「ホテリアアルト」何度でも来たい、またここへ戻ってくると誓った裏磐梯のホテル

留学時代に覚えた単語で
印象に強く残っているものの一つ
それが「connoisseur」です。

カタカナ読みにするなら「コノシュア」
日本語の意味は「通、目利き」といった
意味で、フランス語「知る」が語源だそう。

知識、感性が豊かで、センスが良いこと
を表すのですが、私のFBフレンドには
「connoisseur」なお友達が多くて
彼・彼女らの選ぶものは注目しております。

何人ものコノシュアなフレンドさんらが
絶賛するホテルがあり、数年前から
夫婦そろって吉方位が回ってくるのを
虎視眈々と狙っておりました。

 

そのホテルの名前は「ホテリアアルト」

https://hotelliaalto.com/

 

ロケーション、インテリア、スタッフ、
雰囲気、食事、温泉、全てが素晴らしかった!

期待値が大きくなると「まあこんなもんか」
と落胆するリスクがあるのですが、
このホテルは私の高まりすぎた期待値を
軽々と超えてくれました。

 

ホテルの敷地内に自生の沼があるのですが、
この沼がなんとも神秘的。

滞在中に3回お散歩しました。
リアルなジブリの世界です。

ホテルで撮った写真たち。
北欧風のインテリア、
洗練されているけど気どりがなく、
誰かのお家に遊びに来たような
そんなリラックス感が最高にいい。

 

こちらのホテルに泊まったら
翌日のランチに「裏磐梯らぁめんや」に
いってみてください。ラーメンも美味しいけど
そこに至るまでの絶景、超絶おすすめ。

日本は本当に美しい国。
改めてそう実感しました。

裏磐梯、こんなに素晴らしい場所が
こんなに近くにあったとは!
東京からの距離もちょうどよいです。

 

ネット上には絶賛する情報が
たくさん転がってますので、私が詳しく
説明するする必要もないでしょう。
ご興味のある方はぜひ
ググってみてください(手抜き)

絶対リピートします。
今度は一人で。本とパソコン持ち込んで
仕事に集中したり、瞑想したり。
考えるだけで楽しみです。

 

「ホテリアアルト」

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー・ワークショップ