【ビタミンD】花粉症・アレルギー性鼻炎にビタミンDがなぜ効くのか?

Sponsored Link

花粉症対策にはビタミンD

この時期(2月末)からの花粉症対策を何か?と聞かれた場合、一番良いのはビタミンDのような気がします。
(睡眠、食事、ストレスコントロールなどの基本的なところは置いといて)

本来であれば、2、3ヶ月くらい前から

・プロバイオティクスで腸管免疫を正常化させる
・タンパク質豊富な食事、VB、VAで粘膜強化
・貧血を治療して、VCとコラーゲンで鼻腔粘膜を丈夫にする

ぐらいのことをやっておくことが推奨ですが、
これらは今すぐ始めても、効果がすぐ出るとは期待できません(やらないよりマシですが)

今、花粉でグズグズになっている粘膜細胞は、2、3ヶ月前のお食事から出来上がったものです。

粘膜細胞を花粉に負けないよう丈夫にするには数ヶ月かかります。

それより手っ取り早い方法が、暴走気味の免疫細胞を正常化させることで、これがビタミンDの効果です。

なぜビタミンDが花粉症に効くのか?

花粉症のメカニズムをざっくり説明しますと、

step 1,  鼻粘膜に花粉がくっつく
step 2,  マクロファージに花粉が取り込まれる
step 3,  リンパ球のT細胞が異物侵入のアラートをゲットする
step 4,  B細胞が抗体を作る
step 5,  抗体がマスト細胞とくっついて、ヒスタミンを放出、鼻水・くしゃみが出る

てな感じ。(↑フローチャートにしようかと思ったけどメンドクサ死w)

花粉症のお薬を、別名「抗ヒスタミン薬」と言います。
アレグラは代表的な抗ヒスタミン剤です。

抗ヒスタミン剤は、step5の最終段階で、ヒスタミンを抑えるなり無効化するなりして、症状を抑えているわけです。

これに対し、ビタミンDが働くのは、step2〜step4 です。
白血球の免疫応答細胞(マクロファージ、T細胞、B細胞)に対して、「お前ら落ち着け!暴走するな!」と指揮管理をしてくれるというイメージ。

免疫応答細胞(マクロファージ、T細胞、B細胞)には、ビタミンDの受容体(VDR/Vitamin D Receptor)があります。

ビタミンDをサプリメントで補うと、免疫細胞が正常化され、風邪の予防やアレルギーを抑える効果があることが多くの臨床結果で知られていました。

しかし、なぜそうなるかは、不明点が多かった。

最近分かった理由として、ビタミンDが、免疫細胞において「オートファジー」を起こすことが知られています。

オートファジー」とは、大隅教授がノーベル賞を受賞したアレです。

細胞自身が、異常・損傷があると、自分で自分を食べて(自食作用)セルフ大掃除をするらしい。
細胞の健全性を維持するための「セルフ保守システム」みたいなものですかね。
(↑オートファジー難しすぎ。誰か間違ってたら指摘してください)

どちらにせよ、細胞に受容体があるということは、もともと必要とされているということです。

ビタミンDは、免疫細胞の働きを適正化する作用があると覚えてオッケーかと。

Sponsored Link

ビタミンDサプリメントの原料は「ラノリン(羊毛)」

ビタミンDのサプリメントは、羊毛のラノリン由来のものと、タラ肝油など海洋産物由来のもの、2種類があります。

タラ肝油由来のものは、EPAなどと一緒になっているサプリが多いのですが、魚油は酸化の問題に注意が必要です▼

EPA・DHA・魚油サプリメントは酸化が進んでいるので要注意!
EPA・DHA・魚油サプリメントの酸化レベルがやばい!ハーバード大学のメディカルスクールが、米国で売れてる魚油サプリメントのトップ3を調査したところ、酸化レベルがかなり進んでいたそうです。2016年12月に出たばかりの発表Omega-3 f

安全性という意味では、ラノリン由来に軍配があがります。
医療向けサプリメントを製作しているヘルシーパスさんもラノリン由来を使用しています。

ゲゲッ!羊の毛がサプリの原料!?と思われるかもしれません。

動物の毛は、脂質(人間でいうところのコレステロール)を含んでおり、その脂質が紫外線に当たることで、ビタミンDに変化します
人間が血中コレステロールを原料に、皮膚でビタミンDを合成しているのと同じシステムです。

サプリメントの原料として、羊毛由来のラノリンを使用するのは、かなり一般的です。

ちなみに、猫が日向ぼっこをして毛づくろいをしますよね。
あれは毛づくろいすることで、毛で生産されたビタミンDを経口摂取するシステムらしい。
自然界ってよく出来てますよね。

ビタミンDサプリメントの飲み方

愛用のビタミンDのサプリメントです。

ソースナチュラルズのビタミンD、一錠あたり1,000IU、主に夫用。
Source Naturals, ビタミン D-3、1,000 IU、200 錠

ヘルシーオリジンズ社のビタミンD、オリーブオイルが基剤のソフトカプセルで、一錠あたり5,000IU
Healthy Origins, ビタミンD3, 5,000 IU, 120ソフトゼリー

ビタミンDサプリの良さは、費用対効果が抜群なことです。1ヶ月分1,000円以下で十分結果が出ます。

おそらく原料になんのパテントも無く、大量生産が簡単にできるんでしょうね。
日本には認知度が低いのをよいことに、数千円以上するビタミンDサプリを見かけますが、どんだけボッてんねん!とオモイマス。

ビタミンDのバイブル「サーファーに花粉症はいない」
斎藤先生が推奨する飲み方は、朝夕に2,000IUずつ、1日に4,000IUです。

おそらく・・、なんですが、これは厚生労働省による「日本人の食事摂取基準(2015年版)」で、ビタミンDの摂取上限が、4000IU(100μg)とされていることに配慮した記載かと思われます。

臨床では、ビタミンD 100,000単位でも問題なしと報告されており、栄養療法でも1日あたり5,000~10,000IUで処方されることが多いです。

斎藤先生もメディアでは、花粉症に効かせるなら、朝に4000IU、午後に4000IU、トータル8,000IU/1日を推奨してらっしゃいます。

私は、5,000IUを毎朝飲んでます。
今のところ花粉症はまだ症状なしです。

心配される過剰症についてですが、それはまた明日書きたいと思います。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする