解毒するもの

・環境ホルモン
・過剰なエストロゲン
・アセトアミノフェン(風邪薬)

 

解毒以外にも、
活性硫酸は、消化管ホルモンの
コレシストキニンを活性化するので
胆嚢を収縮させ、胆汁酸の分泌を促す。

脂溶性栄養分の吸収が良くなり、
過剰なLDLコレステロールを
処理する作用が期待できる。

胆汁酸が出るということは、
もちろん胆汁酸による解毒も
期待できるということ。

プロテオグリカンも活性化するので
お肌や関節、血管の柔軟性向上にも。

 

活性硫酸(PAPS)が活性化するもの

・コレシストキニン
・プロテオグリカン
・胆汁酸の解毒能

 

硫酸は体内で作られる
(システインから合成される)

硫酸1分子に2個のATPが使われて
活性硫酸(PAPS)が作られる

解毒能が低い人は、
この硫酸が枯渇している可能性が高い。

 

硫酸の供給源として
使えるかもしれないのが
「エプソムソルト」

 

エプソムソルトと言えば、
マグネシウムの経皮吸収に
入浴剤として利用するのが定石ですが、
硫酸供給にも期待できそう。

エプソムソルト入浴で上昇するのは
マグネシウムのみならず、
硫酸濃度も上がるとのこと。

 

エプソムソルト入浴が推奨される方は、

・化学物質過敏症の方
・なにがしかのお薬を飲んでる方
・乳がんのリスク高の方、PMSの強い方
・LDLコレステロール高の方
・脂溶性ビタミンの吸収が悪い方

 

エプソムソルト入浴の効能については
エビデンスが弱くて、期待できない
という意見もあるけど、
私の周りでは結構よい成績出してます。

寒い冬はぜひエプソムソルト入浴を。

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【ZOOMオンラインセミナー!募集中】 9月22日(祝・火)初心者におすすめ!身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」