乳がんリスクの高い方がフルーツの缶詰を避けた方が良い理由

乳がんリスクの高い方がフルーツの缶詰を避けた方が良い理由

フルーツ缶や一部の野菜缶で、
スチールの内側にスズでメッキを
施した缶が多用されています。

スズの効果で、果物の変色や
香りの劣化が防げるからです。

 

スズは有害ミネラルですが、
普通に食事してても
1日あたりの平均15㎎、
最大で1日あたり40㎎程度は
食品から入ってくるとされています。

参考資料
WHOなど複数の国際的な組織による食品中のスズの毒性評価

スズの毒性ですが、
甲状腺刺激ホルモンの産生低下、
甲状腺機能低下症に関与する
という報告があります。

あと、有名なところでは、
エストロゲン硫酸転移酵素
(SULT1E1)の活性を阻害します。

解毒ステップである硫黄化★を邪魔するのです。

過剰なエストロゲンが悪さして
PMSが悪化するとか、乳がんとか
子宮がんなど女性ホルモン由来の
がんのリスクが上昇します。

それらの懸念が大きい方にとっては、
スズ使用の缶詰はリスクがあります。

核内受容体を介した有機スズ化合物毒性の分子メカニズム

 

フルーツや野菜の缶詰ですが、
開封してすぐに食べるなら
問題ないのですが、一度開封して、
缶のまま保存したものを食べた場合、
スズ摂取量は激増して200㎎まで
跳ね上がるとのこと。

いったん開封すると、空気の影響で
スズの溶出が極端に早くなるためです。

 

なので、缶詰を見ると裏面に必ず
注意書きがあることに気付いてますか?

『開缶後はガラスなどの容器に移しかえてください。』

 

みかんや桃の缶付け、トマト缶など
缶を開けてそのままラップして
冷蔵庫に入れてあとで使おう、なんて
やっちゃいがちだと思いますが、

もし缶にスズが使用されていれば、
無駄に有害ミネラル摂取を増やす
ことになります。

注意書きは伊達じゃないのですよ、
ちゃんと守りましょうね。

 

今日のまとめ

  • 乳がんリスクの高い方
    甲状腺機能低下がある方は
    有害ミネラル「スズ」を
    無駄に摂取しないこと。
  • 「スズ」はフルーツや野菜の
    缶詰に使用されることが多い。
    開缶後はすぐに使い切ること。

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」