グループセッションが好きな理由【日比谷聘珍楼~薬膳アフタヌーンティー編】

日比谷聘珍楼~薬膳アフタヌーンティー会

まごめじゅん

日比谷聘珍楼の薬膳アフタヌーンティーを頂きながらお話を伺うグループセッション。前回の開催レポともろもろ所感です。

聘珍楼と言えば名物「壺蒸しスープ」

聘珍楼の薬膳アフタヌーンティーを簡単にご紹介。

聘珍楼と言えば「薬膳壺蒸しスープ」

これだけの漢方食材を丸2日間、壺に入れて蒸すそうです

今回のメインの具材は「すっぽん」

素晴らしいスープの透明度。煮立てないからアクが出ません。

揮発成分がスープ内にとどまり滋味深さ無限大。

普通にオーダーすると、壺蒸しスープだけで4,000円程度(時価)するお料理です。

この薬膳アフタヌーンティーはかなりお得かもしれません。

スープのサイズは一回り小さくはなりますが、十分堪能できる量でした。

セイボリー(軽い食事)とスイーツのバランスに高評価

セイボリーは飲茶。

タンパク質とのバランスが良いのも高評価な理由

亀のゼリー。台湾でよく食べられているそう。

コーヒーゼリーのようですが、甘味はありません。フルーツの風味で頂きます。

アフタヌーンティーは、全てが甘すぎて苦手と言う方にも、おすすめです。

セイボリーは、前菜、スープ、魚介類の蒸し物、その他点心(蒸し餃子と肉まん)

アフタヌーンティーというより、もはやただのランチメニューですね。

その後、スイーツが並びますが、マンゴープリンや陳皮の砂糖漬けなど、聘珍楼らしいメニューで、グルテンメニューが少なめなのがありがたいです。

グループセッションの良さとその目的

グループセッションの良さは、何といっても他の方とのやりとりから得られる「気付き」にあります。

過去、何度もグループセッション会を開催しましたが、なぜか似たテーマを持った方が集まります。

今回もいろいろなシンクロがおこりました。

メッセージありがとうございます

もう一つ、グループセッションの良さが。

それは、セッションテクニックの公開です。

カウンセリングの現場で、クライアントの話を聞きながら、わたしがその方のどんなところに着目しているのか?

何がポイントかを、説明することが多いです。

まるで講義!?笑

実習か、デモンストレーションみたいな感覚でしょうか。

これ、実はわたし自身が鍛えられるから好きなのです。

優れたコーチやカウンセラーは、発する言葉に意図・目的があります。

どうしてその言葉を選んだのか?目的は何なのか?

説明できてこそプロだと思っています。

そう、グループセッションはわたし自身の鍛錬の場でもあるのです。

   

良いセッションは、華麗なマジックのようだと思います。

ファーストテイクで、毎回毎回が本番。

その瞬間に起こる偶発性も含め、クライアントが選んでいる現実に最大限のリスペクトを授ける。

相手を信頼する”胆力”が鍛えられます。

修行は永遠に続くかもしれない。

しんどい。でも好き。

変態ですね。笑

   

今回も募集開始後すぐに売り切れ。ラッキーを引き寄せたみなさま。

ご参加ありがとうございました

グループセッション会のお申込みはLine公式が便利です

グループセッションは少人数募集で、月に1回あるかないか。

聘珍楼では一番景観のよい特別室(個室)を押さえますので、さらに開催日程が限られます。

特別個室からの眺め。ここは隠れたパワースポットだと思う。

日比谷公園に続く皇居の緑は一見の価値ありです

募集開始はLine公式にてお知らせしますので、いち早く情報を得たい方はご登録いただけますとありがたいです。

みなさまとの出会いを楽しみにしております。

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

募集中のセミナー

【チャリティ企画!募集中】 4月7日(日) 能登半島地震 復興支援セミナー

【会場セミナー!限定募集中】 7月7日(日)  ”歯科 to 栄養”フェスティバル!!