ペットの健康管理も腸ケアから~プロバイオティクス活用法

ペットのプロバイオティクス

愛猫、ゼン吉くん
今日も「僕かわいいでしょ」攻撃

ゼン吉くんは、毎日快腸・快便です。
ほぼ毎日、ミヤリサンか
ロイテリのプロバイオティクスを
餌に混ぜて与えているせいでしょうか。

 

毎日びっくりするくらい立派な
’一本グ〇’
うらやましいくらい大安産。

どれくらい立派かというと、、

(カラーアップは自主規制
白黒でサムネにしました↓)

 

腸の調子が良いとメンタルが安定するのは
ペットも同じなのか、

ゼン吉は無駄泣きもせず、
いたずらもせず、とても良い子。

 

ミヤリサンは、人間用のものを一粒
クラッシャーで粉にして与えてます。

 

錠剤が軽い力で簡単に粉々になります。

 

粉にしたミヤリサンをウェットタイプの
餌に少々に振りかけて、
特製ミヤリサン入りキャットフード

 

このピルクラッシャー、
アマゾンだと1,000円以上するのですが、

 

アイハーブだと半額以下です。

Apex, Pill Pulverizer (錠剤粉砕機)

 

ミヤリサンは酪酸菌だけなので、
少しバリエーション持たせる意味で
時々ロイテリを。

ロイテリはもともとパウダーなので
そのまま少量入れるだけ。

Nature’s Way, Primadophilus、Reuteri Superior Probiotic、マルチ-菌株パウダー + scFOS、5oz (141.75 g)

 

ミヤリサンを砕いて与えるというアイデアは、
かかりつけの獣医さんの指示で始めました。

腸内細菌が、栄養(ビタミンなど)の
供給をしてくれたり、

腸のストレスが脳のストレスになる
(腸脳相関)は犬も猫も同じでしょう。

 

ゼン吉くんの健康管理、まだ若いので
病院にかかることはめったにありませんが、
今のところは’腸の調子を整える’作戦で
これからも継続です。

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

【臨床分子栄養医学研究会主催】 お得な期間限定サービス 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」

【オンラインZOOMセミナー!募集中!】7月18日(土)身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』