体調不良が教えてくれる人生のターニングポイント

体調不良が教えてくれる人生のターニングポイント

私のカウンセリングスタイル、
身体と心、ハードウェアとソフトウェア
両方を分けてアプローチする点は
以前と変わっていません。

【カウンセリングの基本的な考え方について】身体と心と分けて考える | ビタミンアカデミー
【カウンセリングの基本的な考え方について】身体と心と分けて考える 今週はカウンセリング三昧でした。 以前は1日1回でヘロヘロでしたが、 最近は3人くらい全然平気です。 慣れってこわひ。 今日は、毎回、毎回カウンセリングで お伝えしている基本的な考え方についてです。 人間の身体は「魂」が乗った乗り物です。 体調が悪い、 身体がいうこと効かない、 ウツっぽい、 風邪ひきやすい、 ○○(病名)と診断され

 

ハードウェアの点検は簡単です、
データが正確に物語ってくれるので。

やっぱり採血データを読めるというのは、
メリットが大きいです。

心理的な面をサポートする以前に
身体がガタガタだったら、お話になりません。
改善すべきはやはり身体が先です。

文字通り、健全な精神は
健全な肉体に宿りますから。

血糖障害や腸の状態は特に要注意ですね。
メンタルに対する影響が大きいので。

 

ある程度、栄養的なベースが担保できていて、
じゃあこの体調不良の原因は何かな?
となったときに、人生の目的、テーマ、
その人らしい生き方を無視して、
身体の問題を解決するのは不可能です。

自分の人生のテーマが何なのか?
それは負の感情に隠されています。

なかでも、
母子関係が教えてくれるケースは
とても多い。父子もあるけど、
割合でいうと圧倒的に母子。

 

クライアントさんからのメール。

申し訳なさより、不思議と感謝の気持ちがわいてきました。よく産んでくれたなぁと。
(中略)よくその役を引き受けてくれたなぁと。新たな世界に、一歩踏み出せた感じです。

 

 

 

感情に目的があるように
体調不良にも目的があります。

本当の自分らしい生き方に戻りなさいと
身体は症状を出して訴えているだけ。

サプリメントや薬に頼って、
症状をごまかそうとすると、
より強い症状を伴って
さらに強く訴えてきます。

体調が悪いとき、それは人生の
ターニングポイントであることが多く
そういったタイミングで出会う
クライアントはみなさん愛おしいです。

 

ハードウェア(身体)
とソフトウェア(心)
両方ベクトルを揃えていい感じに。
私の目指す統合栄養学です。

栄養療法、生き方、心 「統合栄養学」への道 | ビタミンアカデミー
「統合栄養学」という言葉降りてきた日 先日、心理系の学びをする仲間と ワイワイ話していたときのことです。 なぜ栄養学を専門とする私が、 心理学の勉強をしているのか? そんな話をしていた時、突然 自分の中に「統合栄養学」という 言葉が降りてきました。 栄養療法を散々やって、 それでもなかなか結果が出ない。 結果が出せたとしても、 サプリメント漬けになってしまう。 サプリなしでは動けない身体なんて、

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

【臨床分子栄養医学研究会主催】 お得な期間限定サービス 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」

【オンラインZOOMセミナー!募集中!】7月18日(土)身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』