黒ニンニクの優れた効果

黒ニンニクの効果

ここ2年くらい、ほぼ毎日
食べている「黒にんにく」

 

父の生前、黒にんにくが大好物で、
父の弟(おじさん)が手作りして
持ってきてくれておりました。

味はドライフルーツのプルーン
ねっとりした甘さがあり、
ニンニクの臭みは全くありません。

作り方はいたって簡単。
炊飯器に入れて数日放置すれば
出来るらしい
(作ったことはない、炊飯器に
臭いがつくので私は購入派)

 

 

黒ニンニクについて書かれた
レビュー論文(複数の論文をまとめたもの)
を見つけたので読んでみたら、
想像以上にすごかった。

Black garlic: A critical review of its production, bioactivity, and application.

  • フリーラジカルの除去効果(試験管)
  • SOD様の活性酸素除去効果(試験管)
  • TBARS(酸化ストレスの指標)を下げる効果(マウス実験)
  • グルタチオンペルオキシダーゼ(解毒酵素)の活性を上げる効果
  • ガン細胞のアポトーシス誘導(白血病、ヒトのガン細胞実験)
  • ガン細胞の縮小(胃がん、ヒトのガン細胞実験)
  • 中性脂肪、LDLコレステロール低下、HDLコレステロールの上昇(マウス実験)
  • 抗炎症作用(マウスの実験でTNFα、IL6の低下)
  • 抗アレルギー(マウスの実験・PCA反応低下)

ざざざっと抜き出してもこんな感じ。

 

栄養学的には
ポリフェノール類が4~19倍
フラボノイドが4~77倍

アミノ酸類だと
フェニルアラニンが約2.5倍
ロイシンとイソロイシンが少し増えて、
システインは0.6倍程度に半減
チロシンは10分の一に減少

しっかり発酵させることによって
ポリフェノールやフラボノイド類が激増
様々な生理活性作用をもたらすようです、

 

ちなみに、、ビタミンBの吸収を良くする
「アリシン」はほとんどなくなってます。

アリシンはニンニクの臭いの元なので
「ニンニクは臭いのが嫌なのー」
という方にも良いのではないでしょうか。

 

最近すごくSIBO(ガス腹)の症状を
訴える方が多いのですが、

残念ながら生のニンニクは腸の中で
ガスになりやすい高FODMAP食。

ところが、黒ニンニクは、
ガスの原因となるフルクタン
(腸内で発酵しやすい果糖の重合体)が、
普通のニンニクに比べて10%以下に
激減してますので、SIBOの方にも
問題ないと思われます。

 

黒ニンニクは、作るのに手間がかかるので
デパートで買うとかなり良いお値段ですが、
訳あり品だと国産品が安く買えます。

私がリピってるのはこれです。
おすすめですよ。

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

【オンラインセミナー・満席キャンセル待ち】 12月16日(月)ZOOMオンライン(平日昼間開催)肌の老化を止める栄養学

【東京開催!募集中!】 12月17日(火)間違いだらけのサプリ選び!今「あなた」に必要なサプリはどれ?サプリの選び方講座

【オンラインセミナー満席・キャンセル待ち】 12月22日(日)ZOOMオンライン(日曜開催)家族を守る栄養学・ゼロから始める 血液データの読み方講座

【東京開催!募集中!】 12月25日(水)分子栄養学を極めたい専門家のための 血液検査の読み方 アドバンス編

【KRD日本橋主催!募集中!】 12月26日(木) お正月太りを防ぐ栄養学