ベジタリアンはアレルギー・ガン・うつ病のリスクが高いという統計データ

広告

ベジタリアンはアレルギー・ガン・うつ病に注意

Plos Oneに掲載されていた食習慣と健康上のリスクに関する論文を読みましたのでご紹介。

Nutrition and Health – The Association between Eating Behavior and Various Health Parameters: A Matched Sample Study

調査対象は合計1320人、食習慣を下記4つのタイプ別に分類、健康状態との関連を統計とったそう。

1, ベジタリアン
2, 野菜フルーツを豊富に食べる肉食系
3, お肉は食べるけどそんなに量は食べない
4, お肉ばっかり食べる人

その結果、ベジタリアンは、

・低BMIである
・飲酒率が低い
・ガンの発症率が高い
・アレルギーの発症率が高い
・鬱病になりやすい

といった傾向があったとのこと。

ベジタリアンは、ビーガン、乳製品はオッケーのベジタリアン、魚は食べるベジタリアン(フィッシュベジタリアン)の全てをカテゴライズしています。

身体もメンタルも健康に保つためにはお肉は必要ということですね。

年齢、社会的地位、喫煙などのリスクを排除して、数値化されたデータがこちら。

 

ガンのリスクは数パーセントの違いですが、アレルギー発症率はおよそ倍近く上がっていて顕著です。

この表を眺めていると、肉ばかり食べる人は、関節炎、高血圧症、尿失禁(urinary incontinence)が多くなることも分かります。

 

広告

 

 

日本で「肉食が身体に悪い」というイメージがついたのは、1980年以降です。

1975年に米国でマクガバンレポートが発表されます。
当時のアメリカは心臓病の急激な増加で、国をあげての対策が求められていました。

マクガバンレポートでは、理想の食事は日本の江戸時代(元禄時代)であると結論します。
雑穀、野菜、魚がメインの食事が理想であるとしたため、結果として肉が悪者扱いされました。
現在ではマクガバンレポートなんて全く耳にすることがなくなりました。

むしろタンパク質不足は、身体にダメージが大きいので、全く食べないと健康上のリスクが上がるよーというのは上記のレポート通りです。

最新の栄養学では、必要なタンパク質はちょっと多めだったということが分かってきました。
詳しくはこちらをご参照ください▼

【タンパク質はどれくらい食べるべき?】BUN(尿素窒素)で知るタンパク質摂取量
どれくらいのタンパク質を食べれば良いのか?窒素出納法による必要タンパク質量とは?どれくらいのタンパク質を食べれば良いのか?という基準ですが、どうやって算出されるかご存知でしょうか?今まで、判断の目安として使われていたのが「窒素出納法」です。タンパク質はアミノ基(-NH2)を含む化合物で、人間の体内に存在する窒素(N)は、食事から得られるタンパク質由来がほとんど。尿や便で排泄される窒素の量と、食べるタンパク質に含まれる窒素の量が、同じであれば

 

日本ではベジタリアンといえば「健康に気を使う人」のイメージですが、海外で出会ったベジタリアンはほとんどが動物実験反対とか、地球温暖化反対とかでした。

健康上のリスクは承知の上のベジタリアンであり、自身の思想を大事にしたいわけです。

社会運動家、思想家としてベジタリアンは結構だと思いますが、健康上の理由で・・と言うのは全くお門違い、お肉もバランス良く食べるがベスト、タンパク質は大事だよーというのが栄養学の共通認識ですからね。勘違いなされませんように。

 

 

告知「作りおきおかずとお弁当の会」開催のお知らせ

久しぶりにセミナーやります。
お料理初心者や苦手な方向けの料理教室です。

少人数なので栄養学のウンチクを語りながらみなさんと楽しく過ごしたいと思います。
どうぞお気軽にご参加くださいね。

詳細はこちら →  【作り置きおかずとお弁当の会】お料理初心者向け

 

 

現在募集中のセミナー情報


大好評の分子栄養学入門セミナー、次の東京開催は12月18日(木)です。

1月6日は仙台に行きます。過去の開催の様子、参加者の声はこちら★からご覧ください。

ご参加お待ちしております。
 
12月18日(月) 東京開催!【募集中!】 今年最後!分子栄養学入門講座 「糖質とたんぱく質 総集編!」

1月6日(土) 仙台開催!【募集中!】 はじめての分子栄養学~その不調の原因は? 血液データから読み取る!「あなたに不足している栄養素」~

1月12日(金) 東京開催!【募集中!】 R18女子会「婚活女子向け!だめんず回避の栄養セミナー」


ベジタリアンはアレルギー・ガン・うつ病のリスクが高いという統計データ” に対して 3 件のコメントがあります

  1. 緑黄色系男子 より:

    昔からバランス良く食べるって基本ですよね。バランス良く何でも食べたその結果、日本は年間40兆円の医療保健費がかかっていることは別にして、笑。

    1. 植物性のタンパク質についてどのようにお考えですか?

      1. 管理人 より:

        実際のところあまりバランスは取れてないのでしょうけど。。
        40兆の医療費はどげんかせんといかんですね(真面目に)

        植物性タンパク質ももちろんよいと思いますよ。
        多品種からのタンパク源でプロテインスコアもよくなりますしね。
        納豆は特に相性がいいのでよく食べてますよ。
        あとクルミ、アーモンド、カシューナッツ。
        でも大豆(発酵なし)はなぜか胃が重いので毎日は無理ですが。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA