甲状腺ホルモンと貧血・鉄欠乏

広告

甲状腺ホルモンと鉄欠乏

甲状腺機能低下と鉄の関係についてちょこちょこ調べたことの備忘録メモ。

 

Chronic anemia and thyroid function.

2017年、慢性貧血と甲状腺機能の関係に関する調査。

「鉄欠乏性貧血が、甲状腺代謝を損なう」とあります。

慢性的な溶血性貧血の患者は視床下部―下垂体―甲状腺の軸(HPA軸)で問題が起きやすい。

貧血の改善が甲状腺機能の改善にもなり、甲状腺機能低下のスクリーニング・早期発見の手段として鉄欠乏貧血の指標は使えると結論。

 

 

Evaluation of serum ferritin and thyroid function in the second trimester of pregnancy.

2017年、南京医科大学の研究。対象は妊婦。血清フェリチンと甲状腺機能の調査。

フェリチンとTSHの値は負の相関関係があり、フェリチンとFT3は正の相関関係があった、

つまり「低フェリチンだとTSHが上昇し、FT3が低下する」

鉄欠乏があると、FT4からFT3 への変換効率が下がるのかもしれません。

 

Hyperhomocysteinemia in acute iatrogenic hypothyroidism: the relevance of thyroid autoimmunity.

これはホモシステインと甲状腺機能の関係について。2017年、イタリア。

動脈硬化など心疾患の原因とされるホモシステイン。

慢性甲状腺炎・橋本病患者は、そうでない患者よりも高ホモシステインであったとのこと。

高ホモシステインということは葉酸代謝・ビタミンB12代謝にも関係しているということではないかなと。

 

となると、高MCVも甲状腺機能を検査するかどうかの指標として覚えておくのは有効かもしれない。

(鉄欠乏があるとマスクされるから、他の指標が鉄欠乏を示しているのにMCVは正常値とか)

 

 

詳しい機序は不明ですが、鉄欠乏と甲状腺機能が関係するのは間違いなさげです。

これは、甲状腺機能低下が圧倒的に女性に多いことを見ても自明でしょう。

 

サプリメントが効果が出ない、食生活を改善しても低体温、低代謝、原因不明のだるさなどの場合、調べてみると甲状腺機能が低下が見つかるケースが多々あります。

「甲状腺機能低下」とは診断のつかない、TSHが2以上5以下といったいわば「潜在的な」甲状腺機能低下であることが多いのも特徴。

 

 

今となっては、当然のように検査する甲状腺ホルモンですが、私が栄養療法を始めたころは、誰一人気付いてくれるドクターはいませんでした(当時のハナシはこの辺★に書いてます)

自分でも驚くのは、TSHの数値が5以上でもほとんど症状を感じなかったこと。

 

当時はコーヒーを毎日飲んでました(オソロシヤ・・)

甲状腺機能とカフェインの関係についてはこちらをご参考ください▼

副腎疲労・甲状腺機能低下症でコーヒーを禁忌にする理由【カフェインの副作用】
視床下部、下垂体、副腎のHPA系について視床下部、下垂体、副腎、この3つのことを英語の頭文字(hypothalamic, pituitary, adrenal)をとって「HPA系」と言います。ストレスを感じると、それを脳の視床下部がキャッチ、下垂体に指令を出し、その指令を受け取って副腎がコルチゾール(ストレスホルモン)を発動します。これがストレス応答です。HPA系はストレスに対応するための、人間の非常用システムで常に連携をとっています。

 

甲状腺機能は人間ドッグでも調べることはありません。

(私の所属する勉強会の検査ではデフォで検査項目にあります。それくらい重要なんですが)

 

35歳以上の女性で、髪の毛が細く乾燥、肌が乾燥する、手足が冷える、太ってきた、だるい、慢性疲労などの症状があれば一度検査する方が良いのでは?と考えます。

もし、甲状腺機能低下と診断の下るようなTSHの値でなかったとしても、データを深読みすることで、副腎疲労の程度やどのくらい身体が無理をしているのか分かりますので、対応方法が見えてくるからです。

 

そういや先日、「無調整豆乳を毎日飲むようにしている」とおっしゃっていた甲状腺機能低下のクライアント様がいらっしゃいました。

大豆ゴイトロゲンや、ゲニステイン(大豆イソフラボン)には甲状腺ホルモンの生成を妨害することがありますから、特に大好物でなければ止めることをアドバイスしました。

一般的に身体によいと言われる食品でも必ずデメリットがあります。

年齢を重ねてよりよく身体の調子を整えておくためには、個々人に合った食生活にする必要があります。

 

甲状腺機能は栄養を代謝するのに非常に重要なホルモンなので、必ず注視しておきたいデータですが、ネット上に良質の情報が非常に少ない印象です。扱いの難しいデータなのかもしれません。

今後もちまちまアップしていきます。

 

現在募集中のセミナー情報


参加者の声はこちら★とか、こちら★からご覧ください。

ご参加お待ちしております。

6月26日(火) 東京開催!【募集中!】 R18女子会「婚活女子向け!だめんず回避の栄養セミナー」

6月30日(土) 東京開催!【募集中!】 まごめ純先生の分子栄養学講座「脂質〜理論と食べ方まとめ〜」

7月10日(火) 東京開催!【募集中!】 はじめての分子栄養学 その不調の原因は? 血液データから読み取る!「あなたに不足している栄養素」

7月27日(金) 東京開催!【募集中!】 実践版!腸内環境ケアのテクニックセミナー

7月31日(火) 東京開催!【募集中!】 大好評!分子栄養学入門講座 「糖質とたんぱく質 総集編!」

8月11日(土) 東京開催!【募集中!】 今回は男性も歓迎!まごめ先生の「オトコとオンナの夜の分子栄養学」実践版!腸内環境ケアのテクニックセミナー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA