運動中のスタミナ強化・筋肉増強・集中力持続にBCAAが効果的な件

広告

BCAAとは?

BCAA(Branched Chain Amino Acid、日本名で分岐鎖アミノ酸)はバリン、ロイシン・イソロイシンという3つのアミノ酸のこと。
筋肉や骨格筋の生成に絶対必要なアミノ酸です。

 

BCAAの効果 その1「筋肉低下の防止」

筋肉が新しく合成されることを「同化(アナボリック)
逆に、筋肉が分解され、壊れることを「異化(カタボリック)」と言います。

栄養の足りない状態で運動を行うと、身体は自分の筋肉組織を壊してエネルギーにし始める。
これは、「異化(カタボリック) > 同化(アナボリック)」 の状態で、運動して痩せたは良いけど、筋肉まで落ちてしまうのでシャレにならない。

筋肉の原料となり、同化(アナボリック)を促進するアミノ酸が「BCAA

機能性低血糖症だと、血糖値が下がりやすく、運動中のスタミナの維持が続かず、骨格筋を分解してエネルギーにしがち。
それでなくても、副腎疲労があると、抗炎症ホルモン「コルチゾール」による筋肉分解が進みがち。

運動は精神衛生上、とてもよろしいのですが、熱中しやすい性格ゆえ、気が付いたらアドレナリンで無理やり頑張ってしまうきらいがあるので、BCAAはジム用バックに常にストックしております。

 

BCAAの効果 その2「集中力の持続」

脳のリラックスホルモン「メラトニン」や「セロトニン」が増えてくると、集中力が弱まる。
BCAAは、メラトニン(正確には前駆体の5-HTP)よりも、脳への供給が優先されるため、集中力の持続に効果がある。

もともと人間の脳は、集中力を45分以上持続させることが出来ない仕組みらしい
(だから小学校の授業時間は45分なのか)

運動前に、または運動中にBCAAを飲んでおくと、集中力が持続する。これは効果を実感。

夫さんは、気合入れて残業中するときは、BCAAでドーピングしているそうな。
集中力も持続するし、終わった時の疲労感がかなり違うので、普段の仕事中にもオススメです。

ただし、寝る前には飲むと覚醒作用があるのでご注意を。

その他、BCAAは、内臓脂肪の燃焼、肝臓の解毒作用の強化にも良い。
副作用は特になし。

 

カプセルタイプの「BCAA」

ジム用のスポーツバッグに必ず入れているのが、ジャロー社か、Universal Nutrition社の、カプセルタイプのBCAA

slooProImg_20160821220552.jpg

これを3錠ずつ、分解可能なサプリケースに入れて、その日の分だけ、ポケットに入れておく
ランニング中でも、スタミナが切れたときにサッと補給できるので便利です。

バリン:ロイシン:イソロイシンの、もっとも効率的なバランスは「1:2:1」の比率だそうで、海外製のBCAAはほとんどこの比率です。

ジャロー社は、BCAA + グルタミン
↓ ↓ ↓
Jarrow Formulas, BCAA、分岐鎖アミノ酸コンプレックス、120カプセル

Universal Nutrition社は、BCAA + ビタミンB6
↓ ↓ ↓
Universal Nutrition, BCAA プロ, 分枝鎖アミノ酸サプリメント, 100 カプセル

 

日本では味の素のBCAAが有名ですね。
飲みやすいし、入手しやすい。携帯にも便利。

 

アミノバイタルは、ロイシン0.54g、イソロイシン0.43g、バリン0.36g と、イソロイシンがやや多めの処方です。

最安値を探しても、一袋100円以上なので、高いと思えば高いですが、費用対効果は素晴らしい。
スポーツドリンク飲むより、断然BCAAがオススメします。

 

BCAA含有量とコストの比較

知人と、アミノバイタル高いよね、という話になり、じゃあどれくらい高いのかを比較してみました。
ジャローのBCAAアミノバイタル、2つだけだとやや検証性に欠けるので、ゴールドジムのBCAAも比較対象にいれて。

まず、アミノバイタルに含まれるBCAA量ですが、ジャローの6錠分です。
コストはアミノバイタルが2倍以上となりましたが、他のアミノ酸もまんべんなく入ってますし、単純比較はできませんが、参考までにおいときます。
BCAA比較

BCAA各社比較

 

余談 筋トレの結果・・

相変わらず体幹が一番弱いのですが、それでも平均値を超えてきました。

slooProImg_20160821220555.jpg

週一のヨガ(かなりハードなタイプのヨガ)のみで、ジムを使った筋トレはサボり気味ですが、そこそこキープは出来てます。
体幹筋肉もっとつけたい!!頑張るぞ!

 

 

【お知らせ】セミナー・イベント開催情報

おかげさまで大変ご好評いただいております。

リピーター様が多いのも私の料理塾の特徴です。

過去開催の様子はFBページの「写真」から、もしくは、メニューの「セミナー」からご確認ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA