健康になりたい現代人を襲う果糖の功罪

現代人を襲う果糖の恐怖

3連発いきまーす。

 

その1

1日分のビタミンも摂れるけど、3日分の果糖も同時に摂れるって。

 

その2

綺麗がはじけるけど、血糖値もはじけるよ♪

 

その3

お腹の調子は整えてくれても、脂肪肝の面倒はみない。

 

それぞれ何が問題かは、
セミナーにご参加いただいた方なら
もうお分かりですね。

果糖(フルクトース)の高摂取が
肝臓の負担になり炎症を起こすことは
良く知られています。

 

肝臓が、
タンパク代謝にも
糖質代謝にも
脂質代謝にも
いかに重要かを痛感しています。

ただでさえしょぼいスペックの肝臓を
無駄にイジメないように。

 

こういった市販品をディスっちゃうのは、
本来ビジネスとしてはよろしくないのです。

だってほら、もし将来私が有名になって、
「まごめじゅんプロディ―スで
栄養ドリンクつくってください」とか
○○食品からオファーが来たらとかどうすんの?
(まあ来ないけどな)

 

でも、もういいや
ほんとこの手の商品やめてほしい。

 

セミナーで果糖の害についてお話すると、
「フルーツはダメですか?」
と聞かれます。

その質問には
「加工食品の果糖と
自然の食品としての果物は
分けて考えてください。」
と答えてます。

 

フルーツは確かに高果糖ですが、同時に、
ビタミンやミネラル、食物繊維など
果糖を処理するための栄養素、もしくは、
果糖の影響を最小限にする栄養素が
一緒に摂れるのです。

これはとてもとても大きな違いです。

それぞれの栄養素が、
いかに複合的に作用しているかを
我々は知っているから。

 

加工食品の問題点は
ある突出した栄養成分を
処理するための他の栄養素がないということです。

 

健康によさそうだからと、
これらの食品に手を出すと
肝臓が悲鳴を上げますのでご注意くださいね。

 

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【ZOOMオンラインセミナー!募集中】 9月22日(祝・火)初心者におすすめ!身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」