【痩せる食事】わたしが減量期に食べている「ATPセット」

わたしの痩せる食事「ATPセット」とは?

まごめじゅん

コンテストに出るからには減量のための食事をあれこれ考えます。夏場は「ATPセット」でキマリ。

わたしが減量期によく食べてるメニューのご紹介です。

名付けて”ATPセット”

アボガド、トマト、タンパク質の3種盛りに、良質の脂質をプラスするスタイル。

AはアボカドのA、TはトマトのT、Pはプロテイン(タンパク質)のPです。

A アボカド
T トマト
P プロテイン(タンパク質)

いつも気軽に食べてるメニューですが、敢えて”効果効能別に”うんちくを入れてキャッチ―にご紹介。

  

その1 身体を作りたい人のための「ATPセット」

アボカド、トマト、ゆで卵

味付けは塩と亜麻仁油、気分によっては松田のマヨネーズ。

ゆで卵は、ビタミンCと食物繊維以外のすべての栄養素が含まれるはパーフェストなタンパク質源。”身体作りは1日2個の卵から”が合言葉。

その2 スタミナアップのための「ATPセット」

アボカド、トマト、鶏むね肉

味付けは塩のみ、脂質はMo3をたらり。Mo3は藻から作った植物性のEPA&DHAです。乾燥パセリで映えをプラス。

鶏むね肉には、カルノシンというちょっと特別なアミノ酸(正確にはペプチド)が断トツ多い。カルノシンと言えば筋肉に効くタンパク質、持久力&パワーアップに必須。抗酸化力も強いですよ。

その3 女子力アップのための「ATPセット」

アボカド、トマト、豆腐とシラス

味付けは白醤油とごま油。大葉をトッピングしてアレンジ

豆腐のイソフラボン、シラスのカルシウムやビタミンD、骨の健康に、特に更年期の女子。

ちなみに、大豆たんぱく質はアミノ酸血中濃度の持続性が高い。夕食に食べれば夜間の血中アミノ酸濃度を維持しやすくなるので”夜のATPセット”と名付けようとしたけど無駄にエロいので却下。

その4 疲労回復のための「ATPセット」

アボカド、トマト、タコ

味付けは塩とオリーブオイル、乾燥バジルをパラり。レモンやかんきつ類、ガーリックパウダーも合うよ。

タコにはタウリンが豊富。タウリンが肝臓を癒します疲労回復に効果的。

タウリンは胆汁酸分泌をよくするので、コレステロールや中性脂肪を下げて脂質代謝を良くするという有難い作用も。

タコ以外に、イカやアサリ貝、ホタテ貝柱などでもOK。

  

ポイントはタンパク質をたっぷり、そのタンパク質と同量かそれ以上の野菜を盛る、良質の脂質を足すという3点です。

味付けに使う脂質にもこだわるとパーフェクト。

亜麻仁油、Mo3、ごま油、オリーブオイル、MCTオイルの5つを常備して使い分けてれば横綱クラス。

関脇クラスだと3種類、亜麻仁油、ごま油、オリーブオイルでしょうか。

市販のドレッシングだと幕下ですが、将来は幕内目指してくださいませ。

痩せる食事「ATPセット」のポイント
1 タンパク質を手のひら一枚分
2 タンパク質と同量のトマトとアボカド
3 良質の脂質を一緒に摂る

    

言うまでもなく、「ATPセット」とは藤川先生のメガビタミン療法のオマージュです。基本のATPセットはアレとアレとアレですね、言えなきゃモグリ認定よ。

   

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

募集中のセミナー

【チャリティ企画!募集中】 4月7日(日) 能登半島地震 復興支援セミナー

【会場セミナー!限定募集中】 7月7日(日)  ”歯科 to 栄養”フェスティバル!!