コルチゾールを増やす漢方・減らすコーヒー【副腎疲労の治療法】

補中益気湯が副腎疲労に良い理由

長期の旅行に補中益気湯は
必ず持っていきます。

飲むタイミングはコルチゾールが
立ち上がる朝、お湯で溶いて
コーヒーのようにゆっくり頂く

去年のヨーロッパ旅行でも
ホテルの部屋の湯沸かし器を
利用して毎朝一服。

 

旅行は楽しいのですが、興奮しすぎて
その後にグッタリなりがち。

旅行から帰って、疲れがでると
コルチゾール分泌が減ってガタがくる。
それはまさしく副腎疲労の症状。

帰国後にグッタリしない、
疲れが出ないようにするために、
副腎に無駄に労力をかけないよう、
出来る限り労わる必要があります。

その手法の一つが生薬の利用です。

コルチゾールを増やす補中益気湯

脳がストレスを感じると、副腎に
「コルチゾール作れ」と命令を出します。

作られたあとのコルチゾールですが、
酵素「11β-HSD」2型の作用で
活性のないコルチゾンになり、
おしっこになって排泄されます。

排尿されなかった分は「11β-HSD」1型の
酵素の作用で、もう一度活性のある
コルチゾールに戻る。
これが身体の中のコルチゾールの流れ。

 

副腎疲労とは、副腎が疲れてうまく働かず
コルチゾールが作れてない状態。

こういった人は、できるだけ
コルチゾールを温存しなくちゃいけない。

 

補中益気湯(というか漢方の多く)に含まれる「甘草」

甘い成分の正体は「グリチルリチン酸

これがコルチゾールを分解する酵素
11β-HSD」の2型の活性を下げる作用があるので
結果的にコルチゾールを温存できます。

 

対照的に、コーヒーはコルチゾールを
間接的に減らす作用がある

コーヒーは、先述の酵素「11β-HSD」の
1型のほうを阻害する。

一度失活したコルチゾールが
活性型に戻れなくなる。

副腎疲労の亢進したぐったりさんに
コーヒーをおすすめ出来ない理由は
たくさんあるけど、

コルチゾールの再利用も阻害されるから、
やっぱりコーヒーは禁忌ですね。

逆に、いつも興奮気味、せかせか忙しい
副腎疲労初期の方にはコーヒーは良い
のではないでしょうか?

副腎疲労・甲状腺機能低下症でコーヒーを禁忌にする理由【カフェインの副作用】 | ビタミンアカデミー
視床下部、下垂体、副腎のHPA系について 視床下部、下垂体、副腎、この3つのことを英語の頭文字(hypothalamic, pituitary, adrenal)をとって「HPA系」と言います。 ストレスを感じると、それを脳の視床下部がキャッチ、下垂体に指令を出し、その指令を受け取って副腎がコルチゾール(ストレスホルモン)を発動します。これがストレス応答です。 HPA系はストレスに対応するための、

コルチゾールが一番分泌される朝、
コーヒー飲むか、補中益気湯を飲むか
その後の大きな分かれ道ですね。

※補中益気湯についてはここ(★)とか
ここ(★)にも書いてますのでご参考ください。

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【ZOOMオンラインセミナー!募集中】 9月22日(祝・火)初心者におすすめ!身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」