【自閉症・発達障害に多い低メチレーションタイプ】スティーブ・ジョブズは低メチレーションだった?

広告

スティーブジョブズは低メチレーション?

うつ病など精神疾患では、メチレーションが亢進しやすいタイプ(高メチレーション)か、メチレーションが回りにくいタイプ(低メチレーション)かで、必要とする栄養素が違ってくることをこちらで書きました▼

【精神疾患の治療における5つのバイオタイプ】低メチレーションか? 高メチレーションか?
うつ病、精神疾患はバイオタイプにより治療法が変わる 分子栄養学では個体差を見極めることが重要です。 例えば、うつ病では栄養の代謝、メチレーションなどにより5つのバイオタイプ…

高メチレーションタイプには芸術家タイプが多いことを例に挙げました。

では、逆にメチレーションが低いタイプはどうでしょう?

メチレーションが回りにくい低メチレーションタイプは、自閉症や発達障害の方に多いと言われています。

自閉症と診断された方は、95%以上の確率で低メチレーションだという統計もあります。

発達障害と診断される方は、時にある種の分野で素晴らしい才能を発揮することがあります。

「何か一つのことに異様なこだわり」を持つことが多く、それが才能開花に結び付くのかもしれません。

 

低メチレーションタイプには、何かに依存症があったり、こだわりが強く完璧主義である、といった特徴があります。

私が思う低メチレーションタイプの代表はこちらのお方ですね。

アップルコンピュータの偉大なる創始者スティーブジョブズです。

 

あまりのエキセントリックぶりに「ADHD・アスペルガー症候群だった」という噂になってますが、あながち嘘ではないと思います。

どちらかというと、この若いころの写真のほうが目つきや全体の雰囲気が低メチレーションタイプっぽい感じが出ています。

たいへんな短気者で、コミュニケーションが取りづらい上司であったことを、数々のエピソードがものがたっています。

 

エレベーターで「キミはこの会社のためにどんなことをしてる?」と唐突に聞いて、はっきり答えられないと怒りだしてその社員をクビにしたとか、

社員の新しいアイデアを味噌クソに貶しておいて、翌週にそれを自分のアイデアとして発表するなどは日常茶飯事、その暴君ぶりには枚挙にいとまがありません。

社員にとっては「ジョブズと目を合わせないことも重要な仕事の1つだった」と言われていたそうです。

人付き合いがうまい人とは、とてもじゃないけど思えませんが、ある意味「コミュ障」であるがゆえ、知らない相手でも平然と売り込みや提携の話を持っていったらしいです。

 

広告

 

メチレーションの「メチオニン回路」

普通の人は一生お目にすることはないであろう「メチレーション回路図」、自閉症・発達障害の治療では、このDr.エイミー・ヤスコの回路図を見て、どこでメチレーションが止まっているのか判断するのが治療のキーになります。

 

 

メチレーションの歯車の一つが「メチオニン回路」です。

メチオニンはすべてのタンパク質の起点となるアミノ酸です。

つまりメチレーションは「タンパク質の回路」とも言えます。

 

高メチレーションの場合は、多くのタンパク質を補給する高たんぱく食より、穀物メインの低たんぱく食のほうが良いこともあるようです。

しかし低メチレーションであれば、潤沢なタンパク質(アミノ酸)が必要です。

メチレーションの材料自体がなくては困りものですから。

ジョブズが長年フルータリアン(フルーツを主食としたベジタリアン)であったのは、メチレーション観点からもあまり好ましいものではなかったのかもしれません。

 

メチレーションはガン抑制遺伝子にも関与します。

晩年のジョブズのすい臓ガンが、メチレーションに関係していたかどうかは不明ですが、もしジョブズが私の友達だったら「ベジタリアンはやめとけ」と言ったと思います。

ビタミンB12なんて、動物性のタンパク質にしか含まれてませんから、絶対にB12は不足していたはずです。

ビタミンB12不足も低メチレーションには致命的です。

 

もしも若かりし日のジョブズが、コミュ障を治すのに分子栄養学による治療を受けていたら、SAMe、葉酸、ビタミンB12あたりが処方されるのでしょうか。

でも治療が効いて人当たりが丸くなってしまったら、偉大なるアップル製品が生まれたどうかは謎ですね。笑

 

現在募集中のセミナー情報


あちこちでお話の機会を頂いております。おかげさまで分かりやすいと大変好評です。

リピータ様が多いのも私のセミナーの特徴です。

難解な分子栄養学を毎日の生活で実践可能なレベルにまで落とし込んで説明します。

ぜひお気軽にご参加ください。
 

9月29日(金) 【募集中】 美と健康とお金について考える 『10年後に泣かないために、今必要な備える力』

10月9日(月) 【残席わずか】 分子栄養学入門講座 「美肌・美ボディのための糖質講座」

10月12日(木)【募集中】「嫁入り前に知っておきたい!身体の症状と栄養の関係」 presented by マリッジノートと学ぶ「結婚の教科書」
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA