疲れたときに効果的な「補中益気湯」

広告

副腎疲労対策の「補中益気湯」

先日、昼間に2つカウンセリングしたあとに夜にはセミナーという、

ちょっとヤバいかなあと思いつつ調子にのって1日3つの予定を入れてしまったら、

さすがに翌日は疲弊して使いものになりませんでした。

セミナー中にふわっとした眩暈も感じました。

さすがにやりすぎだなと反省。

 

さて、私が疲れたなと感じた時に必ず飲むのが「補中益気湯」という漢方です。

 

補中益気湯は「補気剤」に分類されます。

気が巡ってなくてグッタリしたときに良い生薬です。

 

例えば、疲労度の強い仕事をしたあと、気が巡っていれば栄養を補うことで、疲労感は改善します。

こういう方はアリナミンゴールドで疲労感が回復するでしょう。

 

ところが、気虚の状態だと、胃腸の消化吸収能力、酵素活性、代謝も落ち込んだ状態で、

栄養入れても吸収できないし使えません。

この場合はアリナミンゴールドよりも補中益気湯。

 

補中の「中」は「胃」を表しています。

胃腸が弱くて栄養の吸収が悪い方に良いのですね。

 

こちらは補中益気湯で不眠が改善したという例の報告です。

補中益気湯で不眠が改善した7症例

身体は疲労しているのに気が巡ってなくて眠れない、そんな方に良いのでしょう。

 

広告

 

以前、試したときは効果を感じなかったのですが、どうも量と期間が足りなかった様子。

お茶代わりに1日2回、お湯で溶かして毎日飲んでみたら、これがまあなんとも良い感じで惚れました。

 

そもそも「補剤」の漢方とは体質改善や慢性病に良いとされ、効き目の表れ方がゆっくりなので、最低でも2週間以上続けて初めて合う合わないがわかるようです。

毎年冬はなぜか体重が1㎏~2㎏ほど減少するのですが、今年はベスト体重を維持できました。

ほんのり甘味があって美味しい。とても気に入っております。

 

 

現在募集中のセミナー情報


参加者の声はこちら★とか、こちら★からご覧ください。

ご参加お待ちしております。

7月27日(金) 東京開催!【募集中!】 実践版!腸内環境ケアのテクニックセミナー

7月31日(火) 東京開催!【募集中!】 大好評!分子栄養学入門講座 「糖質とたんぱく質 総集編!」

8月1日(水) 京都開催!【早割7月18日まで】 女性限定!「いいオンナとエクスタシーのつくり方セミナー」

8月11日(土) 東京開催!【募集中!】 今回は男性も歓迎!まごめ先生の「オトコとオンナの夜の分子栄養学」実践版!腸内環境ケアのテクニックセミナー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA