分子栄養学の2大基本!栄養で身体を治すとはどういうことか?

広告

いろいろセミナーなどで勉強を重ねて気付いた点をまとめます。

栄養には選択的優位性がある

ビタミンを100mg必要とする器官が10あるとします。
100mgのビタミンが入ってきたら、10mgずつ等分に分けることをしません。
優先的な器官が100mgをもらい、残り9つの器官には回ってこない。これが栄養の選択的優位性

例えばビタミンC
ビタミンCの優位性は副腎、免疫細胞、眼
副腎疲労があれば、優先的に副腎が消耗し、眼球に必要とされる分が後回しになり、白内障になってしまった。
これが三石先生の「ビタミン・カスケード理論」
ご自身の著書「医学常識はウソだらけ」で、医師に失明宣告をされたご経験を記述されている
とおり。

実際には、優先順位には個体差があり、人によっては免疫がトップだったり肝臓がトップだったり。
一般的には、皮膚など、生命の危機に関係しない部分は後回しにされやすいとのこと。
(だから栄養不足は皮膚に現れやすいとか)

この理論をもって説明すれば、同じようにビタミンCを摂っていても、風邪をひきやすい人、シミができやすい人、眼病になる人、なぜ違いが生まれるのかが理解可能。

 

栄養は需要と供給で考える

免疫の低下した病人と健康な人の必要栄養量は同じではありません。

同じように、都会の排気ガス・騒音の中で暮らす人と、水も空気も綺麗な田舎で暮らす人の必要栄養量は同じではない。

例えば、胃腸粘膜の修復には、アミノ酸「グルタミン」を使います。

グルタミンは必須アミノ酸ではありません。つまり身体で合成できるアミノ酸です。
体内で合成可能だから、サプリメントで補充する必要はない。これが従来型の栄養の考え方。

しかし、胃腸粘膜で炎症が起こり、多大な需要が要求されていれば、身体自身が作るグルタミンでは限度があるため、供給が追いつかない。
この場合は、外から補給したほうが、効率よく回復可能。

またグルタミン免疫にも多く必要とされるアミノ酸です。
もし免疫力の低下があれば、胃腸粘膜のエネルギーとしての利用は後回しにされる。
よって、外からの補給が効果を発揮する。

需要があれば、供給する必要があり、それが食事として摂取できる量を超えていれば、サプリメントで補うほうが効果を発揮できる。(補わなければ、何からの病態として出てくると考える)これが分子栄養学の考え方。

 

分子栄養学の考え方まとめ

結局、厚生労働省による「日本人の食事摂取基準」は、あくまで参考数値で、必要な栄養は個々人のライフスタイルと身体の状態でカスタマイズする必要性があるということ。

栄養の優先性と需要と供給。
ここを理解できるようになると、何をどれくらい必要としているのか、常々考えることが出来るようになるので、身体の管理はグッと楽になります。

ビタミンCのメガドーズなどは、理にかなった方法。
本も一般的なので、実践している人も多いと思う。

過去、私自身がマクロビ・自然派の人間で、合成のサプリメントを摂るなんてトンデモない!と信じていた健康右翼派だった。

コロッと寝返った理由は、「ナニかが違うぞ」という危機感から、試してみたところ、あっけなく効果が出たため。

だからと言って現スタイルに拘るのではなく、今後も柔軟性をもって勉強していきたいと思います。

 

 

現在募集中のセミナー情報

いよいよ初の地方セミナーやります!
場所は金沢です

知ればしるほど興味深い分子栄養学の世界を北陸のみなさまにお届けできたらと思います。

ぜひお気軽にご参加ください。
 
10月27日(金)金沢セミナー!【募集中】その疲労感は原因は何?~血液データから読み取る「あなたに不足している栄養素」~

11月10日(金) 東京開催決定!【募集中】分子栄養学入門講座~その不調の原因は? 血液データから読み取る!「あなたに不足している栄養素」~
   

分子栄養学の2大基本!栄養で身体を治すとはどういうことか?” に対して 3 件のコメントがあります

  1. ゆか より:

    こんにちは。アメブロから読んでいる者です。どうしても、1つお聞きしたいことがあるので、コメントさせていただきます。最初の血液検査の時、フェリチン28.8だったとありますが、その頃身体はしんどくなかったのですか?
    と言うのも、私が現在フェリチン30なのですが、30までかなり必死にあげました。田舎に住んでいるので、分子栄養のクリニックには通えず、総合病院にしかたなく通っている者です。私の最初の数値は、ヘモグロビンが8以下でした。計ってから数ヶ月働いていたら、シャワーが浴びれないほど深刻な状態になっていました。フェリチンは0でした。病院では、仕事ダメよ!と言われていました。その後、鉄点滴で、ヘモグロビン13フェリチン15くらいに、急いで上げて、そこからは、鉄剤を飲んでいるのが現状です。
    フェリチン28.8の頃は、しんどくなかったですか?
    私は、毎日しんどいですね。毎日仕事特にこの時期はちょっと無理です。
    色々教えていただけたらうれしいです。

    1. junkokato530@gmail.com より:

      コメントありがとうございます。

      フェリチン低時代、辛かったですよ、
      朝は気合いで起き上がってたし、この時期冷房が大嫌いでした。
      でも、フェリチン高の状態を知りませんから、みんなそうだと思ってました。

      Hgb8以下、Feritin0はかなりきついですね。
      ここまで低レベルになる他の理由があるはずです。
      それは、血液検査結果と合わせて、ライフスタイル、食生活、遺伝、性格などを問診した総合判断となります。

      鉄だけの指標で治療方法を決めるのはおすすめしません。
      静注や鉄材で一時的に鉄の指標は上がっても、体感はつらいままかも。

      失礼ながら総合病院の医師は栄養は専門外なので、根本的な改善は難しいかもしれません。
      栄養療法の医師並みの知識をもったカウンセラーは探せばけっこういます。
      僭越ながら、私もやってますが、私のFBなんかを見てれば凄腕のカウンセラーと色々からんでますので探してみてください。
      スカイプなどでも受付可能だと思いますので、相性の良いカウンセラーを探して、そこから突破口を開き、好循環にもっていくことをおすすめします。

      貧血治ると、身体が楽なので、行動的になれて人生楽しいですよ(^^)
      ぜひあきらめずに頑張ってみてください

      1. ゆか より:

        ありがとうございました。やはり総合病院では、限界かもしれません。フェリチンが0の時白血球数が5300だったんですが、無理をして仕事をしていたら、半年で2800まで落ちていたことなど、過去の血液検査の紙をみて知りました。
        現在の体感としては、生理前の暴食は治まりましたが、特に今年の夏は暑すぎてしんどかったですね。フェリチン30まで上がると以前より汗をかけるようになるので、余計にミネラルが身体から出ていっていたのかもしれません。
        精神的な面が、やっぱりつらいですかね。少しやっている仕事も、ストレスがスゴいのでごまかしながら嫌々!今現在住んでいるところも、地元なのでそれも実はあまり好きではない!人間が合わないなど

        ストレスもあり余計にダメなのかもしれません。
        色々参考にさせて頂きながら、これから何か?良い方法を考えてみます。ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA