【金沢の名所】鈴木大拙館で出会った2つの言葉【一生忘れません】

鈴木大拙館を訪ねる

まごめじゅん

「鈴木大拙館」が想像以上に良かった。一生の忘れられない出会いとなりました。

2022年秋の金沢セミナーの折、立ち寄った「鈴木大拙館」が印象的で忘れられません。

決して華やかな観光名所ではありません。が、建物の佇まいと雰囲気が、仏教学者の鈴木大拙(すずきたいせつ)の世界観をそのまま現実化しているように感じられ、場所そのものの心地よさに酔いしれました。

水面に映る紅葉。観光客はそこそこ多かったのに、静かで落ち着く庭。

展示物もあるのですが、博物館のような場所ではありません。

静寂の中で訪れた人が自然に想いを巡らせる作りになっています。

思索に耽るわたし。パパラッチされる。

写真撮影できる場所は限定的、ほとんど写真を撮っていません。写真撮影を「禁止されたから」ではなく、この静謐さに心吸い込まれて、スマホのことなど忘れてしまったというのが正しい。

  

外側から見ると”閉じられた空間”ですが、中に入ると”外へ開かれた空間”であると気付きます。個人的に建築物として一番好きなテイスト。

エントランスから見る

デザイナーは誰だろう?と調べてみたら、ニューヨークのMOMA(ニューヨーク近代美術館)を作った建築家と同じ方(谷口吉生氏)とのこと。建築物を楽しむ目的でも訪れる価値があります。

鈴木大拙館で出会った2つの言葉

ここをどうしても訪れたかった理由、それは鈴木大拙先生の言葉との出会いです。

それは それとして

提示物にこの言葉を見つけたとき、脳内にビビッと電流が流れるのを感じました。

これは私がPNTトレーナー講座で教えている「問題回避の思考パターン」から「受容の意識レベル」へひっくり返す魔法の言葉ではないですか!

  

そしてもう一つの言葉は、鈴木先生が仏教の「妙」を英訳したこちら。

O wonderful, 
wonderful,
and most wonderful wonderful
and yet again wonderful

この言葉が書かれたかけ軸の前に佇みながら、静かに感動。

わたしが、PNTトレーナー講座で最も大切にしている概念、クライアントに対する肯定的且つ全面的な信頼感とピタリとはまる感覚があったからです。

  

実はこれ、PNTトレーナー講座第二期の卒業生から聞いてその存在を知りました。

「先生!金沢に行ったら鈴木大拙館に行ってください、PNTの思想がそのまま言葉になってますから!」と、熱く語ってくれたという伏線があります。

鈴木大拙館で出会った2つの言葉。

この出会いは一生忘れられない&忘れません。

お土産にTシャツを買う。ホテルにて自撮り。超ご機嫌。

  

今後金沢へ来るたびに、ここを訪ねると思います。

「自分がここで何を感じるか?」、自己成長の過程でまた違った味わいになることでしょう。

鈴木大拙館

   

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

募集中のセミナー

【チャリティ企画!募集中】 4月7日(日) 能登半島地震 復興支援セミナー

【会場セミナー!限定募集中】 7月7日(日)  ”歯科 to 栄養”フェスティバル!!