栄養療法が効かない?サプリ漬けになるタイプはこんな人

栄養療法が効かないタイプ

栄養療法で効果を得られない人、治療効果が頭打ちになる人には、ある一定の法則があります。

そのうちの代表例が「ここじゃないどこか」を目的にしている人です。

  

「今現状の自分に不満がある、私には何か足りない」という潜在意識が、

「私は疲れやすい、体調が悪いのだ」と顕在意識で翻訳されているだけなのです。

こういった方々の共通点は、驚くほどに体調が改善したあとの”自分のイメージ”が描けていません。

  

ここじゃないどこかへ行きたい人の三段活用は、

① 「今の自分では嫌だ」

② 「ここじゃないどこかへ行きたい」

③ 「だけどそのどこかが分からない」

これが効果が出ない典型例。

栄養療法の効果を阻む思考

あなたは「ここじゃないどこかへ」行きたい人でしょうか?

それを知るためには、以下の質問に答えてみてください。

「あなたは、何のために食事制限をするのですか?」

「あなたは、何のために栄養療法をしているのですか?」

「あなたは、何のためにサプリメントを摂っているのですか?」

  

上記の質問に、以下のように答えた方は要注意です。

「今のこの不調から抜け出すためです。」

「慢性疲労を改善するためです。」

「副腎疲労を治すためです。」

  

不調を抜け出す、慢性疲労を改善する、副腎疲労を治す、etc.

これら全てが「○○を避ける」という思考がベースにあり、この思考そのものが体調悪化の原因となっています。

こちら(↓)で書いたように脳は否定形を理解できません。

  

「体調不良を治すためです。」という表現を、

脳は「あなたは”体調不良を治したい!”と言い続けたいのですね!じゃあ、体調不良のままでいましょうね。」と解釈します。

「○○を避ける」という思考でいる限り、その○○が前提として必要になります。

だから「○○を現実化する。」

脳科学では当たり前の法則です。

症状を「悪いもの」扱いするから治らない

体調不良、副腎疲労、身体が表現するすべての症状は

「あなたの人生の目的に早く気付いてください」

「本当のあなたらしい生き方に戻ってください」

「あなた自身の人生を生きてください」

という身体からのメッセージです。

身体がせっかくメッセージを送ってきているのに、それを「悪いモノ」として排除しようとしたり、蓋をしようとしたりすると、身体は「まだ分かってくれないの?」となって、より強い症状を表現してきます。

病気、症状を作った自分の目的を理解しましょう。

まずは目的地を決める

まずは「ここじゃないどこか」ではなく、「○○へ行く」と決めることです。

自分がどうなりたいのか、どうありたいのか。

カウンセリングでお手伝いしているのは、栄養療法の効果を最適化する心理的サポートです。

大事なことは栄養療法の「目的」であって「手段(食事制限やサプリメント)」ではありません。

  

「自分の人生の目的が見つけられない」、「自分のやりたいことが分からない」

その言い訳として体調不良を利用している限り、あなたは体調不良で居続けるでしょう。

だって体調不良を続けるメリットがありますからね。

まごめじゅん

体調不良を続けることにもメリットがあります。それを選ぶなら一生体調不良でいてください。それも人生の選択の一つ。選ぶのはあなた自身です。

   

  

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー・ワークショップ