低いのはむしろ問題ありのコレステロール!食べるものは関係なかったという話

コレステロール基準値のウソ

コレステロール

2014年、日本人間ドック学会がコレステロールの基準値を見なおしました。

・新たな健診の基本検査の基準範囲

以前の基準値220 から、男性254、女性280 までは正常値と変更。

ネット上では、 コレステロール低下薬を売るために、わざと低めの基準値にしてたなコノヤロー的論調もあり、製薬会社との蜜月関係が非難されたり。

ちなみに、日本のldlコレステロール基準値では120mg/dlを超えるとNG、アメリカでは190mg/dlまではOK。
日本のほうが基準が厳しいらしいです。

 

もともと健康診断の値は、病気がどうかの指標にはなっても、健康かどうかの指標にはなりません。
健康診断では、高すぎる異常値はフィルタしますが、低すぎる値は無罪放免。

低い数値は、栄養不足を意味することが多いのですが、コレステロールが低いのも、細胞やホルモンの原料が足りてないということを意味します。

 

 

コレステロールには善玉も悪玉もなし

そもそも HDLのHDとは、「High Density」高比重、LDLのLDは「Low Density」低比重の略

比重の高いコレステロールは、不要な脂質を回収して肝臓に戻す掃除屋
比重の低いコレステロールは、必要な部分に原料のリポタンパクを届ける運び屋

つまり、コレステロールに善玉も悪玉も無く、役割が違うだけです。

 

では、どうしてLDLコレステロールが血管に溜まって心筋梗塞や脳梗塞になるのか?

原因は炎症
炎症が起きたところに、細胞膜を修復しようとして、運び屋LDLが原料となるコレステロールを届けているだけの話なので、本当の原因は炎症ということです。

炎症の原因は、酸化ストレスや、糖質による高血糖だったりします。
コレステロールを犯人扱いするのは冤罪ですね。

 

ラードとバターを食べてもコレステロール値は増えません

私はコレステロール値が低いです。
BMI値低、痩せてるのも、実はあまり良いことではないよって話をしましたが、コレステロールも当然低すぎは問題があります。

関連記事

【痩せ過ぎ解消・太るための方法】食べても太らないは問題あり!? | ビタミンアカデミー
食べても太れない体質の問題点 「食べても太らない人」がいます。 今日はそんな「食べるのに痩せてる人、太れない人」についてです。 有名ブロガー「イケハヤさん」が食べても太れないことを記事にしていたので、ちょっとこれをネタに診断にチャレンジしてみます。 167cmで48kgです。「太れない体質」なんです。 BMI17だそうです。かなり痩身です。 イケハヤさんの場合、「うどん3玉ぺろり」と言ってます。

 

いつもだいたい総コレステロールが160~170前後です。
栄養療法では、200以上が理想値です。
いつも担当医に、もうちょっとがんばろうね~なんて言われてます。

昨年「よーし、今度の検査では絶対コレステロール上げてやるぞ~」と意気込み、ラードとバターを毎日食べました。検査前、食事は私の分だけ、別添えでラード足し足し、バター盛り盛り(卵はIGG検査でかなり高い反応が出たので、あまり食べず)

結果、AST/ALTだけ上昇して、コレステロールは微動だにしませんでしたw

 

(Before) → (After)
AST  24 → 35
ALT  22 → 34
TC  166 → 169
HDL  68 → 68
LDL/HDL  1.36 ⇒ 1.34

(検査日 2014/10/27 → 2015/5/2)

 

これ、実は当然の結果でして、なぜならコレステロールの80%以上は肝臓で製造されており、食事からのコレステロールは2割以下。
つまりコレステロールは食事にはほとんど影響されないのです。

結局、不十分な私の肝機能をあぶり出す結論でしたw

適正コレステロール まとめ

コレステロールを上げるには、製造工場である肝臓が十分に機能していること。
ビタミンB(特にV6)、ビタミンC、十分なタンパク質(アミノ酸)などが必要です。

あと肝機能をあげるには、やっぱり腸ケアの4Rだなと。
リーキーガットで、未消化物も毒素もだだ漏れだと、肝臓はデトックス業に忙しくて、コレステロール合成はおろそかになりますから。

関連記事

リーキーガットの治療法「腸の4R」とは? | ビタミンアカデミー
「4R GI Restoration Program」腸治療プログラムの4R 腸・おなかケアの話です。 腸のタイトジャンクションが緩み、未消化物が血液に入ることによって様々な病態をひきおこすリーキーガットや、過敏性腸炎など、腸の治療方法には主に4つの方法があり、略して「4R」と言います。 ・Remove(除菌)・・・・・有害な菌を除菌する ・Replace(補充)・・・・消化・吸収を促進させる ・

 

一番、体調が良い時の総コレステロール値が209でした。
体感と一致しています。やはりそれくらいが丁度良いということです。

低すぎると、細胞膜も原料不足で肌もカサカサ、気持ちもギスギスします。
コレステロール値は200以上が適正と覚えてください。

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

【オンラインセミナー・満席キャンセル待ち】 12月16日(月)ZOOMオンライン(平日昼間開催)肌の老化を止める栄養学

【東京開催!募集中!】 12月17日(火)間違いだらけのサプリ選び!今「あなた」に必要なサプリはどれ?サプリの選び方講座

【オンラインセミナー満席・キャンセル待ち】 12月22日(日)ZOOMオンライン(日曜開催)家族を守る栄養学・ゼロから始める 血液データの読み方講座

【東京開催!募集中!】 12月25日(水)分子栄養学を極めたい専門家のための 血液検査の読み方 アドバンス編

【KRD日本橋主催!募集中!】 12月26日(木) お正月太りを防ぐ栄養学