MCTオイルで痩せる人と痩せない人の違いはこの3つ

広告

MCTオイルで痩せる人と痩せない人の違い

先日、MCTオイルについて聞かれました。

「主人はMCTオイルで8kg痩せたんです。私は全然痩せないんです。なんで?」

はい、あるあるですね。

MCTオイルそのものに痩せる効果はないんですがね。

簡単に説明してみます。

「MCTオイルで痩せる」のからくり

「MCTオイルで痩せる」

この仕組みを理解するには、脂肪がどのようにエネルギーとして使われるのかを理解しなければいけません。

 

エネルギーの多くは細胞の中のミトコンドリアで作られます。

バターやオリーブオイルの脂肪酸はミトコンドリアの中に入るのに「カルニチン」という栄養素が必要です。

 

ミトコンドリア膜(①)を脂肪(③)が通過するためには、カルニチンというお船(②)を用意しなければならない。

 

ところが、MCTオイルはカルニチンのお船が必要ありません。

カルニチンを用意しなくてもミトコンドリアの膜をさっさと通過できちゃう。

だからMCTオイルはエネルギーとして使われやすいのです。

 

これはオイルを構成する脂肪酸が中鎖か長鎖の違いでおこるのですが、ここでは難しいことは省きます。

ちなみにカルニチンが多く含まれるのは羊、ラム肉です。

ラム肉は脂肪がたっぷりあっても、エネルギーになりやすい。ダイエットに良いと言われる所以です。

 

「このエネルギーになりやすい」という特徴を活かして、MCTオイルダイエットなるものが流行しました。

例えば、朝MCTオイル入りのコーヒーを飲めば、ミトコンドリアが効率よくエネルギー産生してくれるので腹持ちが良い。

間食することなく食べる量が少なくてすみますから、気がついたら体重が減るという仕組みです。

 

MCTオイルで痩せる人と痩せない人の違い

さて、問題はMCTオイルで痩せる人と痩せない人の違いです。

MCTオイルを痩身目的で使えない人の特徴を上げてみます。

1.筋肉が少ない人

ミトコンドリアは筋肉に多く含まれています。

運動量も少なくて筋肉量も少ない、もともと質の良いミトコンドリアが少なそうな人。

これはMCTオイルで痩せるわけがない。

MCTオイルで中鎖脂肪酸を送り込む先のミトコンドリア自体が弱弱しかったらおハナシになりません。

例えばけっこうきつめの運動している人、これはミトコンドリア活性のチャンスが多いのでMCTオイルが使えます。

2.肝機能が弱い

もともと低たんぱくや栄養不足があって酵素活性が低下しており、肝臓機能が弱い方。

分子栄養学的なデータの所見ではALT(GOT)が低い場合。

 

例えばこちらのデータ。

MCTオイルでダイエットは無理、というより無茶です。

 

MCTオイルは小腸で吸収されたあと、門脈を通って肝臓に直行します。

エネルギー切れになったときに、糖新生が行われケトン体が作られるのは肝臓です。

 

糖新生やケトン体産生に寄与するエネルギーを作っているのが肝臓のミトコンドリアだとすると、

ケトン体、糖新生のできる人とMCTオイルが使える人はイコールです。

そもそも肝臓のスペックがしょぼいとMCTオイルは効率よく利用できません。

 

3.胆汁酸が出てない

脂肪は十二指腸あたりで胆汁酸で乳化されます。

脂質の分子はでっかいので、乳化しないと吸収できません。

 

例えば、リパーゼ(脂質消化の酵素)もあんまり分泌されてなくて、胆汁も乏しそうな方。

こういった方は脂質がうまく代謝されてるか微妙です。

 

分子栄養学的な視点では、例えば胆汁酸の原料★であるLDLコレステロールが低かったり、逆に高すぎたりする方。

アミラーゼが低くて(70以下)全体的に低たんぱくのデータ所見があり、消化能に乏しそうな方。

 

LDLが75。

胆汁酸が十分でなく脂質代謝の影響(ビタミンAやビタミンE不足)はなにかしらありそうと推測されます。

 

そういやMCTオイルで気分が悪くなったというクライアントがいました。

ご自身の身体の消化吸収能を考えましょうってことですね。

 

MCTオイルで痩せない人・まとめ

ということで、MCTオイルが痩身目的で使えるのは、

①筋肉がそこそこあって、②肝機能しっかり、③胆汁酸しっかり

この3拍子がそろう人、つまり男性が圧倒的に有利です。

 

女性でも固太りで骨太タイプ。

イメージでいうと和田アキ子さんや藤原紀香さんは使えそう。

 

痩せたいというご相談は非常に多いです。

データをみたときに「この人はMCTオイル使えそうだな」と思ったらおすすめすることもありますが、はっきり言ってほとんどいません。

当サイトを読んでいる時点で、副腎疲労気味のヘタレさんが多いのでほとんど使えないのですよ。。

 

私自身はMCTオイルは常備してます。

私の場合はダイエット目的というより中性脂肪が低いので、エネルギー切れを起こさないよう食事に少し足すことが多いです。

 

ほぼ無味無臭、非加熱推奨なのでサラダにかける以外に使い道はないですが。

Jarrow Formulas, MCT オイル、 20 fl oz (591 ml)

 

筋肉がそこそこあって消化力が強い、肝機能もしっかり。

これって糖質制限できる人の特徴とかぶるんです。

イメージでいうとカンニング竹山さんとか、ザキヤマさんみたいな人

近くにこんなオジサンがいたら、ぜひMCTオイルで糖質制限ダイエットおすすめしてください。

以上「MCTオイルで痩せる人、痩せない人」でした。

 

現在募集中のセミナー情報


わたくしのセミナー参加者の声はこちら★とか、こちら★からご覧ください。

ご参加お待ちしております。

11月18日(日) 東京開催!【募集中!】 こんなに楽チン!毎日できる分子栄養学ごはん~食材選び/簡単調理テク~

11月21日(水) KRD Nihombashi Studio 提供!【残席僅か!】 あなたの健診結果に基づく正しい食生活を理解して、健康の自己ベストを更新しよう!

11月26日(月) 東京開催!【募集中!】 リニューアル!糖質理論の最新版!糖質制限なんて必要ない。糖質が怖くなくなるズルイ栄養学セミナー

12月5日(水) 東京開催!【募集中!】 貧血は鉄欠乏だけじゃない!打倒貧血・実践栄養セミナー

12月10日(月) 東京開催!【募集中!】 分子栄養学講座「脂質〜理論と食べ方まとめ」

12月16日(日) 特別企画!【満員御礼!キャンセル待ち受付中】 不眠・ストレス・緊張 なんとかしたい!疲れを癒すリアル漢方・生薬の会

12月23日(日) 東京開催!【募集中!】 はじめての分子栄養学 その不調の原因は? 血液データから読み取る!「あなたに不足している栄養素」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA