【ビタミンCによる風邪の治し方】飲む回数・飲む量を間違うと意味がないですよ!

広告

ビタミンCの飲み方が間違っている人

みなさんご存じのとおり、ビタミンCは風邪に効きます。

 

「風邪をひいたらビタミンCを飲んでます、でもあんまり効かないんですよね~。」という方に、

よくよく聞いてみると、まったくもって飲み方が間違っていることが多く

「それじゃあ効きませんよ~」とツッコミまくりです。

 

ある方は某大手ドリンクメーカの●●レモンを飲んでいたり(←ギャグかと思いました)

またある方は300㎎程度のビタミンCを1日一回飲んで終わりだったり。

 

それはただビタミンCを飲んでるだけであって「効かせる」ための飲み方ではありません。

ポイントを押さえないと効かないですよ。

なぜビタミンCで風邪が治るのか

まず、そもそもなぜビタミンCで風邪が治るのか。

免疫細胞はビタミンCの要求がとても大きい細胞です。

免疫細胞の代表が白血球です。

風邪のばい菌が身体に侵入してくると、白血球がこれをやっつけます。

白血球が血液中で敵に向かって突撃していく様子、これを白血球の「遊走(ゆうそう)」と言います。

 

顕微鏡で白血球の様子を観察すると、血中のビタミンC濃度が上がるに従って、白血球が活発に動き始めます。

ビタミンCが手に入らないと、渋滞中の高速道路のようにノロノロ動く白血球。

ビタミンCが手に入ると、水を得た魚のようにスイスイ動き出す白血球。

白血球の遊走性が高まるので、いち早く敵(風邪のばい菌)に追いついて捕獲、ムシャムシャ食って退治してくれるというわけ。

 

広告

 

風邪を治したいときの正しいビタミンCの飲み方

どんな栄養素でも同じですが、一度に飲んで吸収される量には限度があります。

 

1回に飲むビタミンCの量についてですが、これは実験結果が出ておりまして、

500mg 飲むと、400mg 吸収されます(吸収率80%)
1,000mg 飲むと、750mg 吸収されます(吸収率75%)
2,000mg 飲むと、500mg 吸収されます(吸収率25%)

つまり1回の量が増えるほどに吸収率が悪くなり、一番効率が良いのが 1,000mgという結論です。

 

では、次に1日にどれくらいの量を飲めば、白血球が喜んでくれるのでしょう?

血液中に取り込まれたビタミンCは、水溶性ですから素早く全身にいきわたりますが、すばやく排泄されていきます。

だいたい3時間後に一番血中濃度が高くなって、6時間するともとに戻ります。

 

3時間おきにビタミンCを補給してやれば、血中濃度が低下し始めるタイミングで次の供給が行われます。

血中濃度を高く保つためには、1,000mgを3時間おきに摂るのが重要。

 
血液中にいつでもビタミンCが利用できる「ダイナックフロー」状態(下記参照▼)にしておくということですね。

ビタミンCを肌に効かせる唯一の方法!栄養の「ダイナミックフロー状態」とは?
栄養のダイナミックフロー状態とは? 身体のどの細胞も不足なくビタミンCが利用できて、身体が完全に満たされた状態、それを「ダイナミックフロー状態」と言います。 先日、気がつい…

 

こんな感じでビタミンCを補給すると、1日あたり8,000mg ~ 10,000mgのビタミンCを飲むことになります。

「そんなにたくさん飲んで大丈夫?」と聞かれそうですが、むしろこの量がないと風邪には効きません。

ビタミンCを合成できる動物の場合

動物は自分でビタミンCを作ることが出来ます。

例えば、ヤギは1日あたりだいたい 6,000mg~12,000mgのビタミンCを体内で合成しています。

病気になるとヤギは自家合成するビタミンCの量を増やします。

その量、なんと1日あたり10万mg

普段のおよそ10倍です。

病気の時はそれくらいのビタミンCが必要になるということです。

 

なので「風邪を治す」という目的がある場合、1日に1,000mg程度のビタミンCではお話になりません。

風邪菌に対抗できる量、それは普段の10倍、1万mg程度必要ということ。

 

ちなみに、がん細胞に効かせる場合はさらに増えて 10万mgです。

こうなると、経口摂取ではとうてい間に合わないので点滴で入れます。

風邪に効かせるビタミンC・まとめ

栄養素の量で効果を出すこと、これを「ドーズレスポンス」と言います。

水溶性のビタミンはドーズレスポンスが重要で、

ビタミンCを風邪に効かせる場合は、

3時間おきに1,000mg

これがファイナルアンサー。

 

このビタミンCによる風邪の撃退法、エビデンスもあります。

1,000mgのビタミンCを1時間おきに6回、その後は適当に3回飲んだら、風邪の症状が85%減少したとのこと。

The effectiveness of vitamin C in preventing and relieving the symptoms of virus-induced respiratory infections.

 

ちなみに日本でビタミンCを調達する場合は、日本薬局方がベストです

 

【追記】

それでもビタミンC療法で風邪が治らないという方、

副腎疲労を疑ってみては?

副腎という臓器は、免疫細胞よりもビタミンCの要求が大きいのです。

血液中のビタミンCを1とすると、白血球が80倍、副腎が150倍の濃度、

副腎の方が2倍もビタミンCを強く要求しますので、白血球に回るはずのビタミンCが横取りされてるのかも・・

 

現在募集中のセミナー情報


大好評の分子栄養学入門セミナー、次の東京開催は12月18日(木)です。

1月6日は仙台に行きます。過去の開催の様子、参加者の声はこちら★からご覧ください。

ご参加お待ちしております。
 
12月18日(月) 東京開催!【募集中!】 今年最後!分子栄養学入門講座 「糖質とたんぱく質 総集編!」

1月6日(土) 仙台開催!【募集中!】 はじめての分子栄養学~その不調の原因は? 血液データから読み取る!「あなたに不足している栄養素」~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA