【サプリメントの選び方】ビタミンE「天然型」は何が違うのか?

広告

ビタミンEサプリメントの使用例

ビタミンEのサプリメントでの補充
を考えるのは以下の2つのケースです。

① コレステロールの酸化防止

② 酸化ストレスによる溶血

ひとつひとつ見ていきます。

 

① コレステロールの酸化防止

コレステロールが栄養素なのは周知のとおり。
採血データでコレステロールが高いのは
栄養リッチということで、~220程度なら
むしろ好ましいのですが、

問題は使われなかったコレステロールが
あぶれている場合。

 

活性酸素の影響で酸化型コレステロールとなれば、
血管内皮のLOXというタンパク質と結びつき
タンパク質の機能を損失させて
動脈硬化のリスクが上昇してしまいます。

なので、使われない野良コレステロールが
血管中で増加している場合は、
あぶらの抗酸化物質であるビタミンEの出番。

(本当の根本原因潰しは
コレステロールを使えるように、
野良から飼い犬へ調教することだけど)

 

② 溶血の場合

赤血球は、製造工程で脱核するため
真ん中がふわりと凹んでおり、
複雑な形をした細胞です。

赤血球は身体を折りたたむようにして
狭い毛細血管の中へ入っていく都合上、
’折りたたみやすい形’である必要があるわけです。

 

この複雑な形を維持するため、
細胞膜のあぶらの成分のクオリティが
とても重要になります。

赤血球はヘム鉄を介して酸素を運ぶという
仕事をしており、酸化ストレスとは隣り合わせ。

 

しかも、核が無いということは、
普通の細胞なら量産できる
グルタチオンやSOD酵素など、
タンパク質原料の抗酸化物質を
新たに作ることが出来ません。

抗酸化物質が在庫切れを起こしやすい
という特徴があるので、細胞膜が
酸化の影響をもろに受けやすいのです。

 

赤血球の酸化ストレスが上昇すると、
「溶血」と言って、赤血球の寿命が
短くなる現象が起きます。

赤血球の細胞膜の主成分たる「あぶら」が
酸化ストレスの影響を受けないよう
ビタミンEの出番となるわけです。

 

溶血についてはここでも書いてますので
分かんない人は要チェック(↓)

ランニングする人が注意したい溶血 | ビタミンアカデミー
スポーツする人に起こりやすい溶血性貧血 一口に貧血と言ってもいろいろあります。 例えば、、 30代、男性、マラソン好きの方のデータです。 ご覧のとおり、一般的な基準で判断すれば、 血色素(ヘモグロビン・Hgb)も15以上 ヘマトクリット(Ht)46以上。 男性らしい、なかなか立派な数値です。 ところが、この方、 赤血球にある問題があります。 それは・・・・、 赤血球が壊れる「溶血」とは? 実はこの

 

ビタミンE・天然型とは何?

もともと自然界には8種類のビタミンEがあります。

αトコフェロールがもっとも代表的ですが、ほかにも
γ(ガンマ)、β(ベータ)、δ(デルタ)があります。

あと地味な存在だけど、トコフェロールの親戚に
トコトリエノールというのがあって、そっちも4種類

 

ご親戚合わせて、総勢8種類の一族郎党
これら全部を合わせて「ビタミンE」
と呼んでおります。

医療用に治療目的で使われるビタミンEは
α(アルファ)トコフェロール単体です。

これはなぜかというと、
αトコフェロール以外は
末梢血流で見つからないため。

 

他の7家族は、
肝臓で他の物質に代謝されてしまうか
どこかの細胞で使われてしまうのか、
詳細は分からないけど、とにかく
血流の中で発見されることが
ほとんどないわけです。

 

絶対量もアルファトコフェロールが
圧倒的に多いので、
「ビタミンEと言ったら
アルファトコフェロールのこと」
みたいな暗黙の了解があったりします。

 

血液を採って、その中には
アルファさんしかいないから、
他のご家族は無視していいよねー

て、

え?

んなわきゃないです。

 

例えば、治療にビタミンEを使う場合、
これは病気の治癒が目的ですから、
アルファトコフェロール単体でも
よいと思います。

 

昨日、NASH(ナッシュ・非アルコール性脂肪肝)
についてチラっと書きました(↓)

脂肪肝は酒飲みだけに発生するわけではない「サプリメントの摂り過ぎと高糖質・低たんぱく」に注意 | ビタミンアカデミー
お酒を飲まない人の脂肪肝について 脂肪肝の方、 採血データで、ALTとASTの 逆転現象が起きているケース 飲酒の習慣もないのに、 脂肪肝のデータの場合。 なぜ脂肪肝になるのか?簡単にまとめ。 ① 糖質に偏ったお食事のケース お食事内容を伺ったときに、 甘いものが好き。炭水化物が好きな場合。 食事由来のタンパク質が不足しており、 たんぱく代謝が低下して、脂肪肝となっているケース。 原因はタンパク質

 

NASHにはビタミンEを投与することが有効である
と治療のガイドラインにも明記してあります。

エビデンスレベルはAです。つまり「効く」

これは「治療」ですから、いわば「お薬」
高濃度に抽出した成分で’効かせる’のが目的なので、
使用するのはアルファトコフェロール単体でよろし。

 

広告

 

そうではなく「健康」を目的とする場合、
アルファ以外は仕事してない、意味ない
みたいな見方は出来れば避けたほうが賢明、

自然界に存在するからには、
何かしらお役目があるとみて
ほぼ間違いはありません。

 

例えば、利尿ホルモンの「LLU-α」は
γ(ガンマ)トコフェロールが原料です

(利尿効果があるので浮腫みに良いと
サプリメントでも販売されてます)

 

他にも、例えば
δ(デルタ)トコフェロールは
脂肪細胞の褐色化の分化促進に
関わっていることが分かっていたりします。

Promoting Effect of α-Tocopherol on Beige Adipocyte Differentiation in 3T3-L1 Cells and Rat White Adipose Tissue

 

存在は地味なんですが、
トコトリエノール一家も
皮膚の線維芽細胞の老化を防ぐ作用があるらしい。

Gamma-tocotrienol modulation of senescence-associated gene expression prevents cellular aging in human diploid fibroblasts

 

てな感じで、アルファ以外も
地味に仕事を持ってます。

アルファトコフェロールだけが
ビタミンEじゃあない。

治療目的以外、つまり健康維持で
ビタミンEサプリメントを使う場合
アルファばっかり過剰になっては
他のビタミンEと競合しないか?とか
個人的にいろいろ考えちゃうわけです。

 

ビタミンEサプリメントの選び方

ナウのビタミンE

これはα(アルファ)トコフェノールのみです。
というわけで、脂肪肝(NASHなど)や
溶血の治療には使えそうです。

Now Foods, ナチュラル E-400、ソフトジェル 250粒

 

こちらは私が愛用しているビタミンE
α、γ、β、δの4種類のミックスです。
粒が小さいので高齢の実母にも飲ませやすい。
(ちなみにカントリーライフの親会社はキッコーマン)

Country Life, ナチュラル E-コンプレックス、400 IU、90 ソフトジェル

 

上記2つを比較した場合に、
健康メンテナンスで長期的に摂るなら
天然に近いカントリーライフ、

コレステロール酸化や脂肪肝など、
治療改善目的ならα単体仕様のナウ
と区別できると思います。

 

より完璧な天然型を求める場合、
トコトリエノール一家もバッチリ網羅した
フルスペクトラム型というのがあります。

これはちとお高いですが、
より完璧を目指す方には
こちらが選択肢となります。

Olympian Labs Inc., ビタミンEコンプリート、ソフトジェル60粒

 

「治療」目的と「健康」目的で栄養素を
使い分けるとき、天然型かどうか?
が選択眼となります。

ビタミンEひとつとっても色々あります。

「やだー。なにー。めんどくさーい」
という方は、ビタミンEの王様
アーモンドと鰻で日々補充を怠りなく。

今日は以上です。

 

 

現在募集中のセミナー情報


現在確定している講演予定は以下となっております。

セミナー、講師依頼は「お問い合わせ」よりお願いいたします


10月17日~31日 東京・複数回開催!【KRD日本橋提供】 KRD日本橋提供【本物の健康マネジメントができるようになる!健康なカラダになる基礎知識:栄養学×体メカニズム】

9月29日(日) 東京開催【募集中!】 間違いだらけのサプリ選び!今「あなた」に必要なサプリはどれ?サプリの選び方・飲み方 徹底指南講座

10月8日(火) オンラインセミナー【満席になりました】 ZOOMセミナー平日昼開催『肌の老化を止める栄養学』

10月14日(月・祝) 東京開催【募集中!】 まごめ流・ダイエット栄養学講座~痩せたいあなたが痩せられない理由、教えます~

10月16日(水) オンラインセミナー【満席になりました】 ZOOMセミナー平日夜開催『肌の老化を止める栄養学』

10月22日(火) オンラインセミナー【満席になりました】 ZOOMオンラインセミナー「家族を守る栄養学・ゼロから始める 血液データの読み方講座」

10月24日(木) 東京開催【募集中!】 初心者でもわかる!使える!腸内フローラを整える理論と食事法


KRD Nihombashi Studio主催のセミナー情報はこちら →からだの「その先」を読むために

(株)BeOrganic主催のセミナー情報はこちら →まごめじゅんの分子栄養学入門講座

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください