ナイアシンとビタミンAの関係

ビタミンAの3つの形

ビタミンAには3つの形態があります。
・レチノール
・レチナール
・レチノイン酸

このうち、目に効くのは
「レチナール」

レチナールはレチノールから
変換されて効果を発揮。

細胞の分化など遺伝子に
作用するのはレチノイン酸

レチノイン酸はレチナールから
代謝されます。

なんだかややこしいですよねー。
図にするとこんな感じです。

ビタミンAの代謝はムズイので
講義受けたりしないと
理解できないと思います。
文字情報だけじゃ無理っす。

ビタミンAを代謝する酵素はナイアシンが必要

レチナールからレチノールへ
変換する酵素を

・アルコール脱水素酵素(ADH)
・レチノール脱水素酵素(RDH)

と言います。

ビタミンAに限らす、ほとんどの
栄養素は活性化されたり、
身体で使える形にしないと
実際の効力を発揮しません。

その活性化の部分を担っているのが
さまざまな酵素です。

 

アルコール脱水素酵素(ADH)と
レチノール脱水素酵素(RDH)、
これらの酵素が無かったら、
レチナールからレチノールへの
変換は行われないので、
にんじん食べてもお肌には効かないのよ。
(ビタミンAに限って言えばね)

 

同じように、
レチナールがレチノイン酸に
変換されるときに重要な酵素は
・アルデヒド脱水素酵素(ALDH)
・レチナール脱水素酵素(RALDH)

 

多くの酵素というのは、
すべからく補因子(補酵素)
というものが必要で
それがビタミンだったり
ミネラルだったりします。

で、
で、ですよ、

これらのビタミンAの
代謝にかかわる4つの酵素ですが、
すべてナイアシンが補因子です。

 

ちょっとプロっぽく言うと、
ビタミンAの代謝にかかわる酵素群
のことを「SDR family」と言います。

SDRファミリーとは、NADやNADPに
依存して酸化還元を行う酵素群のこと。

参考文献
Understanding retinol metabolism: structure and function of retinol dehydrogenases.

 

補因子はほとんどNADか、NADPです。

NADも、NADPもナイアシンの活性型

正式名称は、

・NAD
「ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド」
・NADP
「ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸」

まごめ視点の思ったこと徒然

以前、ビタミンB3(ナイアシン)が
喉頭がん、口腔がんに効果ある
という記載をこちら★で見て、
ずっと「なんでかなー?」と思ってたんです。

そうか、ビタミンAを代謝する酵素は
SDRファミリーなら当然だな、と
がんとナイアシンの関係が腑に落ちました。

 

それから、「ビタミン」という
名称はいただいてますが、
ナイアシン(NAD)は体内でも
トリプトファンから合成されます。

体内で合成できる栄養素というのは、
それだけ優先度が高く、
代替できるものがないと
考えるほうが自然なことが多いです。

ナイアシンがゼロになっては
レチノイン酸が不足して
細胞分裂が止まってしまいます
イコールそれは生命の危機。
体内合成能を維持したのも納得です。

以上、ビタミンAとナイアシンの
蜜月関係のお話でした。

(※ビタミンAを使えるようにするには
亜鉛も重要なのですが、それはまた別途)

 

今日のまとめ

  • ビタミンAの形は3種類
    レチノール、レチナール、レチノイン酸
  • ビタミンAを代謝する酵素は
    ナイアシン(NAD、NADP)が必要

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」