揚げ物食べ過ぎでビタミンA不足になる理由

揚げ物食べ過ぎはビタミンA不足の理由

ビタミンAと言えば、
脂溶性のビタミン。

油と一緒に吸収率アップ
なんて言われてますが、

こと「揚げ物」となると
ちょいと話は別です。

    

ご存じのとおり、
現代の揚げ物(特に外食)は
リノール酸リッチです。

リノール酸が高温になると
ヒドロキシノネナールという
毒物が出来て、当然ながら
揚げ物を食べるとそれも
一緒に摂取することになります。

      

毒物も少量であれば、
人間は解毒する仕組みを持ってます。

例えば、ヒドロキシノネナールを
代謝して無毒化する酵素は
ADH(アルコールデヒドロゲナーゼ)
が関係しております。

ADHを使えなくしたマウスは
ビタミンA不足になってしまう(涙

Alcohol and Aldehyde Dehydrogenases: Retinoid Metabolic Effects in Mouse Knockout Models

        

実はここで問題がありまして、
ADHという酵素はビタミンAを
”使える形”に変える酵素でもあるのです

具体的に言うと
「レチノール」という、
身体の中を駆け巡る
輸送体としての状態から
実際に細胞に効力を発揮する
「レチナール」という形に
変えるときの酵素です。

まごめじゅん

栄養素は食べるだけじゃ意味がない。

使える形になって初めて効力を発揮するのよ。

  

もしも、リノール酸リッチの
揚げ物ばっかり食べてると、
ヒドロキシノネナール
やっつけるために酵素が
使われてしまいます。

ビタミンAを使える形にするADHが
足りなくなるのです。

   

もちろん、ビタミンAを
使える形に変える酵素は
ほかにも用意されてるので
全くなくなるわけではありません。

もうちょっと詳しい記事を
以前も書いてるのでご参考ください↓

ナイアシンとビタミンAの関係
ビタミンAの3つの形 ビタミンAには3つの形態があります。 ・レチノール ・レチナール ・レチノイン酸 このう…

ビタミンA不足は何に効く?ビタミンA不足の症状は?

ビタミンAが効くのは、
とりあえず以下3つを
覚えましょう。

①皮膚
②免疫(粘膜)
③目

ビタミンA不足の
具体的な症状は、、
皮膚がかさついたり
風邪ひきやすくなったり
ドライアイ、ドライマウス
下痢したり、などなど

  

揚げ物って何かと曲者です。
これはほんの一例。

揚げ物は多食しないに
こしたことはないですよ。
美味しいですけどね。

外食で揚げ物多食しない。
家で揚げ物食べるときは
油は1回で変える、
リノール酸リッチのコーン油、
紅花油などを使わない。

くらいな意識を持つといい感じです。

    

今日のポイント

・ビタミンAを代謝する酵素ADHは、
リノール酸が高温になったときに生じる
ヒドロキシノネナールを代謝する酵素でもある

  

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【大人気ZOOMオンラインセミナー】 12月19日(土)身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」