つわりとビタミンB6

つわりとビタミンB6

ふと気づいたことのメモです。

以前から妊娠の「つわり」
ビタミンB6には何か関係が
あるということが知られて
います。

 

例えば、

・401人の妊婦による二重盲検試験、
25mg、10㎎のビタミンB6を、8時間ごと
3日間使ったところ、ビタミンB6が
吐き気(つわり)を抑えた。

Interventions for nausea and vomiting in early pregnancy.

・256人の妊婦(妊娠7~14週)
に対して行われた試験の結果、
ビタミンB6の補給は効果がある。

Effectiveness of delayed-release doxylamine and pyridoxine for nausea and vomiting of pregnancy: a randomized placebo controlled trial.

 

先日、とある先生の投稿を
読んでいたら(SNS上で
流れていってしまった。)

エストロゲン濃度の高い人
ほど「つわり」症状が強い
傾向にあるとのこと。

(実際には相関はない
という調査結果が出てる
ようではありますが)

妊娠すると、体内の
エストロゲン濃度は
そうでないときに比べて
激増するわけだから、
何かしら関係しているのは
間違いないでしょう。

 

ここでふと気付きました。

エストロゲン、
ビタミンB6の関係

あ、COMTじゃーん、、と。

「COMT(読み・コムト)」
正式名称は「カテコール-O-
メチルトランスフェラーゼ」
という長たらしい名前。

カテコラミン(ドーパミン、
ノルアドレナリン、
アドレナリン)などと
同時に、エストロゲンも
代謝する酵素の名前。

COMTは、エストロゲンを
水溶性の物質に変化させて
オシッコに混ぜて排泄する
働きがある酵素。

このCOMTの補因子(酵素の
お手伝い役)がビタミンB6です。

 

例えば、ビタミンB6が
不足気味の人が、妊娠して
急激に上がったエストロゲン濃度に
身体が対応できてないことろに、
ビタミンB6サプリを入れてCOMTが
活性復活したら、エストロゲンが
代謝出来てつわりがラクになった
みたいな感じ。

自分の中で、「つわりに
なんでビタミンB6?」
という素朴な疑問が
少し視界が開けました。

 

ちなみに、COMT
遺伝子には多型があって、
エストロゲンの代謝には
個人差があります。

以前、だらだら書いた記事↓

【COMT遺伝子】ヒステリー体質は乳がんに注意 | ビタミンアカデミー
アドレナリン代謝に必要な酵素「COMT」 ドーパミン、ノルアドレナリンの代謝の続きです。 ドーパミン、アドレナリン系脳内ホルモンを不活性化させて、排泄するのに必要な酵素を「カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ(Catechol-O-Methyltransferase)」、略して「COMT」(読み・コムト)と言います。 COMT酵素は、ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンを分解して無効化

私はVV型。ですので、
「判断力があって、痛みに強く
外国語習得能力に優れる」

んー、当たってなくもないかな。

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で